« 先駆け | トップページ | 「この世界の片隅に」 2 »

2017年1月 4日 (水)

守るために変える

NHK「2時間でまわるルーブル美術館」を見ました。

南海キャンディーズの案内(語り)によるルーブル見学です。

芸術は歴史に沿った「伝統と革新の融合」であることが、駆け足の鑑賞で説明されました。

「伝統」と「新しい発想」との融合は、当初は反発が激しかったかもしれません。でも奇異に見えていたものが、時とともに受け入れられるようになるのは自然なことだと思います。

関わる人の「気分」や「勇気」あるいは「必然性」によって伝統は変化しても別に不思議ではないのですよね。

.
新年最初の「朝まで生テレビ」(テレビ朝日)で皇室についての討論をやっていました。
台所で作業しながらなので全部は見られませんでしたが、なかなか意義のあるものだったと思います。

出演者の中で、旧皇族の家系の竹田恒泰氏だけが終身天皇と男系を守るべきと主張していて、形勢不利の状態でした。

男系を守ることについて、「男系にこそ天皇の存在意義がある」という竹田氏の考えはよくわかります。突然別の家系に引き継がれることになったら、それは敬うべき存在となり得るのか、という疑念もよくわかります。

これに対して民進党の細野豪志氏は、「(竹田さんの)気持ちはよくわかるが」と理解を示した上で、「でもこのまま悠仁さまだけに希望を託して打つべき手を打たないでいると天皇制は崩壊してしまう。私は日本には天皇が必要だと思っている」と切々と訴え、その真摯な態度は好ましいものでした。

すごく感じが悪かったのは、東大教授の井上達夫氏。

天皇制はなくすべきと考えている井上氏は、完全に小馬鹿にした言い方で竹田氏に反論していました。

細野氏と井上氏、どちらが討論を実りある到達点に導きうるかというと、もちろん細野氏です。

井上氏のような不遜な態度で対論者に突っ込むのは、自分は気持ち良くなるかもしれないけれど、相手の反発心を煽るだけで議論は収斂されていきません。
物事に折り合いをつけるのは大事ですから、そういうやり方はよくないです。

学者や評論家は思うままに持論を主張し喧嘩してもかまわないが、落としどころを探り上手にまとめるのが政治家、ということでしょうか。

天皇制を持続させるためにこそ制度を変える必要がある、というのは順当な考え方ではないでしょうか。
長年続いたからといって、そのことだけに固執するとすべてを台無しにしてしまう。
「変わらずに生き残るために変わらなければならない」ということでしょう。

.
 今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m  → 


.
「変わらずに変わる」 コメント欄: 映画「山猫」の台詞について  


.
////////////////////////////////////


.

|

« 先駆け | トップページ | 「この世界の片隅に」 2 »

コメント

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
私も珍しく(初めて?)朝まで生テレビを、ほんのすこし視聴しました。印象はrobitaさんとそう違わないのですが、1番感じたのは、田原さん、高齢なのに、よくやっていらっしゃるなあ、という思いです。体力的にもですが、出尽くしていそうな議論っぽいので、単なる傍観者の私は「またか」とスルーしたくなりました。自分の冠番組だから、大事でもあるし、仕事ですものね。
ブログでしか知らなかった三浦さんの、和服の着付けが妙に水商売っぽいのでので、衣装さんに着せてもらったのだとしたら、悪意?知らなさすぎ? そんなに些少なことには気がつきました。年初から、内容のないコメントになってしまいました。お粗末。

投稿: 案山子 | 2017年1月 5日 (木) 06時44分

★案山子さん

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

>出尽くしていそうな議論っぽいので、単なる傍観者の私は「またか」とスルーしたくなりました。<

そうですね。ネットなどで色々な議論をたくさん見ている人は、同じようなやり取りに「またか」と思ってしまいますよね。
でも大事なことは、情報源がテレビだけでネットや論説など読まない人にこういった議論があることを知らせることだと思うのです。
「朝生」はテレビではあるけれど、あの時間ではよほど興味のある人でないと見ないでしょう。

国民一人一人が自分の国の問題にもう少し興味を持ち、考えることは、国を良くするために大事なんじゃないかと思い、私はブログを書き続けています。
主婦の方々にも読んでもらうにはどういった書き方がいいか、いつも私は考えています。

一部の人だけで知識を披露し合ったりわかりにくい議論を繰り広げるだけではその空間は閉じて空回りするだけだと思います。

田原さんも「こういう議論をなぜ国会でやらないの」と言ってましたね。きっと田原さんも一所懸命なんだと思います。

>三浦さんの、和服の着付けが妙に水商売っぽい<

確かに襟を抜きすぎで、あまり品の良い着付けではありませんでした。
お正月だから和服にしたのでしょうが、議論には和服はそぐわないですね。白熱してくると身振り手振りが大きくなって腕があらわになったり、姿勢が悪くなったりしてちょっと見苦しいです。
三浦さんの落ち着いた意見には同意することが多いので支持していますが、来年は洋服で頑張ってほしいhappy01

投稿: robita | 2017年1月 5日 (木) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/69110611

この記事へのトラックバック一覧です: 守るために変える:

« 先駆け | トップページ | 「この世界の片隅に」 2 »