« まやかしの国 | トップページ | 朝日新聞を応援したい »

2017年3月18日 (土)

野党のあるべき姿

私は世界情勢についてほとんど知らないのですが、世界の国々と比べて今の日本の政権はとても安定しているのだそうです。

安定した政権によって政治は効率よく進み、外交的にも有利になって日本にとって決して悪いことではないと私は思うのですが、「与党一強は良くない」と言われます。

たしかに支持率だけををバックに独走するのは問題ですが、野党がしっかりとした対案を出して与野党で議論を重ねることでより良いものを作っていくのが国会というものだと思います。
それは安定した政権下でこそ、落ち着いてできるものなのではないでしょうかねえ。

民進党など野党はそういう努力をしているようには見えず、この「一強が良くない」の一点張りで、なんとか安倍政権にダメージを与えようと森友学園疑惑追及に躍起になっているようです。

こんなことで国政を停滞させては日本の国としての損失ですよね。

この騒ぎで内閣支持率は下がりましたが、民進党の支持率も下がっているそうです。

共産党や社民党やなかまたちは仕様がないとしても、せめて民進党は支持率が落ちているのは自分たちの態度が原因だと自覚してほしいです。

土地売買の経緯がおかしいというなら、その検証は別のところでやってくれないかと大方の国民も思ってるでしょうね。
.
「安倍晋三氏から100万円の寄付を受けた。振り込み記録もある」という森友学園理事長籠池氏の発言が、「安倍政権を揺るがす爆弾発言」などとメディアで騒がれていましたが、どうなんでしょう。

自分の口座に自分で振り込んだ際の振込用紙が寄付を受けた証拠になるとも思えませんし、そもそも寄付だとしても違法でもないし、「昭恵夫人に講演料を受け取ってもらえなかったので、寄付金として処理したのではないか」という見方もあるようです。

.
この問題を早く収束させて、他の大事な課題に注力してほしいものです。

.
いつも応援ありがとうございます
     よろしくお願いします → 
                          

人気ブログランキング


.
////////////////////////////////////////


.

|

« まやかしの国 | トップページ | 朝日新聞を応援したい »

コメント

実は私、この手のサジエッションしたことあるんです。収入が潤沢な方でほう母校だし、報酬をもらいたいわけでもないけれど、自分のしたことが無償扱いされるのは嫌だ、というケースでした。
一旦受け取って、同額を寄付することにしてはどうですか、と提案したものです。それが一般的なのかどうかは知りませんが、森友学園がそういう扱いをしたのだ、というのもあり得ない話ですね。阿吽の呼吸というか、そこまで身ぎれいに拒絶しておくべき事柄なのかは、夫人はわかっていないでしょうから。
「君子危うきに近寄らず」「李下に冠を正さず」ですよね。
トラブルが起こってからも、夫人同士がメールのやり取りをしているとは。「私の妻は、親しく近づいてくる人を自分から切らない性格なので(メールのやり取りも)メールでも同じようにやり取りを続けていた、それだけ」と。
奥さんを説得できない人に、国をリードしてもらっている?
これって、どうなの?
という問題になりませんか。
わからずに失敗した、ではなく、危うい関係を切れない、ということを認めているのですよ。

投稿: 案山子 | 2017年3月21日 (火) 12時31分

入力ミスです。

「あり得ない話」⇒「あり得なくはない話」

投稿: 案山子 | 2017年3月21日 (火) 12時37分

★案山子さん

いったん受け取って寄付の形にする、というのは割とよくあることだそうです。今回の場合、寄付はしていないということなので、一方的にそういう処理をしたのかもしれません。

安倍首相はきっとこういう学校を応援する気持ちがあっただろうとは思います。
昨日「橋下羽鳥の番組」で、橋下さんが「大阪では籠池さんを応援していた政治家は多かった」と言ってました。
ところが理事長夫妻の言動があからさまになるにつれ、距離をおくようになりました。
虚偽が多いらしいことを知って、関わったことを皆さん後悔しているのではないでしょうか。

なぜあんな人物と関わったのか、そこは危機管理がなってない、と言うしかないですね。

具体的な指導法を知らないまま、躾が行き届いているとか愛国心を育ててくれる学校ということで、応援してしまったのでしょうね。

GHQによる日本人に対する思想教育の反動がこういう形であらわれたと私は思っています。戦後70年はあまりにも長かったのです。


投稿: robita | 2017年3月21日 (火) 16時50分

今、戦後の日本の政治を学んでみはじめたところです。占領下の日本を、ともかく独立国家に持って行きたく、且つ、戦後の疲弊した経済を復興につなげたい、吉田茂の強固な意図を知りました。バカヤロウ解散とか、和服に葉巻のおじいちゃんで、ワンマン宰相という、表層だけしか知りませんでした。天皇をトップに置いた戦争放棄の理想国家を作ろうとしていたマッカーサーに対し、共産党勢力がアジアで勢いを増す状況を阻止せんとして、アメリカからの派遣されたダレスは、戦力の復活を主張。焼け跡ばかりが目につく私たちの国は、そんな中から復興を遂げていったのだと、私、60代という遅ればせながらでも、学びはじめています。
そんな私なので、GHQによる思想教育って言い切る気にはなりません。

投稿: 案山子 | 2017年3月21日 (火) 17時31分

★案山子さん

GHQの思想教育を認めたがらない人は多いです。
"war guilt information program" WGIPと言います。戦争についての罪悪感を日本人の心に植え付ける宣伝計画です。
GHQはまず報道機関を「プレス・コード」によって規制しました。
文書もみつかっているので、こういう問題に関心のある人にはよく知られていることだと思います。
案山子さんが「GHQによる思想教育って言い切る気になれない」のは自由だと思いますけど。

投稿: robita | 2017年3月21日 (火) 21時50分

こんにちは

昔、自分で大会社の名前で自分の通帳に振り込み、印字された通帳を銀行にもって行き融資を受けるという詐欺があったらしいです。安倍さんが何度か自分の名前を付けるのは止めるように連絡したのになかなか聞き入れなかったこと、振込用紙に安倍晋三小学校と印字されていることからそれを狙った疑いがあると思います。

彼は契約書3通の件だけではなく、経歴も詐称、推薦校があるというのも虚偽、入学予定の生徒数も嘘、バリバリの右翼かと思ったら、共産党、民進党と共闘してますよね。幼稚園での虐待問題もありますし、信用も近寄ってもならない人のようにしかみえません。

投稿: さなえ | 2017年3月24日 (金) 18時37分

★さなえさん

籠池氏は証人喚問であまりにも堂々と落ち着いていたので、嘘を言ってないように見えたのですが、実際今までいろいろ虚偽が多かったようですからちょっと信用し難いですね。

ラジオで知った情報なのですが、籠池氏の後ろに控えて助言をしていた弁護士は「リベラル中のリベラル」みたいな人なんだそうです。本来なら敵対関係の籠池氏のような右翼に熱心に肩入れしているのは、ああやってサポートすることで安倍政権にダメージを与えたいという意図なんでしょうね。
菅野完という籠池氏の代理人のようなことをやっているフリーライターの人も「日本会議」の批判本を書いているそうで、思想的にはそもそも籠池氏とは正反対だと思うのですが、なんだかわけがわかりませんね。魑魅魍魎の跋扈のごとしです。

投稿: robita | 2017年3月24日 (金) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/69967106

この記事へのトラックバック一覧です: 野党のあるべき姿:

« まやかしの国 | トップページ | 朝日新聞を応援したい »