« 45人の大統領 | トップページ | あんこで包んでもおいしゅうございます »

2017年4月28日 (金)

選挙の時、頼りになるから切り捨てられないのでしょうか?

自民党には大臣待機組というのが60人ほどもいるそうです。
国会議員になったからには一度は大臣になりたい、という「大臣病」に罹っていると言われます。

あんな大変なこと、なんでそんなにやりたいのでしょうかね。

金田法務大臣や稲田防衛大臣の国会質疑における「針の筵状態」から察するに「ああもう、大臣なんか引き受けるんじゃなかった」と後悔してるんじゃないかと思うほどですし、「待機組」だって、あの種の窮状を昔からずっと見てきてるというのに、それでもなりたいのだろうかと不思議で仕方がありません。
自分ならうまくやれると思ってしまうのでしょうか。

安倍総理が今村雅弘氏を復興大臣に任命した責任を野党が「追及していく」と言っています。

安倍総理も「任命責任は私にあります」と言っていますが、今村さんを強く推したのは二階幹事長だそうですね。

自分の派閥に所属している人間をとにかく大臣にする、というのは自民党では昔から行われてきたようです。

今村さんも70歳になるのだからそろそろ大臣にしてあげないと、などというバカバカしい理由でゴリ押ししたんでしょう。

二階さんのような陰の実力者はいつもいました。例えば金丸、野中、古賀、青木・・・、そういった人々にはたとえ首相といえども頭が上がらなかったのではないでしょうか。
つまり、安倍首相の自由裁量を阻んでいるのは、実は野党でもマスコミでもなく、党を牛耳る黒幕的な古狸たちであり、その彼らに頼らざるを得ない自民党の体質自体が、頼りない大臣を生んでしまう元凶ではないのかなあと思います。

.
 いつも応援ありがとうございます 
      よろしくお願いします → 

人気ブログランキング


.
/////////////////////////////////////

.

|

« 45人の大統領 | トップページ | あんこで包んでもおいしゅうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/70399763

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙の時、頼りになるから切り捨てられないのでしょうか?:

« 45人の大統領 | トップページ | あんこで包んでもおいしゅうございます »