« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月31日 (水)

「意識」はどこへ行くのか

「かつて自分が存在しない時があったことなど、誰も気にしない。とすれば、自分がいなくなる時が来ることも、何でもないはずだ」

イギリスの随筆家ウィリアム・ハズリットという人の言葉だそうですが、なるほどねえ、と頷いてしまいます。

自分はどこから来たのか。そして死ぬと「自分」はどうなるのか・・・・、誰でも考えたことがある疑問でしょうね。

若い人は特にそう思うだろうし、老人が達観しているかといえばみんながみんなそうではありません。

死ぬと天国に行くのか地獄に行くのだろうか、と思ったり、いや、もう脳はないのだから、楽しいとか苦しいなどととは感じないはずだ、とか。それにしても「自分がなくなる」とはどういうことなのか。暗闇の中に一人ポツンと存在するということなのか。しかし、「自分」はもう存在しないのだから暗闇だとか一人ぼっちだとかさえ認識できないはずではないか・・・

私は、「自分という存在がなければこの世はない」と理解しているので、死ねば自分が存在しなくなるとは思ってはいないのです。

この世界は人の意識の集合体でできているという説があるそうですが、それはなんとなくわかります。

.
「自分」という存在は、この世の存在にとって「必然」。

この世を認識する主体として必ず「自分」が存在しなければ、この世が存在するはずがない。

つまり「自分」が存在するからこの世がある。

.
私はこのことについていくつも文章を書いており、例えば次のようなものがあります。
 


10年前に亡くなった哲学者池田晶子は 
「生きても死んでも大差ない」と言っていました。

往年の女優賀原夏子は亡くなる前 
「いよいよ死ぬかと思うとドキドキしちゃう。初めてのことって面白い」と言っていたそうです。

こういう感覚が私はとてもよくわかる。

諦めとか達観などということではなく、再び新たな「自分」の始まりがやってくるだけ、という感覚を持っています。

人それぞれの意識はいったん生まれればなくなることはないだろうと私には思えます。

大丈夫、あなたの意識は何かの形で必ず存在し続ける。

そうはいっても、そんなふうに思えない人に「そう思いなさい」といくら言ったところで、そう思えない人がほとんどでしょうから、この話は終わりにして、次行きます。

それに「人の意識がこの世を作っている」などといっても、まだまだわからないのは、人と動物の意識の境い目や、人の知性や感情に近づいてくるAIについて、どう考えたらいいのだろう、ということなど。そういう疑問はこれからどんどん膨らんでいくのではないでしょうか。

.
 いつもありがとうございます

     よろしくお願いします →  

人気ブログランキング


.
/////////////////////////////////


.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

民主主義国なんだから「強い政権」を怖がらなくてもいいと思うんですけど

結局、政治を官僚にお任せして安心していたいというのが日本人の本音なんじゃないかと、加計学園騒動を見ていて思います。

「官僚支配が良くない。国民の代表である政治家の手に政治を取り戻せ」などと言いながら、実際に政治の中枢が強い力を発揮して岩盤規制に風穴をあけようとすると、「権力の乱用だ」と批判の矛先を政権に向けるのですから。

強い政治などいらない、権益を守ろうとする省庁と結託する政治勢力(と支持勢力)が強いままでもいい、物事が遅々として進まなくてもいい、このまま動かさないでほしい、そう願っている人も少なくないということなんでしょうね。

なんだか小泉改革の時も同じこと書いたような気がするなあ。

マスコミは両方(「既得権を崩せ」と「権力の乱用」)に交互に火をつけ、煽り、商売に利用するし、善男善女(特に情弱の高齢者)はその都度どっちにも乗せられ、本質的なことは考えようとしない。

どこの国も似たようなものだと思いますが、それを繰り返しながら時代を作ってきたんでしょうね。

まあ仕方がない。誰だって既得権は手放したくないし、これが自由主義社会というものでしょうから、そんなに悪いことでもないか。

.
 いつも応援ありがとうございます

     どうぞよろしくお願いします → 

人気ブログランキング



.
//////////////////////////////


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

一強の利点もあるとは思うが

漫画雑誌「ビッグコミックオリジナル」に「テツぼん」という漫画が連載されています。鉄道オタクの、のほほんとした二世国会議員の話なのですが、親の跡を継いで仕方なく議員をやっているといった描き方です。
それでもたまになかなか良い施策を思いつきます。

最新号にこんなのがありました。

≪全ての勢力をまず憲政党(与党)に集結させて、憲政党を水ぶくれさせた上で、
パン!!と二つに分裂させるのもアリかと思う。
憲政党に対抗できる勢力を育てるという構想がなかなか進まないのなら、
そういう手法もアリじゃないか。≫

で、その考え方を野党第一党の女性議員に話すと、彼女は「そんなこと考えもつかなかった。すごい」とびっくりして称賛するのです。

.
現実の政界では、もうとっくの昔に福田さんと小沢さんが思いついてましたね。大連立構想。

あの時の事情はねじれ国会をなんとかしようというものでしたが、少なくとも小沢さんはそれをきっかけとした政界再編を目論んでいたでしょう。

民主党の強硬な反対でつぶれちゃいましたけど。→ 「国のためだ、裏工作を許す」

.
与党一党だけが強すぎるのは議会の望ましい形ではありません。それは反安倍だろうが親安倍だろうが大抵の人はわかっていると思います。

野党は、スキャンダルで安倍政権にダメージを与えることしか考えられなくなってしまっていますが、発想を変えてみることはしないんですかね。

そんなことをいくら続けたって絶対に与党に拮抗する勢力にはなりませんよ。

マスメディアのみなさん、商売はわかるんですが、少しは国のことも考えて、例えばこの漫画をワイドショーなんかで紹介するとかしてみたらどうでしょうね。

政治家のあれやこれやの事情とは離れた場、国民の間でそういう話、なんとか盛り上げる方法ないでしょうか。

.
 いつも応援ありがとうございます 

      よろしくお願いします → 

人気ブログランキング



.
///////////////////////////////////


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

がんばれ八重山日報

暑い日が続いていますが湿気がないのでさわやかです。

昨日のこのニュースもさわやかさを運んでくれました。 →「本島の報道に新風」

沖縄本島では、中国の出先機関のような「沖縄タイムス」と「琉球新報」の2紙しか発行されていなかったのです。

偏向していることはわかる人にはわかっていても、県民にとって不可欠な情報(慶弔事)が載っているのと、全国紙は取り寄せで値段が高いことなどの理由で、この沖縄2大紙をとるしかなかったそうです。
 
「沖縄の人々は日本政府から耐えがたい仕打ちを受け、日本からの独立を願っている」と言わんばかりの方向に誘導していたと見られるこの2大紙の分厚い壁に挑むべく、中立公正な報道の実現を掲げる八重山日報が沖縄本島版の発行を始めました。

まだ2か月にもならないそうですが、沖縄を牛耳ってきた2大紙から切り替える人が増え続けているようです。

待ち望んでいた県民は少なくなかったのですね。

硬直化した沖縄問題に新しい風が吹いて良い方向に進むことができればいいですね。

.
いつも応援ありがとうございます

     よろしくお願いします  → 
                            

人気ブログランキング


.
関連記事:  「タブーを越えて」 


.
///////////////////////////////////

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

理解

秋篠宮家は皇族としての務めを大変によく果たしていて立派だが、東宮家にはその自覚がない、といった批判をよく見聞きします。

「天皇皇后両陛下がご高齢にもかかわらずあんなに頑張っておられるのに、皇太子妃はわがままで公務をせず、それを制御できない皇太子も皇太子だ」、というものです。

私は思うのですが、「わがままを通せば自分の評価は下がる」ということぐらい誰にでもわかることではないでしょうか。

世間にあふれる批判的な意見は、当然のことながら皇太子ご夫妻の目に触れ、耳に入っていることでしょう。

それでも良い年をした大人が「わがまま」を平気で貫けるものだろうか。

公けにできない何かがあるのだろうか、とか、事態は複雑でとても簡単に解決できることではないのかもしれない、とか、私はそんな風に考えてしまいます。 →「いつかきっと」 

「見えること」だけでしか判断のしようがない私たち一般国民が、東宮ご一家を厳しい目で見てしまうのは、仕方のないことでしょう。

しかし、何を言われても反論のできない立場の人に対しての言いたい放題には胸が痛みます。

私も、例えば政治家や学者・評論家をこき下ろすことがありますが、彼らは自分の意志でいくらでも反論し、弁明ができるのです。

.
表に出ない皇太子ご夫妻の事情や心情を私たち国民は知ることができませんが、何かを待ち、じっと耐えておられるのかもしれない、という想像力ぐらいは働かせることができるのではないでしょうか。


.
いつも応援ありがとうございます

    よろしくお願いします  → 
                         

人気ブログランキング



.
///////////////////////////////////


.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

おめでとうございます

眞子内親王が大学時代の同級生の男性と婚約される見通しとなりました。

お相手の男性は真面目そうで優しそうで、会見でのしっかりとした丁寧な態度に好感が持てます。良い方と巡り合われましたね。

皇室の慶事は国中を明るくしてくれます。

紀宮清子さまのご婚約の時も大変に嬉しく、このような一文を書いたことがあります。→ 「サーヤ」

お幸せをお祈り申し上げます。


.
いつも応援ありがとうございます
                 . よろしくお願いします → 

人気ブログランキング


.
///////////////////////////////////


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

お母さんというイメージ

娘がAV女優であることを容認する母親が増えてきているらしい。ちょっと前BLOGOSで記事を読んだ事を思い出し、行ってみたけれど既に削除されていました。

検索してみたら同じ記事なのかどうかわかりませんが、見つかりました。 → http://www.gentosha.jp/articles/-/7104 

最後まで読んでみると、積極的に応援するということでなく、親子断絶や引きこもりよりマシ、という消極的容認のようです。

辛いでしょうね。娘には普通に結婚して幸せな家庭を築いてほしいというのが、大抵の母親の願いでしょうから。

で、AV女優の経験がある女性は幸せな結婚ができないか、という話ですが、こういう記事もありました。→ 
「AV女優になることは取り返しのつかないことか?」  http://www.gentosha.jp/articles/-/7641
これもBLOGOSで読んだのですが、削除済み。

一度AV女優になれば堅い職業に就くことはできないとか幸せな結婚はできないとか、そういった社会の受け止め方が「差別」という言葉で説明されることがあります。

しかし事はそう単純ではありません。

差別はしない。気が合う人であればお友達にもなれると思う。

記事にあるように、過去の経歴が明らかになった時、内定を出していた大手投資銀行が採用を取り消したり、あるいは婚約者が結婚をためらうこともあるでしょう。そういう反応を「差別」というのでしょうか。

就職の場合は、もしかしたら、将来的にそういうことはあまり問題にならなくなる時代がくるかもしれない。

けれども、父母と子供という形の家庭を築こうとする時、そこに大いなる不安が膨らむのは避け難いことと思います。

夫となる人がたとえ容認したとしても子供はどうか。お母さんが昔そういう仕事をしていたことを隠すのか、隠さないのか、それを知った子供たちはお母さんとどういう気持ちで接するのか。そういった悩みが自分を苛み続けるだろうことは事前に容易に予測できることではあります。

あるいは、女性たちが安易にそういう業界に入るのは「結婚して妻となり母となる」ということが幸せの典型であるという思い込みから既に女性たちが脱しつつあることの表れの一つなのでしょうかねえ。

でもどんなに時代が変わっても、隠したい過去というものがあるならば、それは悩み苦しみの種に違いありません。

.
かといって、そういった仕事を担ってくれる女性たちがいなければ人間社会はうまく回っていかないかもしれません。

こんな仕事もそうです。→ 「マドンナたち」 

性風俗産業というのは人間社会に必要なものなのでしょうから、汚いものであるかのように一掃するわけにはいかないでしょう。

AV女優や売春婦を職業として尊重する、でも自分の娘にはそれを選択してほしくないし、自分のお母さんにはそういう過去を持っていてほしくない。

それをダブルスタンダードと呼ぶのかどうかは知りませんが。


.
いつも応援ありがとうございます
   どうぞよろしくお願いします → 

人気ブログランキング



.
///////////////////////////////

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

やっぱりちゃんと戦わないとだめだと思う

慰安婦問題合意を見直すと言っていた文在寅氏が大統領になって、これはまた振り出しに戻ってしまうのでしょうかねえ。

「慰安婦問題に関しては、他国との比較をするべき」
という橋下徹氏の主張に同意です。→ http://blogos.com/article/222387/

以前私もこのように書きました。→ 「全員で反省」 


橋下氏は、
「国内議論だけで慰安婦問題の正悪を論じ、またタブー視して他国の状況に一切触れなかった政治家・学者たちの怠慢が今の状況を作った。」と言います。

それはそうなのですが、異論を口にした途端、激昂して話し合いどころではなくなる韓国の難しさや、「強制連行はなかった」などと言えば、政権の立場も危うくなるほどの大騒ぎになった日本の状況を考えると、政治家や学者にとってもこの問題を真正面から取り上げるのはかなりハードルが高かっただろうなあと思います。

政治家や学者の責任というより、長い間朝日新聞的価値観に一片の疑問も持たなかった多くの日本国民が責任を感じなければいけないことでしょう。


.
 いつも応援ありがとうございます 
        よろしくお願いします →   



.

.
/////////////////////////////////////////


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

民進党はやはり分かれたほうが

憲法記念日に東京都内で開かれた改憲派集会に安倍首相が寄せたメッセージによると、首相は9条はそのまま残し、自衛隊の存在を明文化して書き加える、という考え方を示したそうです。

そのニュースを聞いて「戦力不保持を意味する2項を残せば、いくら自衛隊を明文化したところで矛盾は大いに残るではないか」と多くの人は考えたでしょう。
しかしこれは、護憲派に向けた首相の問いかけでしょうね。「これでも改憲に反対しますか」という。

≪9条は変えません、そして違憲だと言われる「自衛隊」を憲法できちんと位置づけます、どこに反対する理由があるでしょうか≫、ということでしょう。

とりあえずそこから始めて、本格的に議論が始まれば、2項を残す意味がないことにやがて護憲派も気づいていくのではないでしょうか。

改憲アレルギーは本当にやっかいなもので、こんなにまどろっこしい段取りでも踏んで、だましだましやっていかないと国民投票で賛成を得られないかもしれません。
改憲に失敗すれば次のチャンスをまたどれだけ待たなければならないのかを考えると慎重にやらなければなりません。

首相の「2項を残す」との提案は、9条教という宗教に憑りつかれている日本人の凝り固まった頭を少しずつほぐしていこうとする、心理カウンセラーのような心境からだったのではないでしょうか。

確信的護憲勢力は首相のメッセージを受けて、「憲法に明記して自衛隊を合憲化するということは、やっぱり今までは違憲だったんじゃないか。違憲のまま海外派遣をし、集団的自衛権を法制化したのか。政府の自衛隊合憲論の根本が問われる発言だ」と騒ぎ出しています。

もう何をやっても反対反対。

一方で改憲派の、例えば小林よしのり氏や軍事評論家だという清谷信一氏らも、首相の改憲の意欲を批判しています。

国民を納得させることや選挙に勝つことの難しさ、違憲だ違憲だと騒ぐばかりの野党に対処する困難などに思いを致すこともなく自由気ままに政権批判していれば済む評論家というのはまことにお気楽なものですね。

たしかに、自衛隊活動を縛る諸法律を変えていくことは必要です。憲法さえ変えれば魔法のようにすべてが解決するなんて誰も思っていない。

しかし、そのことは憲法を変えてはならない理由にはなりません。
細かい法整備も同時に進めていけばいいことではありませんか。

改憲派と称する人たちが「改憲には賛成だが今の政権では反対だ」としか言わないことが議論の進展をストップさせていると思います。

野党が、「憲法改正に向かいつつ、個々の法律も変えていきましょう」という前向きな提案をしないかぎり、与党も真剣に取り合ってくれないんじゃないですかね。

高支持率で自信満々な与党を本気で攻めに行くつもりがないんでしょうか。

これ以上攻めても何も出てこない森友問題なんかいつまでもやってないで、与党を憲法・自衛隊問題でまともな議論に引っ張り込めば、だいぶ支持率は上がるんじゃないかと思いますけどね。

「攻撃して議論を引き出す」という野党ならではの役割を果たさないと。


.
  いつも応援クリックありがとうございます  
           よろしくお願いします → 


.
////////////////////////////////////////


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

ヘイトスピーチ

さっきテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で見たのですけど、こんな話題がありました。

韓国人観光客の男性が一人で自撮りをしながら京都の町を歩き、人々との交流の様子をインターネット中継しているのですが、ある飲食店に入ろうとしたところ、客の男性に差別的暴言を吐かれて追い出された、というものです。

これがネットで騒がれ、テレビが取り上げ、コメンテーターたちが「差別発言だ」と口々に批判していました。

せっかく日本が好きで来てくれた観光客に対して不愉快な言葉を投げつけるなど、その観光客はもちろん、日本人全体に対しての迷惑行為でもあります。
本当に困ったものです。

しかしまあ、そういう低レベルの人はどこにもいるもので、外国に滞在したことがある人はたいてい見聞きしているか、自分自身が体験していると思いますが、外国ではそういう差別意識をあらわにする人は日本よりずっと多いです。

日本人は世界の中でもとても優しく穏やかでお行儀が良いのです。
だからこそ、ちょっとでもそういう出来事があると、大騒ぎになってしまうのでしょうね。

日本人は本当に優しい。

自分の同胞が迷惑をかけたことは身を小さくして反省し、平身低頭して謝る。

逆に向こうから、慰安婦や徴用工問題のように、国を挙げて誹謗中傷されても、ワイドショーなどではその理不尽さを取り上げることもなく、韓国に対して抗議の主張をすることもないのです。

本当に優しい。

・・・優しい、のかな?

.
 いつもご協力ありがとうございます

       よろしくお願いします →  


.
///////////////////////////////////////


.

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

マック憲法

マック憲法・・・、なんと軽々しい響きでしょう。

連合国軍最高司令官マッカーサーが、この日本というアメリカにとってかなり厄介な国を弱体化しようと、且つ効率よく統治しようと制定させた「日本国憲法」なるものの正体。それは「占領憲法」と理解するのが正しいでしょう。

この忌々しい出自に思いを致すと、祝日には門前に日の丸を掲げて祝いたい私も、今日のこの日は揚げるべきではないのではないかという心境に陥ります。

5月3日の憲法記念日前後には毎年のようにマスメディアに護憲派の有名人などが登場し、「戦争は悲惨だ。憲法9条は絶対に守らなければならない」などと力説するのが定番になっています。

「戦争はしてはいけない → ゆえに日本は憲法9条を変えてはならない。」
・・・これが論理的に成り立っていないことは明らかなのですが、マッカーサーの呪いとでも申しましょうか、日本という国が身動きできないよう手足さえ縛っておけば平和でいられる、という70年にも渡る思い込みはまだまだ多くの日本人を縛っています。

.
しかし、日本周辺環境の変化で防衛上必要だとかいう9条問題はさておいても、アメリカ製でなく日本国民の意思による憲法を作ることを怠ったままでいいのか、と私などは思うのですけどねえ。

≪今、求められているのは具体的な提案だ。改憲か護憲かといった抽象的で不毛な議論から卒業しなければならない≫
 と安倍総理は語りましたが、世論調査では憲法改正に反対する人が30%~40%近くもいるようです。

賛成派が過半数を超えているとは言え、反対する人が多すぎませんか。

現憲法がどのような経緯で出来たのか、それははっきり言ってはいけないことなんでしょうか?

はっきり言わなければ、改憲アレルギーという病気は治らないと思うのですけどねえ。

.
いつも応援ありがとうございます

      よろしくお願いします → 



.
憲法記念日関連記事 過去4年間:
    
    「憲法記念日に思ったⅡ」 
 


,
////////////////////////////////////



.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

「浄水器みたいな大人」かぁ・・・

BLOGOSにこんな記事が載りました。→「権力やカネを持つと人は汚くなる?」

大学生の質問に答えるDMMホールディングス会長の亀山敬司氏の回答はなかなかお上手。

正義感の強さは若者の特長の一つですが、年配者にもそういう人はいます。
政治家や官僚やお金持ちはみんな悪者だと思い込んでいる若造クンのような高齢者をネットでも見かけることがありますね。

まあ、そういう人はいてもいいのだけど、人間社会のダイナミズムが失われるのでそういう正義漢があまり多くなるのは良くありません。

で、そういう人は数は少ないけど、声が大きいんですね、これが。

それで現実の世界では声が小さい私も、こうやってネットでなるべく大きい声を張り上げているんですけども。

ところで、DMMも亀山敬司さんも知らなかったけれど、調べたら亀山さんは高校卒業後、色々なアルバイトを転々とした後、DMMホールディングスの出発点となるアダルトビデオ事業を立ち上げた人なんですね。ふぅ~ん、なるほど。

.
 いつも応援ありがとうございます

     よろしくお願いします → 


.
/////////////////////////////////////


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »