« ヘイトスピーチ | トップページ | やっぱりちゃんと戦わないとだめだと思う »

2017年5月 8日 (月)

民進党はやはり分かれたほうが

憲法記念日に東京都内で開かれた改憲派集会に安倍首相が寄せたメッセージによると、首相は9条はそのまま残し、自衛隊の存在を明文化して書き加える、という考え方を示したそうです。

そのニュースを聞いて「戦力不保持を意味する2項を残せば、いくら自衛隊を明文化したところで矛盾は大いに残るではないか」と多くの人は考えたでしょう。
しかしこれは、護憲派に向けた首相の問いかけでしょうね。「これでも改憲に反対しますか」という。

≪9条は変えません、そして違憲だと言われる「自衛隊」を憲法できちんと位置づけます、どこに反対する理由があるでしょうか≫、ということでしょう。

とりあえずそこから始めて、本格的に議論が始まれば、2項を残す意味がないことにやがて護憲派も気づいていくのではないでしょうか。

改憲アレルギーは本当にやっかいなもので、こんなにまどろっこしい段取りでも踏んで、だましだましやっていかないと国民投票で賛成を得られないかもしれません。
改憲に失敗すれば次のチャンスをまたどれだけ待たなければならないのかを考えると慎重にやらなければなりません。

首相の「2項を残す」との提案は、9条教という宗教に憑りつかれている日本人の凝り固まった頭を少しずつほぐしていこうとする、心理カウンセラーのような心境からだったのではないでしょうか。

確信的護憲勢力は首相のメッセージを受けて、「憲法に明記して自衛隊を合憲化するということは、やっぱり今までは違憲だったんじゃないか。違憲のまま海外派遣をし、集団的自衛権を法制化したのか。政府の自衛隊合憲論の根本が問われる発言だ」と騒ぎ出しています。

もう何をやっても反対反対。

一方で改憲派の、例えば小林よしのり氏や軍事評論家だという清谷信一氏らも、首相の改憲の意欲を批判しています。

国民を納得させることや選挙に勝つことの難しさ、違憲だ違憲だと騒ぐばかりの野党に対処する困難などに思いを致すこともなく自由気ままに政権批判していれば済む評論家というのはまことにお気楽なものですね。

たしかに、自衛隊活動を縛る諸法律を変えていくことは必要です。憲法さえ変えれば魔法のようにすべてが解決するなんて誰も思っていない。

しかし、そのことは憲法を変えてはならない理由にはなりません。
細かい法整備も同時に進めていけばいいことではありませんか。

改憲派と称する人たちが「改憲には賛成だが今の政権では反対だ」としか言わないことが議論の進展をストップさせていると思います。

野党が、「憲法改正に向かいつつ、個々の法律も変えていきましょう」という前向きな提案をしないかぎり、与党も真剣に取り合ってくれないんじゃないですかね。

高支持率で自信満々な与党を本気で攻めに行くつもりがないんでしょうか。

これ以上攻めても何も出てこない森友問題なんかいつまでもやってないで、与党を憲法・自衛隊問題でまともな議論に引っ張り込めば、だいぶ支持率は上がるんじゃないかと思いますけどね。

「攻撃して議論を引き出す」という野党ならではの役割を果たさないと。


.
  いつも応援クリックありがとうございます  
           よろしくお願いします → 


.
////////////////////////////////////////


.

|

« ヘイトスピーチ | トップページ | やっぱりちゃんと戦わないとだめだと思う »

コメント

長いものには巻かれろ! 強いものには跪け! と・・・。

投稿: D | 2017年5月10日 (水) 00時30分

★Dさん

自分たちの土台をしっかり構築し、堂々と政権に論戦を挑める政党になってほしいですね。民進党のことですけど。

投稿: robita | 2017年5月10日 (水) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/70502137

この記事へのトラックバック一覧です: 民進党はやはり分かれたほうが:

« ヘイトスピーチ | トップページ | やっぱりちゃんと戦わないとだめだと思う »