« 飽き飽き | トップページ | 老人だから見苦しいわけじゃない »

2017年6月14日 (水)

戦うべき相手は誰なのか

もう10年近く前になるんですねえ。
志ある元官僚たちが「脱藩官僚の会」を結成して霞が関改革の旗を揚げたのは。→ https://kotobank.jp/word/%E8%84%B1%E8%97%A9%E5%AE%98%E5%83%9A-188199

官僚の手の内を知り尽くした元官僚たちが、官僚支配から脱却して政治を国民の代表たる政治家に取り戻そう、と意気込んでいたのではなかったのかなあ。

民進党の中にもそのメンバーがいるでしょうに、その人たちは加計問題で省益優先に走る官僚の肩を持つようなことをやっています。

あの志はどこへいったのでしょうか。

メンバーだった岸博幸氏が怒っています。 → http://www.sankei.com/politics/news/170612/plt1706120032-n1.html

.
さて、嘗ての自分たちの居場所を取り戻そうと、躍起になって反撃の勢いを増してくる左翼勢力なんですが、彼らは「反日」とも言える特異な人々です。

そういう人たちが日本の国会議員になっていたり、「市民」と称して日本を貶める活動を熱心にやってるわけで、こういう人たちが日本国民として存在するのはもう仕方がないことです。確固たる信念があって活動しているのだからどうしようもない。

≪新安保法は戦争法だ、日本が戦前のように暴走して戦争に突っ込む。
 共謀罪は戦前の治安維持法と同じ。言論の自由がなくなり、国民はいつも監視される≫

こうした煽り方で国民の気持ちを誘導する彼らは、かつて実際にテロ事件を起こし、日本を不安に陥れた暴力集団の系譜に連なる人々ではないのでしょうか。

こういう人たちがまた凶悪なテロ事件に関与することになるのではないかという懸念と、今の日本が再び戦争に突っ込むのではないかという懸念、どっちが現実味があるだろうかと私はよく思います。

私は、かつて革命を画策し、罪なき人々を死傷させた集団のほうがずっと怖い。

だって彼らの思想を引き継ぐ者たちの活動が今現在も日本各地で活発なことを考えれば、そのほうが自然なんじゃないでしょうか。

ただ、現実的には今の時代、彼らが武器を使って日本社会に何か悪さをするとは考えにくい。

しかし彼らの言動には、中国と手を組んでいるとしか思えない、朝鮮半島の応援をしているとしか思えないところがあります。

それがとても怖いと思います。

彼らがなぜ特定秘密保護法に反対するのか。
彼らがなぜ安保法に反対するのか。
彼らがなぜテロ等準備罪に反対するのか。

右派や現政権支持者の中にもこれらの法律に反対する人はいます。

しかし彼らの反対の理由は、反日左翼勢力の反対論とは論点が違っています。

左翼は、戦前の治安維持法と同じだとか、戦争に突き進むだとか、言論の自由がなくなるとか、一般の人が共謀の罪で逮捕されるだとか、突拍子もないことばかり並べ立てますが、まともな人々のまともな反対論を聴いてみると、それらとは全然違うのがわかります。

たしかに安保法は穴だらけであるらしいし、共謀罪も矛盾を抱えています。

しかし、だからこそ本気の議論が必要なのに、とにかく加計問題などで政権を打倒することしか頭にない野党が多い。

ほとんどの野党は、安倍政権を倒すことしか考えていない。
マスコミは政界がゴタゴタを起こすと儲かるのでどんどん煽る。

そして日本に敵対する周辺国と、種を撒いた左翼活動家はほくそ笑む。

そういう構図になっていて、多くの国民はそれを知らずに流される。

野党もマスコミも国民も、特殊な「反日左翼」の仲間になってしまってはだめなんですよ。
.
現政権は危険だ、という印象操作に易々と乗ってはだめ。違う意見も聞いてみて、実は何が危険なのかということを考えなきゃいけません。

テレビや左翼新聞の言うことだけに影響されていると思われる年配者のブログ記事などをたまに目にすると、せっかくインターネットを利用できる環境にいらっしゃるのに残念なことだなあと思います。

国民がしっかりしなきゃ政治を良くすることはできないんですよ、民主主義なんだから。

.
 いつも応援ありがとうございます

     よろしくお願いします  →  
                       

人気ブログランキング



.
////////////////////////////////


.

|

« 飽き飽き | トップページ | 老人だから見苦しいわけじゃない »

コメント

こんにちはぁー!
お元気ですかぁ^^。

ロビタさんのおっしゃる通りです。
私の思っていることを全ぇ~ん部ぅ!確実に
おしゃってくださいましたわ^^。
胸がスッキリ致しました。
それでは、またぁ。

投稿: fuuraiです. | 2017年6月15日 (木) 16時38分

★風来さん

ありがとうございます。
岸博幸さんの意見は納得できますが、こういう話はテレビでは絶対に出てきませんね。
言論の自由がないというのはこういうことなんじゃないかなと思ってしまいます。
やっぱり一番の権力者はマスコミなんですね。

ところで、風来さんのブログはコメントが反映されないので、ここでちょっと書きますね。
いつも面白い記事読ませていただいてます。
ご先祖様の脇差、江戸時代のものなんでしょう?処分なんてなんだかもったいないなあと思いました。
でも所持の許可をもらっても、次の世代が困るかもしれませんねcoldsweats01

投稿: robita | 2017年6月15日 (木) 23時38分

岸博幸さん、TVによく登場され持論を仰ってますよ。
この方、TV界では重宝されています。
加計学園の件でも
総理のご意向は『岩盤規制の突破にあった』、との持論を展開されていました。

「地下勢力」ねえ。
「表勢力」に較べれば、影響力なんて微々たるものでしょ。
「特殊な反日左翼」も、特殊な親日右翼の前では恐るるに足りません。

「国民がしっかりしなきゃ政治を良くすることは出来ないんですよ」とのこと、
さすが! そのとおりだと思います。
国民がしっかりしてないから 政治も経済もダメなんですよね。
ほんと····民主主義なんですから。

投稿: 通りすがりのノー天気 | 2017年6月19日 (月) 15時10分

★ノー天気さん

岸博幸さん、よくテレビで見かけますね。
そんな中で私も岸さんの「岩盤規制に穴を開けた」という発言は一回聞いたことがあります。でも簡単なコメントでした。
あのような言い方なら他の人もやってます。例えば政治評論家の田崎史郎さんとかね。
でも詳しく説明する時間は与えられないのでしょう。仰るような「持論の展開」には程遠いです。
テレビのニュースショーなどでは、この問題のほとんどの時間が官邸批判で占められています。
上記事で紹介したインタビューのような内容を詳しく述べる時間があれば、政治家と官僚の対立がどんなものなのか、視聴者にも少しは伝わるのではないかと思うのですけどね。

>「特殊な反日左翼」も、特殊な親日右翼の前では恐るるに足りません。<

一つ例を挙げますと、慰安婦強制連行というのは虚偽であったことが判明しているのですが、なぜいまだに韓国は日本を責め続け、国連人権委員会も問題にしているのでしょうか。
反日左翼勢力(日本人)の活発な反日活動が大きな原因の一つですよ。
彼らは国連にまで出かけて行って「日本はこんなに悪い国です」と告げ口を続けています。
並大抵のやり方では彼らの行動を抑えることができません。それほど彼らは強力です。怖いと思いませんか。

善良な国民のみなさんには、是非しっかり考えて反日左翼に騙されないよう気をつけていただきたいと思います。


投稿: robita | 2017年6月19日 (月) 22時32分

数日前の朝の情報番組で、加計学園問題の話題の最後に、
司会の堀潤氏が「誰某が『萩生田さんと前川さんは仲悪いからなぁ』とおっしゃってましたよ」と、この問題を茶化した時、
東工大の西田亮介氏が「前川さんを英雄視することはやめた方が良い」とぴしゃりと発言しました。
さすが、真っ当なリベラルだと思いました。

視聴者向けに話を面白おかしくしようとする司会の気持ちもわからないではないけど、地方再生、天下り問題、既得権益などについて国民が正しい知識を持たなければ規制改革は進みません。

投稿: kai | 2017年6月20日 (火) 10時14分

★kaiさん

>司会の堀潤氏が「誰某が『萩生田さんと前川さんは仲悪いからなぁ』とおっしゃってましたよ」と<

何でしょう、政界事情に詳しいとか自慢したいのでしょうかね。軽いですよね、この人。

西田亮介氏は「正しいリベラル」だと思います。こういう真っ当な人にこそ、反日左翼を退治してほしいです。

>視聴者向けに話を面白おかしくしようとする司会の気持ちもわからないではないけど<

視聴者を面白がらせて商売するのがテレビなんですが、政治がその道具に使われて劣化していかないよう、やっぱり国民が賢くなるしかないですねcoldsweats01

投稿: robita | 2017年6月20日 (火) 13時16分

このブログはギリギリ折角まともに近いのに、
程度の低いコメントで台無しにしないで頂きたいですね。
「前川さんを英雄視することは止めた方が良い」のいったいどこが
「まっとうなリベラル」なんですかねえ。

こんな論調に乗っかって
「反日なんたら」のレッテル貼りで勝った気を煽るのはやめましょう。
せめてオーサーさんは 冷静に議論をリードして頂かないと
いずれ とんだシッペ返しを食らうことになります。

投稿: 通りすがりのノー天気 | 2017年6月21日 (水) 21時34分

★ノー天気さん

あなたが前川氏を英雄視する側だということはわかります。

西田氏の普段の意見を聞いていれば「極左」でもなく「反日左翼」でもなく、まして「右翼」でもなく、真っ当なリベラルだということもわかりますよ。

私も一つアドバイス。

批判したいなら論理で攻めないと単なるぼやきで終わってしまいます。

投稿: robita | 2017年6月21日 (水) 22時35分

どこが「まっとうなリベラル」なのか論拠をお訊ねしただけでした。
極左でも反日左翼でも まして右翼でもないから····との論理!をうかがいました。

前川氏を私が英雄視!ですか? 何とまあ····。
そう言うレッテル貼りはもうやめるよう、
総理ならずとも重ねて申し上げたいと存じます。

折角 聡明な方でいらっしゃいますのに····。
少なからずガッカリしましたので もうコメントしません。
ご安心ください。

投稿: 通りすがりの···· | 2017年6月23日 (金) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/70860285

この記事へのトラックバック一覧です: 戦うべき相手は誰なのか:

« 飽き飽き | トップページ | 老人だから見苦しいわけじゃない »