« “October Sky” | トップページ | マダム蓮舫 »

2017年7月12日 (水)

振り上げたこぶしをおろす時

おとといの加計問題についての国会閉会中審査、参議院の蓮舫さんのところだけ見ました。

この人好きじゃないですが、追及の手法や言葉の発し方は見事ですね。

質問の大半は本質とは離れたものでしたが(前川氏が地位に恋々としていたかどうか等)、呼吸するがごとく、滑らかに、かつ鋭く、質問を矢継ぎ早に繰り出す。
菅官房長官と前川氏に交互に同じ質問をして食い違いをあぶり出す。

憎らしいほどにお上手でした。ご本人もさぞかし気持ちが良かったんじゃないでしょうか。

最後は、「こんなことでは私は本当に心配です」と、心配もしてないくせに、官房長官にお説教してました。

.
しかし何よりひどいのはマスコミの極端な偏向報道です。

参考人の加戸守行前愛媛県知事の証言は非常に重要であったにも関わらず、ほとんどの大新聞やテレビはこれを報道しませんでした。

https://anonymous-post.news/archives/672 

 https://www.j-cast.com/2017/07/11302992.html?p=all  
 

ワイドショー見ていませんが、これまで前川氏を正義の味方として持ち上げてきた手前、見て見ぬふりしていることと思います。

大学誘致のまさに現場にいた前知事がはっきりと証言していることを報じないマスコミ。

国家中継を見ない多くの国民がそれを知らず、「これからも追及の手を緩めない」などと意気込む野党やマスコミの言うことを鵜呑みにし、安倍政権は悪事を隠している、などと疑い続けるのでしょう。

もどかしいですね。

一昨日の産経新聞一面コラム「日の蔭りの中で」で、京都大学名誉教授佐伯啓思氏が「フェイクと民主政治」と題して書いていますが、私も同じように思います。 


≪___加計学園の問題は現時点での情報だけからすれば、連日、メディアが大騒ぎするほどの大問題だとは私には思われない。内閣のなかで何があったのか、文科省のなかでどういう経緯があったのか、私には分からないが、おおよその推察はできる。
 安倍晋三首相は「特区の獣医学部新設、急いで進めてくれ」程度のことはいったかもしれないし、内閣官房は首相の「意をくんだ」か「威を借りた」つもりで、文科省に伝えたかもしれないし、文科省では内部で話を通すために「上からの要請だ」ということぐらいはあったかもしれない。むろん違うかもしれない。真相は分からないし、分かりようもないであろう。
だから、「事実を明らかにせよ」と叫んでもあまり意味はない。この場合、「事実」とは何なのか、それさえはっきりしない。周囲の反対を押し切って誰かが強引に権限を乱用して無理を押し通したなどということではないのである。どこまでいっても客観的な事実など出てこないであろう。ところが、メディアは「事実を明らかにせよ」といい、事実が出てこなければ「政府は事実を隠蔽(いんぺい)している」という。政府はフェイクをしている、という。___≫


ワイドショーではこれからも「首相はもっときちんと説明するべき」などと言い続けていくのでしょうか。

いったい何をどう説明すれば納得するのだろう、と思うのですけどね。

首相が「権力を私物化して友達を特別優遇しました。ごめんなさい」と頭を下げて退陣すれば満足するんでしょうね、きっと。

まあ、野党やマスコミにつけ入る隙を与えてこんなに大きな問題にされてしまったのは政権側のしくじりだから仕方がありません。

正直に言えば済んだ話なのに、疑われるのを恐れるあまり、首相は何も指示していないとか怪文書だとか言ってしまった。

最初の対応を間違えてダメージを大きくしてしまいましたね。 → 「飽き飽き」 

おおいに苦しみ、反省し、今後に生かしてほしいと思います。


.
せめてネットで広めましょう
   よろしくお願いします → 


.
/////////////////////////////////////

.

|

« “October Sky” | トップページ | マダム蓮舫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/71118968

この記事へのトラックバック一覧です: 振り上げたこぶしをおろす時:

« “October Sky” | トップページ | マダム蓮舫 »