« 振り上げたこぶしをおろす時 | トップページ | 真面目にやれー! »

2017年7月20日 (木)

マダム蓮舫

民進党の蓮舫代表が戸籍の一部を開示し、台湾籍を抹消したことを表明しました。

「日本の戸籍法に関して無知であったこと」と「不確かな記憶で説明してしまったこと」を謝罪したのですが、なんか、「うっかりしていただけです」みたいな説明ですね。

「謝罪します」と言った時の表情が偉そうで、ちっとも反省しているようには見えませんでした。

それに、
≪今回、選択宣言の日付を公開し、台湾籍が残っていないことをお伝えしたが、こうした開示は私で最後にしてもらいたいと思う。全て国民は法の下に平等だ。
人種や性別、社会的身分などで差別をされてはいけない。
親や本人、子供の国籍、髪や肌の色や名前や筋など、日本人と違うところを見つけて『違わないということを戸籍で示せ』と強要することがない社会をしっかりとつくっていきたいと思っている。
多様性の象徴でもある私が、自らの経験をもって差別を助長することのない社会、多様性を認め合う共生社会を、民進党代表としてつくっていきたいということを最後に強く申し上げたいと思う≫

という発言は、的外れもいいとこです。

これは「差別」の問題なんかではありません。

なぜ政治に関わる者の二重国籍が問題になるかというと、両国間で利益が相反する場合に国益が損なわれる可能性があるからです。

これは二重国籍疑惑が言われ始めてずっと指摘され続けてきたことなのに、まだ勘違いに気づかないのでしょうか。何を見聞きし、考えてきたのでしょうか。

自らの間違いを棚に上げて、「こういう差別的な『強要』は私で最後にしてほしい」といった言い方には呆れてしまいます。

「多様性の象徴でもある私」を受け入れない日本、という印象操作はやめていただきたいですね。

日本が蓮舫さんの言うような差別社会であるなら、蓮舫さんは国会議員に選出されなかったでしょう。

蓮舫さんが有権者からあれこれ批判され続けるのは、蓮舫さんに外国人の血が混じっているからではないです。

国籍取得の経緯についての説明が二転三転したことや、他人への攻撃が激しいわりに自分には甘いということ等がありますが、何より国会議員でありながら国への忠誠心に疑問符がつくその言動が問題なのだと思います。

彼女は「日本のため」など考えて政治家になったのではないように見えるのです。

安倍政権を倒すためなら国益などどうでもいいと思っているような攻撃の仕方は、よく「舌鋒鋭く」などと表現されますが、「戦う自分の雄姿が大好き」という印象しかありません。

彼女は「自己実現」という極めて個人的な動機で政治家になったんじゃないでしょうか。

だいたい「蓮舫」という苗字のないタレントみたいな名乗り方に国政に対する不真面目さがよく表れていると思うのです。

タレントとして国会を舞台にパフォーマンスを繰り広げている、ように私には思えます。

.
 いつも応援ありがとうございます
 よろしくお願いします → 


.
自己実現で総理をやってた人 → 「総理の自己実現」 


.
///////////////////////////////////

.

|

« 振り上げたこぶしをおろす時 | トップページ | 真面目にやれー! »

コメント

ダブルルーツの人がどんな思いでこのニュースを聞くのだろうか。
戸籍を公開することで何が分かるのだろうか。
忠誠心だろうか。愛国心だろうか。
なぜそんなことを、ダブルルーツの人だけがしなくてはならないのか。
それを求めること自体が嫌がらせだとなぜ気づかないのか。
圧力に負けた蓮舫さんは悪くない。だけど悲しい。

泣けてくる。
賛否はあるけれど野党第一党党首である彼女が、なぜこのような差別と屈辱を受けなければならないのか。
このような悪しき慣例がダブルルーツの方々を苦しめることになることも本当に悲しい。

投稿: 悲しい | 2017年7月27日 (木) 15時25分

★悲しいさん

何が悲しいのでしょうか。
私の文章を読んでコメントくださったのだと思いますが、なぜ蓮舫さんが批判されているのかおわかりになっていらっしゃらないようですので、お手数ですが、もう一度よく読んでいただけますか。
ネットを探せば、ここよりもっとわかりやすい説明がみつかりますよ。

投稿: robita | 2017年7月27日 (木) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/71195860

この記事へのトラックバック一覧です: マダム蓮舫:

« 振り上げたこぶしをおろす時 | トップページ | 真面目にやれー! »