« 岸やめろ、安倍やめろ | トップページ | “October Sky” »

2017年7月 6日 (木)

知事の肝っ玉

都議会議員選挙で圧勝した都民ファーストを率いる小池百合子都知事には同時に批判の声も多いです。

その批判は主に市場移転問題への対応にあるでしょう。

私も、あまり意味のない「安全・安心」の言葉の繰り返しや、「豊洲も築地も」といった目くらましのような結論には正直うんざりしていましたし、これにかかる費用やオリンピックに間に合わなかったらどうするのだろうという心配もあります。

それでも、と感心するのは、女一匹、何たる度胸か。

思い出すのは、1995年から一期だけ都知事だった青島幸男氏です。

世界都市博覧会(都市博)が税金の無駄遣いだとして、当時すでに準備が始まっていたのを、就任後青島氏は中止を決めました。

議会で決まったものを都知事の意向だけで覆せるのか、議会に諮った上で中止になったのか知りませんが、都知事の権力の大きさがわかる出来事でした。

しかし、青島都知事は「絶大な権力を行使した」ようには見えず、迷いに迷って「公約だったのだから仕方がないかな」と、いかにも自信なさげなオロオロ感を醸し出していたように思います。
「こんなに工事が進んでいるとは思わなかった。どうしよう、どうしよう」といった懊悩がこっちにも伝わってくるようで気の毒にさえ思ったものです。

ところが小池さんときたら、こんなにお金を使ったプロジェクトを長期間停止させて莫大なお金が流出しても、あっぱれなほど堂々とした態度を続けています。

「自分のお金じゃないから」と言う人もいますが、そんなことはないでしょう。大変なことだという認識は当然あると思いますよ。

でも、都知事としてそれよりもっと重要なのが、都議会の実態を暴き、利権まみれの議員を一掃するという仕事だったんじゃないでしょうか。

そのことのために、市場移転問題を利用したのかもしれません。

そうだとしたら、なんという大胆で強靭な政治家でしょうか。

今回の都議選で自民党は大敗し、安倍首相は痛恨の体で記者団の取材に応じていましたが、考えてみれば、小池さんと安倍さんは何ら対立する理由はないのです。

両者とも政治改革を目指しているならば、同志になるべき間柄とも言えるのではないでしょうか。

おまけに、国防や歴史認識に関してこの二人は一致しています。

どこに対立する理由があるのだろうと思うのですが、政治はそういう一筋縄ではいかないものなのでしょうか。

だいたい、都議会の勢力図が国政に影響することの意味が私にはよくわからないのです。

国は外交・防衛と教育の基本だけを担当していればこんなややこしいことにはならないと思うのですが、首都のことはそういうわけにいかないのでしょうか。

政治を庶民にわかりやすくしてほしいと思います。

.
 いつも応援ありがとうございます

       よろしくお願いします  → 



.
////////////////////////////////////


.

|

« 岸やめろ、安倍やめろ | トップページ | “October Sky” »

コメント

知ってますか?
結局、都にも都議会(議員)にも、不正はなかったと正式に都が発表済みだって事を・・・

投稿: 仮)山田二郎 | 2017年7月13日 (木) 16時14分

★仮)山田二郎さん

オリンピック工事の不正受注疑惑に関して証拠不十分だったということですか。
でも問題は都議会を牛耳るほどのボスの存在ということなのでは。
あの石原都知事でさえその権力にはかなわなかったそうですね。→ http://news.livedoor.com/article/detail/11846053/
予算案や人事案がドンの意向通りになるような状態があるのだとしたら正したほうが良いように思いますが。

投稿: robita | 2017年7月13日 (木) 21時06分

オリンピックだけでなく全部です。
ちなみに、ドンがどうたらこうたらと言うのも、ただの伝説や都合の良い言い訳みたいです。
実際、週刊誌が騒いだ後に自殺者も出てなければ、圧力がかかって行動を変えさせられたって話しすら出てきてません。

投稿: 仮)山田二郎 | 2017年7月21日 (金) 10時43分

★仮)山田二郎さん

私たち一般の人間には調査能力もないので、報道されていることから判断するしかないのですが、その報道が恣意的に歪められているとしたら、もうネット情報でしか判断のしようがありませんね。
現に、安倍政権を攻撃してその混乱を金儲けに利用するマスコミがいるのですから、都政の件も真実がどこにあるのかわかりません。
先日、内田茂氏の後を引き継いで立候補し落選した若い女性が「橋下羽鳥の番組」に出ていたのですが、なかなかしっかりした考えを持った人物だと思いました。
最初は小池塾で勉強したそうですが、色々考えて自民党から立候補することにしたと言っていました。
都議会自民党は本当に酷いのかそれほどでもないのか、彼女のような人が当選してたらそういうことが少しはわかるようになったかもしれません。
小池さんは、蓮舫さんと同種の「自分ファースト」ではないと私は思っているのですけど・・・。

投稿: robita | 2017年7月21日 (金) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/71060004

この記事へのトラックバック一覧です: 知事の肝っ玉:

« 岸やめろ、安倍やめろ | トップページ | “October Sky” »