« 夢見る中国 | トップページ | 苦杯はなめたが希望はある »

2017年10月20日 (金)

投票に行こう

前記事より続く>

さて、そんな野望に満ちた中国のみならず、核兵器をチラつかせて恐喝したり、力ずくで奪った日本の領土の返還交渉に全く応じないなど、日本はそういった難儀な国々に囲まれています。

当然、しっかりとした防衛力も、アメリカという強大国の協力も必要不可欠です。
誰が政権に就こうが、国の存立に責任を持つ人ならそう考えるんじゃないでしょうか。

.
「安倍さんのせいで日本は戦争ができる国になった。子供たちを戦争に行かせたくない」などと言う人がたまにいますが、まだこんなこと思ってる人がいるんだなあと変に感心してしまいます。

楽しいお喋りの場であれば、そういう話題になった時、政治的な議論はしにくいものですが、相手が相当の論客でないかぎり、ある程度の説得はできるのではないでしょうか。

いわゆる平和主義者の思い込みは岩盤並みに固いので、和やかな雰囲気が壊れてしまう恐れもありますが、2・3人の少人数なら分かりやすく説明するぐらいは可能でしょう。

安倍首相をヒトラーみたいだなどと言う人は、周辺国の独裁や横暴についてどう思うのでしょうか。

あっちのほうがよっぽど怖いじゃありませんか。

アメリカ製の日本国憲法前文には「国際社会は平和を愛する国ばかり」と書いてあり、第9条には「日本は軍隊を持ってはいけない」と書いてあって、「世界の国々はみんな平和を愛するのだから日本さえ従順になれば世界は平和になる」「それを謳う日本国憲法は素晴らしい」と日本人は思い込まされました。

今では日本人の半数以上がその愚かしさに気づいたと思いますが、9条さえ持って集団的自衛権を放棄すれば日本は安泰と信じ込んでいる頑迷な人はまだまだたくさんいます。

日本人は昔から進取の気性に富み、古い型に囚われない柔軟性を備えていると言われ、それが産業の発展や苦難を乗り越える際の原動力になってきたというのに、こと憲法に関してはとてつもない頑迷さを発揮してしまうのです。

これが洗脳というものでしょう。
洗脳されている人は自分が洗脳されているなどと思うはずもなく、そういう人を説得するのはかなり難しいのですが、少しずつでも努力していくしかありません。

.
さて、選挙です。

経済政策についても反安倍勢力はアベノミクスを批判していますが、「こういう経済状況の時は誰がやってもこういう方針でいくのが普通」ということなので、これも反安倍勢力の「なんでも反対癖」に過ぎないでしょう。

実際、雇用状況も良くなったのでこれについては「安倍政権信任」ということになろうかと思います。

しかし、憲法改正についてはまだよく理解していない人が多く、「護憲思想でメシを食ってる人々」が自分たちの居場所がなくなっては大変と、テレビに出ては「改憲や集団的自衛権は危険」とばかりにもっともらしく喋るので、そのこと自体が危険です。

こういった「既得権益死守マスコミ」は「守旧」そのものであり、反安倍を掲げる「市民活動家」なる人々は、日本を敵視する周辺国の意向を受けて活動する反日活動家そのものと言っていいでしょう。

こんな人たちに負けるわけにはいかないんです。

日本を取り戻しましょう。

.
いつも応援ありがとうございます

   よろしくお願いします → 


.
//////////////////////////////////////

.

|

« 夢見る中国 | トップページ | 苦杯はなめたが希望はある »

コメント

台風が来ようと、絶対行きます‼︎
日本の土地や海が、どんどん侵犯されて行くのも防がなくてはいけません。
安倍さんしかいないでしょう。
何も変えなければ、
他国が何もして来ないなんて妄想から覚めないと大変な事になる事に気がついてほしいです。
平和ボケしている方々に。

投稿: FRAU | 2017年10月21日 (土) 13時11分

★FRAUさん

今日、期日前投票してきました。
ものすごい行列で時間がかかってしまいましたが、ニュースによるとどこもそうだったみたいですね。

安倍首相を嫌う人は多いけれど、それはマスコミの印象操作の影響が強いでしょうね。
安保法も改憲もテロ対策も必要なものだから、誰が首相でも避けては通れないことなのに。それに森友・加計問題も疑惑を練り込んであんなにこじらせたのはマスコミです。

なんといっても安倍さんは戦後の歪んだ思想から抜け出そうと、今まで誰も言わなかったことを言ってくれた首相ですから、私は応援します。

投稿: robita | 2017年10月21日 (土) 22時43分

おはようございます。
こんなに政治に関心をもったのは、人生初です。
安倍さんが首相になられて、功績を見たからです。
なんだ、出来るんじゃないの!日本の政治をまともにする事が。。と。
まだまだ道央なので、安倍さんの手腕を見てみたいのです。
なかなか大変だとは思いますが。
安倍さんが辞める事になると言うことは、
中国、韓国、北朝鮮が喜ぶことになります。
そんな事、絶対あってはいけないと思っています。
言うべきことを世界にハッキリ言える日本にならなくてはいけないのです。

投稿: FRAU | 2017年10月22日 (日) 06時09分

★FRAUさん

>安倍さんが辞める事になると言うことは、
 中国、韓国、北朝鮮が喜ぶことになります。<

そうなんですよね。だから、「安倍やめろ」と叫ぶ人たちって、あちらの工作員じゃないの、と疑いたくもなりますよね。

>言うべきことを世界にハッキリ言える日本にならなくてはいけないのです<

ハッキリ言うためには国民の後ろ盾が必要だと思うのですが、肝心の国民の半数ほどが足を引っ張ってばかりいますね。

投票率はどのくらいになるでしょうね。
国会勢力図がどのようになるか、関心は高まっていると思うのですが。

投稿: robita | 2017年10月22日 (日) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/72017190

この記事へのトラックバック一覧です: 投票に行こう:

« 夢見る中国 | トップページ | 苦杯はなめたが希望はある »