« 投票に行こう | トップページ | 旅情 »

2017年10月24日 (火)

苦杯はなめたが希望はある

希望の党の失速の原因の一つは「排除」という言葉だと言われることが多いですね。
勝つためには仲間を増やさないといけないのに、排除してしまったのが間違いだと。

そんなことないと思いますよ。

考え方の違う人が寄り集まって党を作ってもうまくいかないのは民主(民進)党で証明済みです。

「政治理念が違う」というのは、個々の政策の擦り合わせをすればOKというような軽い話ではないと思います。憲法と国防という国の根幹を成す基本のところで頑固に譲らない人たちとどうやって擦り合わせるというのでしょうか。

受け入れるかどうか選別するのは当たり前のことだと思うのです。

仮に希望と民進が丸ごと一緒になって自民党に勝ち、政権交代しても、民主党の失敗を繰り返すだけなのは明らかなのに、「排除」「選別」を批判する人はそこをどう考えているのかなと思います。

小池さんと前原さんの行動のおかげで、「例のああいう人たち」が「立憲民主党」として一つにまとまってくれたので、とてもわかりやすくなって結果的に良いことでした。
 .
「希望の党」に鞍替えして落選した人の中、反安倍で凝り固まっているような人なら可哀想だとは思わないけれど、政治家として評価できる人が落選してしまったのは気の毒です。

馬淵澄夫氏はとても良い政治家だと思うのに落選してしまいました。今日のニッポン放送「そこまで言うか」でも、馬淵さんを高く買っている宮崎哲弥氏がとても残念がっていました。無所属で出てたら当選してただろうに、と。

菅直人が当選したというのに、有為の人物である馬淵さんが落ちてしまったなんてねえ・・・。

馬淵さん、また次の機会に期待しています。

辛勝した渡辺周氏は希望の党の党首になるつもりで頑張るそうです。
同志たちと一緒に自民党に対抗し得る立派な野党に育て上げてください。

.
いつも応援ありがとうございます
      よろしくお願いします →  
  


馬淵さんファンとして関連記事:
 
      「現実的な政治を」 
      「長島議員 離党」 

.
////////////////////////////////////

.

|

« 投票に行こう | トップページ | 旅情 »

コメント

全く同感です。馬淵さんは本当に残念でした。

希望の党の失速の空気は、風向きが変わったとか追い風が止んだとしか言いようがないフワフワしたものでしたので、マスコミが「排除」という単語の言葉尻を捉えていたのには、相変わらず的外れだなぁという印象を持っておりました。

私はむしろ、小池さんの「排除いたします」という台詞のうちの、「いたします」という敬語(謙譲語)が非常に気になりました。この謙譲の美徳の単語が何とも言えない腹黒さを醸し出しており、聞く者は薄ら寒い空気を感じてしまったと思います。

さらに、その台詞を小池さんが満面の笑みで語ったことによって、お茶の間の空気が凍ってしまったのだと思います。普通の常識では、化けの皮が剥がれて本性が現れるものですが、小池さんの笑顔は化けの皮そのものであり、剥がれないことによって本性が現れるという妙な話になっていたと思います。 

結局、小池さんの大物ぶりが際立つことによって、希望の党に群がる面々がどう頑張っても烏合の衆にしか見えなくなり、票が逃げる空気が生じてしまったような気がします。

投稿: かめめ | 2017年10月25日 (水) 22時38分

★かめめさん

「排除」という言葉が「あの小池さん」から発せられたのが、世間は不愉快だったのだと思います。
立憲民主党も、元民進党で無所属で出馬した人や希望の党からの離党を考えている人を全部受け入れるのかどうかを聞かれて、「選別する」というようなことを言っています。
小池さんと同じことを言っているにもかかわらず、こちらは何の問題にもなりません。
仰るように、小池さんの人となりとか言い方によるものなのでしょうね。

馬淵さんファンは多いですね。そんなにメディアに出る人ではないけれど、見てる人は見てるんですね。

投稿: robita | 2017年10月26日 (木) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/72048907

この記事へのトラックバック一覧です: 苦杯はなめたが希望はある:

« 投票に行こう | トップページ | 旅情 »