« 反日で反米な人々 | トップページ | デイブレイクからサンセットへ »

2017年11月25日 (土)

持つべき怒り

サンフランシスコ市内に設置された慰安婦像を公共物として受け入れる決議文書に、リー市長が署名しました。

これを受けて大阪の吉村市長がアメリカのサンフランシスコとの姉妹都市解消の考えを示しました。

大阪市は再三にわたり、これを受け入れないよう要請してきましたが、サンフランシスコ議会は韓国系および中国系住民の圧力とカネの力に屈してしまったのでしょう。

慰安婦像の碑文は次のような文言で始まっているそうです:
≪この記念碑は、婉曲的表現で「慰安婦」と呼ばれる、実際には1931年から1945年までアジア太平洋の13カ国において日本帝国陸軍の性奴隷であった数十万の女性や少女の苦しみを証言するものです。
性奴隷にされた女性や少女たちのほとんどが捕らわれの身のまま亡くなりました。
この陰惨な歴史は、1990年代に生存者が勇気を持って声を上げるまで数十年間も隠しとおされてきました。≫

あたかも歴史的事実であるかのようなこの表現には憤りを感じますが、こういう流れを止めることはできないのだろうなあ、と諦めの心境に陥ります。
なにしろ、日本のマスメディアはこの問題を報道はしても深く掘り下げようとしません。

朝日新聞などはこんな調子だそうです:
≪ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。≫

自分たちの虚偽報道でこんなことになっているのに、この尊大な言い方、どうかしてます。

朝日新聞は言わずと知れたそういう厚顔無恥な団体だから、こうやって恥を晒し続ければいいとも思いますが、いまだにこの新聞を取り続けている人が600万人(実際の購読者数はよくわかりません)もいるというから驚きです。

日本人なのに慰安婦問題に憤りを感じない人、いますよね。

彼らは「怒りをぶつけても解決にはならない」といった、いかにも冷静であるかのような振舞い方をしますが、それは冷静だからという理由ではないでしょう。

戦前・戦中の日本は「悪い国だった」「悪いことをした」、だからこういうことで責められても仕方がないのだ、反省しない日本が悪いのだ、とでも思っているのでしょう。

もう一つ、国に愛着を感じていないので他人事でしかない、ということもあるでしょう。愛国心の欠如です。

これは、その人が悪い、というより、そんな感覚を持たされてしまった日本人の悲劇です。

この虚偽がなぜこんなにこじれるまで放置されたのか、左翼マスコミのせいでもありますが、相手国に「事実ではありません」ときちんと論理的に経緯を説明する熱意が日本政府になかったからでしょう。

というより、政治家や官僚たちだってこの国の戦後教育で育ったのです。いわゆる自虐史観によって育まれた人たちなので、「国の名誉を守ろう」という意思が希薄だったことは否めません。

元官僚の名前書いちゃっていいでしょうか。
天木直人、孫崎亨、寺脇研、柳澤協二、古賀茂明、前川喜平・・・・

メディアに現われる人しかわかりませんが、こうした左翼官僚、実際に政府内にはどれだけたくさんいるのかと思うと不安になります。

この人たちはこれが正義だと信じて疑わない。だから批判されると
「『ネトウヨ』は間違った教育のせい」などと考えてしまうのでしょうね。→  http://blogos.com/article/260823/

こういう人たちは自国の与党政治家の言動を取り上げては怒ったりバカにしたりすることにはとても熱心なのですが、周辺国の悪意にはとても寛容です。(因みに左翼政権の時はそんなに批判しない)

私など、中国や韓国の工作活動によって日本が「残虐な国」と国際社会にもっともらしく言いふらされることのほうがずっと腹が立ちますけど。

.
 いつも応援ありがとうございます
      よろしくお願いします → 


.
/////////////////////////////////////

.

|

« 反日で反米な人々 | トップページ | デイブレイクからサンセットへ »

コメント

こんにちは。
昨日、三島由紀夫を話題にしたテレビを見て
今の時代だったら、彼は自決しなくて良かったのかなぁ?なんて思いました。
愛国心が、まるで悪いもののように言う風潮(最近の若者は少し変わってきているでしょうか?)はおかしいですよね。
自分の国が好きじゃ無い国民って何なのでしょう?
他所でそんな国ってあるのでしょうか?
私は、日本に生まれて育って良かったなぁとつくづく感じています。

サンフランシスコに対する大阪市長、頑張れ‼️と思います。
今まで敗戦国の弱腰外交が、やりたい放題やっても何も言わない国にしてしまったのです。
あんな嘘を、世界に吹聴した朝日新聞に
何故、日本人はもっと怒りを持たないのでしょう?
それどころか、同調する呆れた輩が大勢いるのが信じられません。
外国では、あの嘘を信じて日本や日本人が悪いと思ってる人達が多いと聞きます。
それでも、反日日本人はその通りと言うのですよね?
そして国を良くしようとしてる人を非難している。
これって、日本にいるけれど日本人じゃない人なのでしょうか?
そう言うことになりますよね?

私は大阪市民ではないのですが、市長に応援メールを送りました。
当たり前の事なのに、市議の中には反対を唱える人が沢山居るらしいです。
国を貶められてるのにそれでも市長に反対するなんて人って
どう言う人たちなのかな?と、色々想像してしまいますね。
おおよそ想像はつきますが。。
頑張れ‼️大阪市長‼️

投稿: FRAU | 2017年11月25日 (土) 15時04分

★FRAUさん

高度経済成長に浮かれていた時代に三島由紀夫は「日本はこんなことでいいのか」と思い詰めたのでしょうが、行動には無理がありましたね。
今生きてたら92歳だそうですが、あれから47年も経ってやっと今の段階までしか到達してないのです。護憲派はまだかなり強いですから。三島はどっちみち待てなかったでしょうね。

>愛国心が、まるで悪いもののように言う風潮<

愛国心が悪いのでなく、ポピュリズムに気を付けなければいけない、ということなんですよね。

韓国で「8月14日」を元慰安婦を讃える「法定記念日」とする法案が国会で可決されました。「賛成205、反対0、棄権8」だそうです。
毎年この日に慰安婦祭りをやることになるのでしょうか。まったくなんという国でしょう。

元凶は朝日新聞ですから、全国民がこのことを認識して朝日に後始末をお願いしましょう。
朝日にしかできない大事な仕事だと思います。

投稿: robita | 2017年11月25日 (土) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/72302596

この記事へのトラックバック一覧です: 持つべき怒り:

« 反日で反米な人々 | トップページ | デイブレイクからサンセットへ »