« 小泉進次郎 | トップページ | さっさと改憲 »

2017年11月 2日 (木)

どうぞお引き取りください

夕方、ラジオを聴きながらご飯の支度をします。

ニッポン放送の「そこまで言うか」が定番ですが、中ほどで生活情報が入るので、その20分ぐらいの間はTBS「デイキャッチ」を聴きます。

両方ともニュース解説番組で、キャスターと学者や評論家などのコメンテーターのやり取りで進められますが、同じ問題でも全く違う解説をするので面白いなと思って聴いています。

「デイキャッチ」のほうはそもそも反安倍がベースになっているので、とにかく安倍さんの悪口を言っては盛り上がっています。

「そこまで言うか」は、反安倍の人に言わせれば「政権御用放送」になるのかもしれませんが、筋の通った納得のいく解説をしてくれます。

両方聴いている身としては、どう考えても「そこまで言うか」のほうが論理的で公平な伝え方をしていますし、「デイキャッチ」のほうは感情だけで理屈を組み立てているようで、知性が感じられません。

いや、まあ、デイキャッチに限らず、反安倍番組、反安倍新聞、反安倍ブログ・・・ことごとく感情的です。

2・3日前の産経新聞に
≪「安倍大嫌い」と延々と書く朝日≫ と題するコラムがありました。

「結局、朝日は紙面を使って、安倍首相に「大嫌いだ」と言い続けているだけではないのか。」
と書かれてしまうような紙面作りをしてるんですね。

なんでこんなに執拗に安倍政権を否定するのかと言えば、それは、改憲も含め、戦後自分たちが築いてきた自分たちだけの楽園を壊そうとする初めての総理大臣が安倍さんだからなのです。

自分たちのアイデンティティも居場所もなくなってしまっては、これから何をよすがに生きていけばいいのか不安でいっぱいになってしまうのでしょう。

彼らはジタバタと足掻き、必死の抵抗を試みているのでしょうが、その様子を「権力に与しない反骨ジャーナリズム」と勘違いして共感してしまうのが、テレビや朝日新聞からしか情報を得ない情報弱者たちです。

FRAUさんのコメントにもありますが、中高年女性にその傾向が強いように思います。もちろん男性にもいますけど。

テレビも朝日新聞もまだまだ影響力が強いので、「最後のあがき」とは言えないかもしれませんが、異常ともいえる首相叩きには、焦りまくっている様子が見て取れます。

あの人たちの行く末がどうなるかは知りません。でも、国の存亡は、一部の人の自己都合で左右されるわけにいかないんです。

彼らによる彼らのための楽園の閉園の時は近づいているのではないでしょうか。

.
いつも応援ありがとうございます
    よろしくお願いします →  


.
////////////////////////////////////

.

|

« 小泉進次郎 | トップページ | さっさと改憲 »

コメント

案の定産廃読者ですねw

あんなミンシュガーガーガーガー連呼してる便所紙を読むってことは精神障害者ってことの証左なんでしょうね。言わずもがな。どうぞ朝鮮半島に帰国してください。

投稿: | 2017年11月 6日 (月) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/72121720

この記事へのトラックバック一覧です: どうぞお引き取りください:

« 小泉進次郎 | トップページ | さっさと改憲 »