« クリスマスの不思議 | トップページ | 謹賀新年 »

2017年12月27日 (水)

戦後最長期政権となるか

「平成24年12月の政権奪還から26日で5年になります」と菅官房長官が語り始めます。→「単刀直言」 

第2次安倍内閣が発足してから5年。第1次では首相の体調悪化もあってうまくいかなかったけれど、2回目の挑戦でよくぞここまで来たと、さぞかし感慨深いことでしょう。お疲れ様です、と国民の一人として、ねぎらいの言葉をかけたいと思います。

課題山積の中、左翼マスコミや評論家の攻撃を受けながら政治を行うというのは、それはそれは大変な仕事だと思いますが、安定した政権がこれからも続くよう頑張っていただきたいと思います。

個人的な好き嫌いで「反安倍」を掲げる人の言うことや文章など見ると、どこが間違っていてどうするべきだという具体的な指摘がほとんどないというのが特徴です。

小林よしのり氏などは、ただ安倍が嫌いというだけで、存在意義が反安倍というだけの立憲民主党にずいぶん肩入れしていますが、そんなに力を込めたって自分の思い通りの政党になんかなりゃしませんて。
というか、あまり口を出し過ぎて嫌がられるのが関の山じゃないでしょうか。そのうち喧嘩別れでもするのでは。

昨日聴いたラジオ「デイキャッチ」では、キャスター荒川強啓氏が毎日新聞編集委員平田某氏に、5年たった第2次安倍内閣の総括について電話インタビューしていましたが、、概ね高評価なのを、反安倍の荒川氏は「そんなはずはない」とでも言いたげな不満そうな様子で受け答えしていました。

私たちの国のことなんだから、外交も経済も好調なのを喜ぶべきところを、大嫌いな安倍が政治をうまくやっているのが気に食わないようです。ほんと、男らしくないですね。

一つ覚えみたいに「安倍やめろやめろ」と叫ぶのでなく、足りないところを指摘し、もっと頑張れ頑張れと後押しするべきでしょうに。せっかく安倍政権はリベラル政策採用してるんだから。

安倍政治を冷静に評価している若い世代を少し見習ったらどうですか。

.
 いつも応援ありがとうございます
 よろしくお願いします → 


.
/////////////////////////////////

.

|

« クリスマスの不思議 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/72554784

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後最長期政権となるか:

« クリスマスの不思議 | トップページ | 謹賀新年 »