« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月27日 (土)

時代も政治も変化する

自民党の大物政治家だった野中広務氏が亡くなりました。

様々な人が色々な追悼の意を表しています。

弱者への眼差しが優しかったとか、沖縄への気配りも細やかだったとか、反戦を訴え続けていたとか、威厳があったとか、今の堕落した自民党にはそういう政治家はほとんどいないとか、そういう評価が少なからず見られます。

野中さんは日本の「幸せな時代」に存分に力を発揮した政治家だったのだろうと思います。

利権にまみれた自民党政治を象徴しているとか、黒い人脈だとかの噂が絶えない人でした。

ずいぶん前に書いた文章ですが:

≪経済が右肩上がりの時には、政治家も官僚も、「思い切った政策」「厳しい措置」など打ち出す必要もなく、どんどん入ってくる税収を、政治家、官僚、経済界のさまざまな結びつきに従って、ただ配分していれば良かった。
政治家はその配分を調整する能力がありさえすればそれで済んだ。
潤沢な税金が国庫に入り続け、政治は同じ事をやっていればうまくいくという時代がとっくに終わり、「これを続けていたら国は破綻する」と気づいてもう20年も経った。≫   「時間がない」 


バブル崩壊後、さまざまな問題が表出し、それまでの古い体質の自民党政治を終わりにしなければならない、という動きが出始め、古い政治家たちはだんだん影響力を失っていきました。

そうすると、国内の諸問題も外国からの脅威も今ほど深刻でなかった頃に台頭し既得権を持った野中さんのような政治家たちが、深刻さを増す現在の諸問題に悪戦苦闘している政治家たちを「過激だ」とか「弱者をないがしろにしている」とか「戦争に突っ走っている」とか批判するわけです。

「弱者にやさしい政治家だった」とか「平和を愛する立派な政治家だった」とか褒めそやすのは自由ですが、やっぱり時代背景を前提にしなければ人の評価は公平なものにはなり得ないでしょう。

.
いつも応援ありがとうございます
 
               よろしくお願いします → 


.
////////////////////////////

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

BS朝日 新春討論

お正月にBS朝日で改憲についての新春討論会があったのを録画しておいたのですが、あまりに長いので少しづつ見て、今日やっと全部見終わりました。

論客たちの顔ぶれを見ただけでも興味が湧いてきます。→ http://www.bs-asahi.co.jp/touronsp2018/

ほとんどの人たちが学者、ジャーナリスト、歴史研究家などですが、ひとりだけタレント(というのかな。よくテレビのコメンテーターやってます)の室井佑月さんが入っていました。

室井さんのような素人が入ることで、9条信仰がなぜ愚かしいのか気づく人が少しでも増えるのではないかと思いました。

室井さんは冒頭から「安倍政権は戦後最悪だ」と発言した反安倍ジャーナリスト青木理氏と一緒になって「安倍さんじゃなきゃ誰でもいい」などと言っていました。

司会者が室井さんに「なぜ安倍首相じゃだめなのか」と聞くと:

①安倍さん嘘ばっかりついてる。

②森友・加計問題について「丁寧に説明する」っていうけど、全然丁寧じゃない、逃げてばっかり。

③自衛官が息子に『お父さん違憲なの?』と聞かれた、という話がショックだったとか・・・、あのクッサイ芝居、ムカムカする。

この三点を憎々し気に語りました。

で、一つ一つ見ていきますと:

①安倍氏の嘘(親友の加計氏が獣医学部申請していたのを知らなかったなんて嘘、と室井さんは言います)なんて可愛いものじゃないですか。
もっと悪質な嘘をつく政治家、珍しくないんじゃないですか?

②首相は本当は、「優遇しろと言ったことはない。これ以上何を説明しろというのですか」と言いたいでしょう。
しかしそれを言うと「なんと傲慢な言い方をするんだ」とマスコミが煽り、大衆が沸騰するのがわかりきっているので、「丁寧に説明する」としか言いようがないのですよ。

③左派のクッサイ芝居のほうが目につきますし、それにムカムカする人のほうがずっと多いのでは。


室井さんに限らず、「安倍政権の下では改憲に反対」と言い張る人たちは、その理由として「安倍氏が信用できない」と言い、なぜ信用できないかを問うと、決まってこの①と②を挙げるのですが、そんなに目くじら立てるほどの重大な問題点ですかねえ。

室井さんの向かい側に座っていた評論家の岩田温氏は「個人的に安倍さんが嫌いなだけなのでは」と言って苦笑していました。

やたらと室井さんに同調する小林よしのり氏に対し、三浦瑠璃氏が「そこ二人全然考え方違うのに、小林さん、室井さんを騙しちゃだめですよ」と言ったのがおかしかった。

小林氏も図星だったのか、笑ってごまかしてましたね。

小林氏は安倍氏の改憲が中途半端で生ぬるいので、もっと劇的に改憲したいというのが本音です。

アメリカ製の憲法を変えて自立し、自主防衛ができるようにしなければならないと考えているので、室井さんみたいな宗教的護憲とは全然考え方が違うはずなのですが、味方につけようとしている。

そして、立憲民主党の中にはそういった同類の9条信奉者が少なくないにもかかわらず、小林氏は立憲民主党に肩入れする。

反安倍の護憲派を利用して中途半端な安倍改憲案をつぶしてやろうという魂胆なんでしょうね。

でも室井佑月のような思い込みの激しい素人に、論客たちが丁寧に説明するという形は、意図してそうしたのかどうかわかりませんが、なかなか良かったと思います。
以前に考えた討論形式が実現されたようで興味深く聴きました。→「聞く耳を持たない人々」 

田原総一朗氏が、人が喋っているのに割り込んでくることがしばしばで、落ち着いて聞けなかったのが残念ですが。

室井さんの頑迷ぶりは半端でなく、侃々諤々さんざん討論した末に「どんな議論を聞いても憲法は今のままでいいと思っちゃう」なんて、ずっこけるようなこと言ってました。何を聞いてたの?
しかしまあ少なくとも視聴者には意味のあるものだったのではないでしょうか。

室井さんの不服そうな仏頂面が、内面の激昂を表すかのようにヒクヒク動きっぱなしだったのと対照的に、三浦瑠璃さんが冷静に説明するその理知的で涼やかなお顔がとてもお綺麗でした。

余談もう一つ、司会の小松靖アナウンサーが、青木理氏が「安倍政権は戦後最悪」と言ったことに対して、「そこまで最悪と言うなら対案があるはずだ」と食い下がっていましたが、テレビ朝日にもこういうキャスターいるんですね。というか、BS放送はなかなか自由です。

.
いつも応援クリックありがとうございます
         よろしくお願いします → 


.
////////////////////////////////////

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

多摩川入水

保守論客 西部邁氏が亡くなりました。自殺だそうです。

半年ぐらい前までは、お元気な姿をテレビで拝見していましたが、いつも手袋をして帽子を被っておられました。
癌を患っていると聞いたことがありますが、ずいぶん悪かったのでしょうか。

西部さんと言えば、
「自分の命の終わらせ方ぐらい自分で決めてやる、という根性のある老人がいなくなった」と、フジTV「報道2001」で仰っていたのを思い出します。「日本人の死に時」のコメント欄に書きました。

決死の覚悟を示されたのか、もうこのぐらいでいいや、と思われたのか、遺書が残されていたようですから、そのうち、死に臨んだ心情が明らかにされるかもしれません。

合掌。

.
  いつも応援クリックありがとうございます
     今日もよろしくお願いいたします ⇒ 


.
///////////////////////////

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

河野太郎外務大臣

河野外務大臣のカナダのバンクーバーでの北朝鮮に関する外相会合での演説が非常に力強い。
流暢な英語で、日本の意志がはっきりと世界に伝わったんじゃないでしょうか。

韓国に対しては「慰安婦日韓合意を覆すことは断じて受け入れられない」、また「竹島は日本固有の領土」とも、はっきり言ってくれました。

あの「中国・韓国にとって都合の良い河野洋平」の息子だから、両国とも最初はとても期待したようですが、残念でしたぁ。

しかしまあ、こういう大臣が出てきたのも、日本の政治家が外交・防衛面で正論を言いやすい環境になってきた、つまり、日本人が戦後初めて正気を取り戻しつつある時代がやってきたということですね。

以前は、そういう毅然とした態度をなかなか取れませんでした。
中国や韓国を刺激してはならないと、国民もそう思ってましたからね。

安倍首相が誕生したのも、安倍政権支持率が比較的高く安定しているのも、日本人が変わってきた(洗脳から目覚めた)ということの証左でしょう。
つまるところ、厄介な周辺国に対して「事なかれ主義でない政権」がやっとできた、ということですかね。

河野外相と韓国の康外相は朝食を取りながら通訳なしの1対1で会談を行ったそうです。

同日の外相全体会合の終わった後なのか、河野外相が康外相を正面からじっと見据え、康外相のほうはその視線を避けるようにうつむいている写真が産経新聞に載っていました。

偶然のスナップショットでしょうが、日本と韓国の今の関係を象徴的に表しているようでなかなか面白い構図でした。

河野さん、立派な総理候補ですね。

余談ですが、誰かに似てると思ったら、手塚治虫の漫画のキャラクター、アセチレン・ランプでした。

ランプ氏が「良い人」を演じることはほとんどなく、だいたいが悪人ですが、したたかな交渉を要求される外務大臣は良い人でなくてもいい。河野さんの意志の強そうな面構え、頼もしいです。

.
いつも応援クリックありがとうございます
             よろしくお願いします ⇒  


.
/////////////////////////////////

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

普通になろうよ

ブロガーの山本一郎氏が、ノーベル平和賞団体“ICAN”の振る舞いを批判しています。→≪「ノーベル平和賞」だから何をしてもいいってわけでもねえだろ~日本は相変わらず海外の良く分からないものに弱い~≫

既に決まっている安倍首相の旧東欧諸国歴訪の日程に割り込んで来て「安倍首相に会わせろ」と要求し、それを断ると、例のああいう人たち(共産党とか福島瑞穂とか)と一緒になって首相を非難したというんですね。

≪さらに、広島や長崎といった核兵器が落とされ被害者が出た地域に行って、核廃絶を訴え、日本が被爆国として陣頭に立つべきって言ってました。戦争の責任がどこにあるかはともかく、核兵器を落としたのはアメリカですよ。アメリカにまず言えよ。≫

≪中国や北朝鮮、ロシアなどが核兵器を日本に向けている可能性のある中で、核兵器による抑止力をアメリカとの軍事同盟で活用しなければならない日本が、綺麗事で牧歌的な核兵器禁止条約の批准をしないのは仕方のないことで、もしも核兵器を本当になくそうとするならば核兵器持っているところに言いにいけよって思うんですよね。≫

当たり前のことを理解できないICANとやらは頭が悪いとしか言いようがないと、激しい言葉を連ねていますが、頭が悪いというより、誰かを責めて正義面をしたいというただの自己満足団体なんでしょうね。

核兵器を持つ独裁国に向けてでなく、おとなしい日本に文句をつけるって、そりゃあなた卑怯ってもんでしょ。弱い者いじめですかい。

あるいは、日本の反日左翼の連中がけしかけているとも考えられます。国連に乗り込んで日本の悪口を言いふらす日本人らがいるのですから、おおいにあり得ますね。

こういう連中がのさばるのは、ぜーんぶ日本人の戦後の病が元凶であるのは間違いありません。

「全て日本が悪い」病です。(因みに今は「全て安倍が悪い」病にかかっている人も結構いますね)

まずはこの病気を治すことです。

心当たりのあるかたは、一度冷静になって、みんな同じように戦ったのになぜ日本だけが悪いことになっているのだろう、と考えてみてください。

おかしいじゃないかと気づく人が増えるだけで、反日左翼の妄言にいちいち反応しなくても、自然にそういったおかしな連中の力は弱まっていきます。

活動家なら仕方がありませんが、無垢な日本人、信じ込まされている日本人ならば、その人たちが目覚めるだけで日本は変な人たちから変な言いがかりをつけられてもうろたえることがなくなるのです。

.
いつも応援クリックありがとうございます
      今日もよろしくお願いします ⇒ 


.
////////////////////////////////////

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

悲しみの共有

今日は阪神大震災から23年。
新聞を見て「そうだったか」と気づきました。

被災した親戚に救援のものを届けるために、妹と二人、大地震1ヵ月後の神戸に行きました。
交通は分断され、電車や臨時バスを乗り継ぎ、手段のない区間は徒歩で、焼け残った親戚の家にたどりつきました。

一面焦土と化した辺りにはまだ焦げた匂いが漂っていました。

衝撃的な光景を胸に刻み、夥しい数の悲しい現場報告に涙した時から20年以上も過ぎた上、その後に起こった東日本大震災の被害が大きく上回ったためもあるでしょう、記憶はだんだん薄れてゆきます。

何年たっても「風化させてはならない」という合言葉も語られるし、被災者も「家族を失うこんな悲劇が二度と起こりませんように」と祈ります。

しかし、これからも悲劇は起こるでしょう。対策をしても予期しない悲劇は起こるものです。

私だってもう人生の終盤に近付いているけれど、残りの人生でとんでもない悲劇に遭うかもしれません。

それを考えるととても怖いのですが、考えても仕方がない。生きていくしかないのです。

家族を失った人々も少しづつ気持ちを立ち直らせてきたかもしれないけれど、当時のことを思い出せば今でも身を切るような辛さは変わりがないでしょう。

それでも生きていくしかない。

妻と生後6ケ月の娘を失った男性の23年の年月を産経新聞で読みました。→ http://www.sankei.com/west/news/180117/wst1801170009-n1.html

.
 いつも応援クリックありがとうございます
          よろしくお願いいたします  ⇒  


.
//////////////////////////////

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

間違った結び目、だってさ

韓国の文在寅大統領は、慰安婦合意の見直しに関して「間違った結び目はほどかなければならない」と言いましたね。

それを言うならほんとうに「間違った結び目」をほどこうじゃありませんか。

「強制連行」や「性奴隷」という作り話がそもそも間違った結び目です。

これをこそほどかなければなりません。

ただ、もう国連などはそんな発端の話はどうでもよくて、「女性の人権」に問題をすり替えています。

でも戦時の買春が女性の人権蹂躙だというなら、世界中のほとんどの国に日本を非難する権利があるとは思えません。

世界中みんなで反省しなければなりませんよね。3年ぐらい前に書いたものですが →「全員で反省」 

また、ベトナム戦争時の韓国軍の現地女性に対する性暴力で「ライダイハン」と呼ばれる多くの混血児が生まれました。

偽善的な国連や自分の悪行は棚に上げる韓国も腹立たしいけど、一番腹が立つのは自分が原因を作った張本人なのに「大人の対応を」などと他人事のように言い放つ朝日新聞ですね。

.
いつも応援クリックありがとうございます
日本人はもっと怒っていいですよね ⇒ 


.
/////////////////////////////////

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

国内問題を日本のせいにしないでください韓国さん

慰安婦問題に関して日韓合意の新方針を韓国政府が発表しましたが、一昨日、TBS「ニュース23」で、キャスターの星浩(元朝日新聞)氏が、
「政権が変われば国際合意が破棄されるのはよくあることですからね。TPPもそうでしょ。日本政府は文在寅大統領の立場を理解して大人の対応を」
とコメントしていました。

なんてバカなことを言う人だと思っていたら、案の定、ネットでは多くのサイトで問題になっています。

朝日新聞は朝日新聞で、無理無体な韓国の態度に同調するような頓珍漢な社説を書くし。→ http://blogos.com/article/270518/

まあ、そういう人だし、そういう新聞だし・・・と言うのは簡単なんですが、これが地上波の有力報道番組であったり、「格調高い」などと評価されてきた新聞であったりするわけですから、これは日本にとって非常に困った問題なのです。

何も知らずにTBSのニュース番組や朝日新聞の見解に感心する情報弱者たちになんとか目覚めてもらう必要がありますね。

ネット上では活発な意見が氾濫しているし、テレビでもBS放送などではかなり自由な議論が交わされます。

それに比べ反日左翼的思考の放送局に独占された地上波の報道番組のなんとお粗末なことでしょう。

星浩氏や朝日新聞みたいな意見があったっていいんです。何も封殺しようというのではない。

しかしながらテレビは何と言っても最も影響力のあるメディアです。
偏向はいけません敗戦後70年の国民の偏向思想をまともなものに是正することが日本にとってとても大切なことです。


ところで、この慰安婦問題なるもの、韓国が「謝れ謝れ」と延々と日本を責め続けているわけですが、そもそも、嘘から始まっていることだということが明らかになっていますよね。

みんな知っていることなのに、どうしてこんなことになってしまうのか、なぜ日本人は怒らないのか。

ネットの中ではみんな怒ってますが、テレビではこの素朴な疑問が投げかけられることはありません。「事実でないことで責められているのに、なぜ日本は証拠を出してきちんと反論しないのか」という極めて真っ当な疑問は決してテレビで大きく取り上げられることはありません。

確信的な左翼はもちろんそういうことは問題にしませんが、その他の情報弱者たる多くの国民はきっとそんなことに関心がないし、なにより自虐史観に囚われたままですから、まさに「悪いことをした日本をいつまでも責め続けてくださって結構です」という考えでも持っているのでしょう。

でも、そんな状態では日本と韓国の関係は良くなるはずがありません。韓国にとっても不幸なことです。

「国同士で約束したことを反故にするなら、こっちとしても考えがある」と、普通の国なら脅しにかかるところでしょうが、まあ、日本という優しく遠慮深い国なら「合意を1ミリも動かすつもりはない」でいいでしょうね。どっちみち困るのはあちらです。

捏造を正すという当然のことをせず、ひたすらへりくだった態度で対応してきた日本政府がようやくここまで成長した、というべきでしょうかねえ。

星浩さんも朝日新聞も確信的反日左翼だから、どんなに批判されても何とも思わないでしょうけど、「思い込まされている善良な国民の皆さん」が気づきさえすれば、日本の敵とも言えるそういった勢力を弱めることができるのです。

ネット上でこんなこと書き連ねていてもネットを見ない人たちには届きにくいのですが、たとえ一人でも二人でもいいから間接的にでも伝わればと、私はブログをやめられないでいます。

.
いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
おかげさまで順位回復しましたヾ(@^∇^@)ノ
 
まともな考え方を取り戻しましょう
    どうかよろしくお願いしますm(_ _)m  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

安倍首相に御執心

安倍内閣は、国としてやるべき普通の対策をやっているに過ぎないと思うのですが、まるで悪の権化であるかのように首相を罵る人々がいます。

どこが悪い、などということは最早どうでもよく、ただ安倍晋三という個人が嫌いなために批判にも値しないことを屁理屈つけて騒いでいるだけなのは明らかです。

おそらく、顔が嫌いとか喋り方が嫌いとか、その程度のことではないでしょうかね。だって他に理由が見当たらないから。

私も別に安倍首相のファンでもないし、どんな人格なのか個人的な付き合いがないので良く知りません。

しかし、国のトップとしてやるべきことを何とか進めようと努力していることはわかるし、私心がなく、利益誘導などということにはおそらく最も遠いところにいる人ではないかということは感じます。

安倍総理批判をする人は、今までを振り返って、自分がいったい何を批判してきたのか、わからなくなっているのではないでしょうか。

嫌いだから嫌い、という駄々っ子のような無体なものであることに気がつくことはこれからもないでしょう。イヤなものはイヤ。嫌いなの、アタシ、もうお願いだからあっちへ行って・・・・って、粘着してるのは自分のほうなのにそれにも気づかない。

元官僚の天木直人氏の関心事はもっぱら安倍総理です。
穏やかな紳士然とした風貌ながら、自身のブログにはほとんど安倍総理の悪口しか書きません。こんな具合です。→「世界からみれば眼中にない安倍首相」  この後も一生懸命首相の悪口を書き続けていらっしゃいます。

この粘着性はほとんど病気と言っていいのではないでしょうか。
.
しかし、偏狭な左翼の人って、どうしてこう一見感じ良く見える人が多いのか。いつも思います。→ 「感じ良く盛り上げて」  「ロマンスグレーに気をつけろ」 

.
ところで、お正月に北野たけしの番組に安倍総理が出演し、かなり面白かったという評判を聞いてyoutubeで一部見てみました。

たしかに場を盛り上げる話術に長けていて、人への気遣いも細やかです。その場にいたタレントたちも好感を持ったようです。

以前の「ワイドナショー」への出演も成功だったと思います。

こうやってくだけた番組にもたまには出演してお喋りをするのも、危険な人物ではないことを分かってもらう効果があっていいんじゃないでしょうか。

首相と親し気に笑い合うタレントたちを「安倍ヨイショ芸人」などと憎々し気に批判する人もいますが、気にすることはありません。安倍政権が悪い政権などではないということは、まともな国民なら理解していますから。

.
毎日書かないと順位も落ちてきますね
    どうかよろしくお願いしますm(_ _)m   ⇒ 



.
//////////////////////////////

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

謹賀新年

新年の一般参賀には毎年多くの人々が皇居に参集します。

今年は平成で最多の12万6720人が集まったそうです。

この寒い中、天皇陛下の新年のお言葉にじっと聞き入り、「万歳」を唱え、手を振り、日の丸の旗を振る。

その光景をテレビで見るだけの私ですが、やはり日本には天皇が必要なのだと感じました。

2009年の天皇誕生日にこんな思いを書きました。→「埋火」 

社会生活を送っていく中で、日本人がいつも天皇の存在を意識しているわけではないし、日本国の中心といえば中心なのかもしれないけれど、天皇が政治や社会に影響力を及ぼすこともありません。

それなのに、いつも静かにそこに存在し、事あるごとの温かい励ましに我々日本人は「ありがたさ」と「希望」を感じるのです。

普段はその存在を感じていなくても、いざという時には、「ああ、ここにあった。よかった」と安心する「埋み火」に喩えてはみましたが、「権力」でなく「権威」というものの力強さはやはり何かに喩えることはできないのかもしれません。

日本という国や国民がこのように育ってきたのは、この「天皇制」が故だと考えると、なくしてはならない大切なものだろうなあ、とは思います。

一方で、こんな理不尽なこともないだろうという考えもあります。

自由と平等を絶対価値とする現代社会でこのような制度を維持しようということに無理があるのではないかと考える人々も少なくないことでしょう。

けれども、2000年以上も続いてきた天皇家とその権威が、日本という特殊で不思議で愛らしい国を作り上げてきた原動力ではなかったかと、年齢を重ねるにしたがってそう気づく人もまた少なくないのです。

新年にあたり皇室の弥栄を祈念いたします。

.
いつも応援ありがとうございます
   よろしくお願いいたします  → 

.
//////////////////////////////////

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »