« 普通になろうよ | トップページ | 多摩川入水 »

2018年1月19日 (金)

河野太郎外務大臣

河野外務大臣のカナダのバンクーバーでの北朝鮮に関する外相会合での演説が非常に力強い。
流暢な英語で、日本の意志がはっきりと世界に伝わったんじゃないでしょうか。

韓国に対しては「慰安婦日韓合意を覆すことは断じて受け入れられない」、また「竹島は日本固有の領土」とも、はっきり言ってくれました。

あの「中国・韓国にとって都合の良い河野洋平」の息子だから、両国とも最初はとても期待したようですが、残念でしたぁ。

しかしまあ、こういう大臣が出てきたのも、日本の政治家が外交・防衛面で正論を言いやすい環境になってきた、つまり、日本人が戦後初めて正気を取り戻しつつある時代がやってきたということですね。

以前は、そういう毅然とした態度をなかなか取れませんでした。
中国や韓国を刺激してはならないと、国民もそう思ってましたからね。

安倍首相が誕生したのも、安倍政権支持率が比較的高く安定しているのも、日本人が変わってきた(洗脳から目覚めた)ということの証左でしょう。
つまるところ、厄介な周辺国に対して「事なかれ主義でない政権」がやっとできた、ということですかね。

河野外相と韓国の康外相は朝食を取りながら通訳なしの1対1で会談を行ったそうです。

同日の外相全体会合の終わった後なのか、河野外相が康外相を正面からじっと見据え、康外相のほうはその視線を避けるようにうつむいている写真が産経新聞に載っていました。

偶然のスナップショットでしょうが、日本と韓国の今の関係を象徴的に表しているようでなかなか面白い構図でした。

河野さん、立派な総理候補ですね。

余談ですが、誰かに似てると思ったら、手塚治虫の漫画のキャラクター、アセチレン・ランプでした。

ランプ氏が「良い人」を演じることはほとんどなく、だいたいが悪人ですが、したたかな交渉を要求される外務大臣は良い人でなくてもいい。河野さんの意志の強そうな面構え、頼もしいです。

.
いつも応援クリックありがとうございます
             よろしくお願いします ⇒  


.
/////////////////////////////////

.

|

« 普通になろうよ | トップページ | 多摩川入水 »

コメント

河野太郎外相がアセチレンランプに激似と、私も常々思ってました。それで、河野太郎外相とアセチレンランプとをキーワードに入力したら、貴ブログが真っ先にヒットしました。
河野外相の口をグッと引き締めた横顔の頭に、炎揺らぐローソクを立ててみたくなりました。
有り難うございます。我々は同志であります!

投稿: ラーメンマン | 2018年1月31日 (水) 00時07分

★ラーメンマンさん

こんな老婆の賤家をお訪ね下さいましてありがとうございます。
「そう!それそれ!」と共感できる意見に出会うのは本当に嬉しいものですね。

>炎揺らぐローソクを

そのうちそういうコラージュでも出てくるかもしれませんねhappy01

投稿: robita | 2018年1月31日 (水) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/72727974

この記事へのトラックバック一覧です: 河野太郎外務大臣:

« 普通になろうよ | トップページ | 多摩川入水 »