« 安倍首相に御執心 | トップページ | 間違った結び目、だってさ »

2018年1月12日 (金)

国内問題を日本のせいにしないでください韓国さん

慰安婦問題に関して日韓合意の新方針を韓国政府が発表しましたが、一昨日、TBS「ニュース23」で、キャスターの星浩(元朝日新聞)氏が、
「政権が変われば国際合意が破棄されるのはよくあることですからね。TPPもそうでしょ。日本政府は文在寅大統領の立場を理解して大人の対応を」
とコメントしていました。

なんてバカなことを言う人だと思っていたら、案の定、ネットでは多くのサイトで問題になっています。

朝日新聞は朝日新聞で、無理無体な韓国の態度に同調するような頓珍漢な社説を書くし。→ http://blogos.com/article/270518/

まあ、そういう人だし、そういう新聞だし・・・と言うのは簡単なんですが、これが地上波の有力報道番組であったり、「格調高い」などと評価されてきた新聞であったりするわけですから、これは日本にとって非常に困った問題なのです。

何も知らずにTBSのニュース番組や朝日新聞の見解に感心する情報弱者たちになんとか目覚めてもらう必要がありますね。

ネット上では活発な意見が氾濫しているし、テレビでもBS放送などではかなり自由な議論が交わされます。

それに比べ反日左翼的思考の放送局に独占された地上波の報道番組のなんとお粗末なことでしょう。

星浩氏や朝日新聞みたいな意見があったっていいんです。何も封殺しようというのではない。

しかしながらテレビは何と言っても最も影響力のあるメディアです。
偏向はいけません敗戦後70年の国民の偏向思想をまともなものに是正することが日本にとってとても大切なことです。


ところで、この慰安婦問題なるもの、韓国が「謝れ謝れ」と延々と日本を責め続けているわけですが、そもそも、嘘から始まっていることだということが明らかになっていますよね。

みんな知っていることなのに、どうしてこんなことになってしまうのか、なぜ日本人は怒らないのか。

ネットの中ではみんな怒ってますが、テレビではこの素朴な疑問が投げかけられることはありません。「事実でないことで責められているのに、なぜ日本は証拠を出してきちんと反論しないのか」という極めて真っ当な疑問は決してテレビで大きく取り上げられることはありません。

確信的な左翼はもちろんそういうことは問題にしませんが、その他の情報弱者たる多くの国民はきっとそんなことに関心がないし、なにより自虐史観に囚われたままですから、まさに「悪いことをした日本をいつまでも責め続けてくださって結構です」という考えでも持っているのでしょう。

でも、そんな状態では日本と韓国の関係は良くなるはずがありません。韓国にとっても不幸なことです。

「国同士で約束したことを反故にするなら、こっちとしても考えがある」と、普通の国なら脅しにかかるところでしょうが、まあ、日本という優しく遠慮深い国なら「合意を1ミリも動かすつもりはない」でいいでしょうね。どっちみち困るのはあちらです。

捏造を正すという当然のことをせず、ひたすらへりくだった態度で対応してきた日本政府がようやくここまで成長した、というべきでしょうかねえ。

星浩さんも朝日新聞も確信的反日左翼だから、どんなに批判されても何とも思わないでしょうけど、「思い込まされている善良な国民の皆さん」が気づきさえすれば、日本の敵とも言えるそういった勢力を弱めることができるのです。

ネット上でこんなこと書き連ねていてもネットを見ない人たちには届きにくいのですが、たとえ一人でも二人でもいいから間接的にでも伝わればと、私はブログをやめられないでいます。

.
いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
おかげさまで順位回復しましたヾ(@^∇^@)ノ
 
まともな考え方を取り戻しましょう
    どうかよろしくお願いしますm(_ _)m  

|

« 安倍首相に御執心 | トップページ | 間違った結び目、だってさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/72673296

この記事へのトラックバック一覧です: 国内問題を日本のせいにしないでください韓国さん:

« 安倍首相に御執心 | トップページ | 間違った結び目、だってさ »