« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月30日 (金)

自由な議論を恐れていては足踏み状態が続くだけ

放送法第4条を撤廃する政府案について、昨日聴いた二つのラジオ番組の論評がまったく逆でした。同時刻に放送しているのですが、このニュースを取り上げる時間が違っていたので両方聴くことができました。

TBSラジオ「デイキャッチ」では評論家山田五郎氏が熱っぽく語ります。
 ≪4条を撤廃して言論の自由度をあげるべきだというけれど、放送局の許認可の権限は総務大臣が握っているのだから、ますます政権に忖度した番組が増えるだけ。≫

山田五郎氏は、見識高く冷静な知性派、ではあるのですが、やっぱりこんな人でも事の本質がわかってないなと思いました。

「ますます政権に忖度」・・・って、今の放送業界って政権に忖度してます? どこにそんな番組があるのか教えてもらいたいものです。

反安倍政権の番組なんかいくらでもあって、言いたい放題じゃないですか。どうしてその現実が見えないんだろうか。

森友や加計問題では疑惑の演出しかしてなくて、反政権勢力に都合の良い報道だけがまかり通っています。

こんな放送業界の現状を打破してくれるのが放送制度改革でしょう。

反日勢力が日本でのさばるその元凶は何かなど、自由に話せる番組ができたら、それは日本人が、一つの考え方に流されることなく色々考えてみることにつながるので、決して悪いことだとは思えません。

極右の番組が出現するんじゃないか、なんて心配してる人もいますが、現在地上波で堂々と放送されている極左の番組に物申してからそういう心配をしてください。   

一方、ニッポン放送「そこまで言うか」は放送法第4条撤廃に賛成です。
やはり、テレビ、ラジオが左寄りの番組ばかりなのは健全とは言えません。
しかし、「そこまで言うか」は昨日で終わってしまいました。公平な言論が聴ける番組だったのに残念です。

ところで、右翼とか左翼とかの言い方についてですが、すでにその分け方は適切ではなくなっているのにも関わらず、他に適当な表現が見つからないもので、多くの人が「右」「左」と便宜的に使い続けています。

以前からこういう分け方をしたらどうだろう、などと提案する人もいました。→「健全な野党」 
けれども「誠実な人」「不誠実な人」という呼称ではあまりに漠然とし過ぎて議論の中では使えません。

作家の門田隆将氏の指摘は頷けます。→ http://blogos.com/article/286967/

「リアリスト」と「ドリーマー」。

どんぴしゃ、とも言えないかもしれませんが、他に何か良い呼び方ありますでしょうか。

.
いつも応援ありがとうございます
    よろしくお願いします ⇒  



.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

国会喚問の中継の残酷さ

佐川前理財局長の証人喚問がありましたが、予想通り、「怪しさの印象づけ」以外何の意味もなかったようです。

野党は相変わらず「疑惑は深まった。真相究明を!」と言い続けていますが、これからどうするんですかねえ。

国民のほとんどは「もういい加減にやめたら?」と思ってるんじゃないでしょうか。

結局、おおかたの人が考えているように;
≪安倍首相が「森友学園の土地取得に関わっていたとしたら総理大臣も議員も辞める」と言ったために、役人が慌てて文書の総理夫人の名前が記載してある部分その他を削除した。≫

それだけのことじゃないんでしょうか。

国民のほとんどはもうこんなことに興味がないと思いますよ。
一部の「アベガー」の方々が国民の代表みたいな顔して騒いでいるだけなんじゃないですか。

土地の売買については大阪地検が調べてるのですから、真相はいずれわかるでしょう。国会はもっと重要な問題に一所懸命になってくださいよ。

立憲民主党の福山哲郎氏が「我々だってこんなことやりたくないのに、一年もつき合わされて・・」なんて言ってました。

安倍おろしに絶好の材料が見つかってハイになってたくせに、なんちゅう言い方かと思いますが、たしかに、首相サイドの初動対応がまずかったからマスコミや野党に付け入られ、こんなに長引くことになったのでしょうねえ。

学習して今後よくよく気をつけてください。

.
いつも応援ありがとうございます

   よろしくお願いいたします ⇒ 



.
//////////////////////////

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

放送の中立性って・・・

野党6党が、拘置されている籠池氏に面会に行って話を聞くんだそうです。

テレビのコメンテーターで「詐欺を働いた疑いが濃厚な籠池さんに、いったい何を聞くんでしょうね。嘘つく可能性が高いのに」と疑問を呈する人はいないみたいですね。

テレビって本当に不自由な空間だと思います。

放送法では「政治的公平性の遵守」が定められていますが、「中立・公平」を装って実はそうではなく、左寄りの偏向報道や意見がずっと多いのです。

既存の大手放送会社が電波を独占しているため、政治に対する公平な見方はなかなか国民に伝わりません。

多様な報道や見解を広く国民に知らせるため、新規参入を認めるべく、「電波オークション」も必要と言われるのはそのためです。
政府がそこまで考えているのかどうかわかりませんが、現在の「放送の政治的公平」の条項を撤廃する方針ではあるようです。

「公平性をなくす」だなんて、何だか悪いことのような印象を受けてしまいますが、今のような反政権で埋め尽くされているような状態を「公平」などとして許していては、本当のことは国民に知らされないのと同じことです。

森友・加計問題なども、自由に発信できる放送局があって、なかなか報道されない事実や異論がきちんと紹介できるようになっていれば、こんなに長引かなかったのではないでしょうか。

政府が放送制度改革をしようとしていることに危機感を感じる、という記事です。 →≪テレビ報道が激変するかという緊急事態なのにニュースで伝えないテレビ各局≫
 
アメリカのように放送から政治的公平性をなくせば、「特定の党派色をむき出しにした番組が放送されかねない」「放送というメディアが大きく変質しかねない事態」と、筆者は心配しているようですが、現在のような状態が続くなら、マスコミを一度かきまわして再生させたほうが国のためになるのではないかと思います。

「この森友問題追及のしつこさは、朝日新聞と野党が仕組んだ倒閣運動ではないでしょうか。経済でも外交でも非常によくやっている安倍首相を辞めさせることになぜそんなに執着しているのか、意図は何でしょうか」なんて発言するコメンテーターが地上波に現れたらなかなかの見ものでしょう。

.
いつも応援ありがとうございます

      よろしくお願いします ⇒ 



.
/////////////////////////////

.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

どいつもこいつも

文部科学省の前事務次官の前川喜平氏が、名古屋の中学校で講師として話をしたというのですが、その内容などについて自民党の議員が文科省に照会したことがニュースになっています。→ https://mainichi.jp/articles/20180320/k00/00m/040/170000c

役所へのこういった問い合わせというのは政治家の仕事の一つで圧力ではない、と赤池誠章議員は話していますが、今こんなことしたら圧力だと言われるのがわからないのでしょうか。

たしかに前川氏は左翼活動家的な側面もあって安倍政権を敵視しているし、禁止されている天下り斡旋で辞任とか出会い系バー通いとかの行動が問題になった人です。
おかしな人だと私も思いますが、野党やマスコミ界では前川さんは正義の味方ということになっているので、自民党議員がそういうことしたら「公権力による検閲だ!」などと大騒ぎされてしまいます。

政権よりマスコミのほうがある意味強いんですよ。それを理解しないといけない。

前川氏を講師として呼んだ学校は「そういう学校」なんでしょう。勝手にやらせておけばいいじゃないですか。

地域の大人たち(保護者)がそれを疑問に思ったなら、彼ら自身が問い合わせなり抗議なりするでしょう。

また、和田政宗自民党参議院議員も森友問題集中審議で財務官僚に対して「安倍政権を貶めるため変な答弁したのではないか」などと野党並みの質問するし。
政権を支えているつもりなんでしょうけど、かえって足を引っ張っているのだと気づくべきです。

こんな調子だから、まともな人まで「右翼」だ「ネトウヨ」だなんて変な目で見られてしまうんですよ。

赤池議員や和田議員の記事は時々BLOGOSに載せられ、保守の考え方として共感することが多いので「支持ボタン」を押すこともあるのですが、もう押してやんない。

.
 いつも応援ありがとうございます
         よろしくお願いします ⇒ 


.
//////////////////////////////////

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

既得権を死守する人々

日本のマスコミが左方向に偏向しているのはもう常識・・・と言いたいところですが、国民の3分の一以上はまだそのことに気づいていないんじゃないかと思います。だって最も影響力の強い地上波テレビは左派マスコミに独占されていますから。

「ニュース番組などが政権からの圧力に怯えている」、などという言い方が左翼ジャーナリスト等によってされますが、実際に圧力などないということは、彼らの左翼スタンスがまったく変わらないどころか、このところますます過激になっていることからもわかります。

一方で、どこから圧力がかかっているのか知りませんが、まともな番組(左翼に言わせると政権ヨイショ番組)が何故か終わっていく今日この頃。→「左翼の巻き返しが怖い」 

そんな中、地上波が特定企業に独占され固定されている現状に政府が手を入れるようです。→ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000075-san-soci

新規参入ができるようにし、今のように放送法第4条に縛られることなく、自由に番組作りができるようになればテレビは変わるということはずいぶん前から言われています。

例えば、森友問題で、昭恵夫人付きの女性職員が案件について財務省に問い合わせたことをもって、テレビでは「昭恵夫人が土地取引に関与しているのは明らか」などと疑惑を盛り上げますが、『議員や秘書が知人などに依頼されて「あの件はどうなっているか」と役所の担当者に問い合わせることなど珍しくはないし違法でもない。なぜそれをそんなに問題視するのか』と自由に発言できる番組が地上波でできれば、国民の理解ももっと多方向に広がっていくのではないでしょうか。

その他、加計問題での愛媛県前知事加戸氏の国会証言、反基地活動の実態、反原発運動の不都合な真実、・・・数え上げればいくらでもありますが、要するに地上波テレビが隠したがる真実のあれこれを放送できる自由なテレビ局がいくつもできれば、視聴者は選択ができます。

地上波がそういった自由な言語空間になることは特定の勢力にとって都合が悪いようです。

経済学者の高橋洋一氏が放送利権についてわかりやすく説明しています。 → http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49808

既得権を守る側の議員(大串博志氏)などはこういう言い方をします。→「現在の民放の報道姿勢に圧力をかけようとしている?」 
さすがに断言はせず、「?」マークをつけてはいますが、印象操作ですね。

「こんな前近代的な圧力が存在する日本では絶対にあって欲しくない、と私は思います。」
ですって。特定勢力が地上波を独占している状態のほうが前近代的だと思うのですけどねえ。

左偏向一辺倒の現状を維持しようとするのが「守旧派」である野党であり、改革をしようとしているのが安倍政権である、という事実が多くの国民にわからないようになっているのが今のテレビ業界の実情ということになります。

憲法改正より放送制度改革を先にやったほうが「急がば回れ」で良いかもしれません。
.
今日の「ワイドナショー」(フジTV)での、ゲストの立川志らく師匠の意見には少し驚きました。

時々TBSの「ひるおび」でコメントしているのを見るのですが、左へならえのつまらないこと言う人だなあ、と思っていました。

ところが、「ワイドナショー」では本音が言えるのか、とても面白かった。そのうちネットに載るんじゃないでしょうか。

この番組もどこかからの圧力で終了させられるんじゃないかなあ、と心配です。
負けないで頑張ってください。

.
いつも応援ありがとうございます 
       よろしくお願いします ⇒ 


.
//////////////////////////

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

国会はワイドショーレベルなの?

野党が「森友問題や加計問題の真相解明のためには安倍昭恵夫人と加計理事長の国会証人喚問が欠かせない」と言い続けていますね。
野党の性根の悪さかなあ、と思いながら聞いています。

昭恵さんを喚問するって、いったい何を聞くんでしょうね。

土地取引に関与しましたか、と聞けば、いいえ関与していません、と答えるだけでしょうに。

真相解明のために野党が証人喚問を要求しているとは思えません。

意図するところはつるし上げでしょう。イジメでしょう。

おそらく意地悪な質問、答えにくい質問をして追い詰め、そういう場に慣れていない人が言葉に詰まったり、とんちんかんなことを言ってしまったりするのを国民に見せて、安倍政権のイメージダウンを狙った政治ショーをやろうとしているのでしょう。

第一次安倍政権の時も、野党は同様の手法で政権を攻撃していました。→ 「稲田、出てこい」 

「そんな攻め方しかできないから支持を得られないんだ」というまともな国民の声はあちこちで上がっていると思うのですが、野党には全然聞こえないようですね。

求む、健全な野党。

.
  いつも応援ありがとうございます
           よろしくお願いします ⇒ 


.
//////////////////////////////////

.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

国民の敵は誰なのか

戦後、日本社会を牛耳っていた左翼がやっと力を失ってきたと思っていたのに、森友問題が再燃し、もしこれが安倍首相退陣につながったら、元の木阿弥になってしまうかと思うと、腹が立って仕方がありません。

テレ朝「モーニングショー」では、反安倍の青木理氏や玉川徹氏らが勢いづいて生き生きとコメントを繰り出していました。いかにも「日本を憂えている」といったふうな深刻そうな表情はしていますが、朝日新聞のスクープが功を奏して政権が窮地に陥っているので内心嬉しくて仕方がないんじゃないでしょうか。

森友問題についてはどのテレビも、様々な項目を時系列で並べ事細かに解説やら推測やら分析をやっているようですが、そもそもこの問題の根本にあるのは何でしょうか。

ひとことで言えば、「戦後左翼思想」と「反戦後左翼思想」の戦いでしょう。

安倍政権打倒に命を賭けるマスコミ(主に朝日新聞)の報道とそれに乗っかった野党の猛攻でこじれさせた結果、土地売買に何ら関わっていない安倍首相がいかにも悪だくみをしたような印象が作り上げられてしまっただけだと思います。


安倍首相は戦後左翼思想からの脱却のために教育がとても大事だと考えている人です。

極端な自虐史観を是正する教育は必要です。多くの人が安倍政権を応援する理由の一つはそこです。

日本の教育界はまだまだ左翼に席巻されています。学校の先生も「9条を改正すると軍国主義になる」などと言う人がまだまだ多いのです。その中には確信的な人もいれば、無知ゆえ流されているだけの人もいます。

そんな中、国の誇りを取り戻す教育をする学校ができることに保守派は一筋の光明を見た思いがしたのではないでしょうか。
この学校を応援したい、保守政治家たちがそう思ったのは自然なことだったと思います。
教育方針に共感してその学校を首相が応援する気持ちを持ったとしても別に悪いことではありません。

しかし、具体的な教育内容を詳しく把握しないまま、また、理事長がどのような人物であるかきちんと把握しないまま森友学園に関わったのは迂闊だったと認めざるを得ないでしょう。→「まだやるの?」 

安倍首相夫妻や籠池氏と関わった他の保守政治家(鴻池氏等)は、この点を正直に語れば済むことだったのではないでしょうか。

今となっては仕方がない。首相側の初動対応がまずかったために財務省も嘘をつかなければならなくなったのでしょうから気の毒と言えば気の毒です。

マスコミは安倍政権のほころびを見つけることに必死で、常に虎視眈々と狙っています。ほころびを見つけたら、やたら巧妙なテクニックでそれを押し広げて政権打倒へと邁進する。そんなことわかってるじゃないですか。

なぜもっと思慮深く対処しなかったのか。本当に残念です。

まあ、当初は首相も軽く考えていたのでしょうね。それに北朝鮮問題など内外の難問に忙殺されていてそれどころではなかったのかもしれません。

しかし、内なる敵は執拗でした。

安倍首相の3選は難しくなりそうです。

経済も外交も成果の出ている安倍氏が退陣したら誰が首相になるのか、景気や外交がどうなるのかはわかりません。

安倍晋三という「右翼」がいなくなればそれだけで左翼勢力は満足なんでしょう。

憲法改正について具体的な言及をし、日本を取り戻そうとはっきり言ってくれた、戦後初めての総理大臣をみんなで寄ってたかって潰そうとしている。

国会前ではまた例の人たちが集まって「安倍辞めろ」のプラカードを持って騒いでいます。ばかばかしい。

.
 いつも応援ありがとうございます 
      よろしくお願いします ⇒ 


.
関連記事:「内助の功」 
      
            「台無しにしないで」   


.
/////////////////////////////////

.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

思い出して忘れる

生きていれば誰でも、悲しいこと辛いことを一度ぐらいは経験していると思います。

辛いから思い出したくない、忘れたい、と言う人もいるでしょうし、その体験を忘れないために事あるごとに思い出すことが大事だと考える人や、人に話すことで癒し効果を実感する人もいるでしょう。

どんなに時間がたってもあの苦しみを忘れることはできないという言葉はよく聞くけれど、時間が経てば悲しみ苦しみは少しずつ緩和されていくものです。
そうでなければ人は生きていくことはできませんから。

産経新聞「正論」 →「思い出を育てて生きる大切さ」 
加藤尚武

≪日本人の心の中には、帰ることのない身内の人の思い出は、それが悲しみを引き起こすことがあっても、その思い出をいつまでも蘇(よみがえ)らせながら、その思い出のもたらす苦しみが和らいでいくなりゆきを、静かに受け止めるという心情があるに違いない。いわば思い出を育てて生きる。≫

失ったものばかりじゃない、「思い出を育てる」という未来もある___人間にはそう考える力が備わっているから、生きていけるのですね。

.
 よろしければ ⇒ 


.
/////////////////////////////

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 7日 (水)

高麗連邦共和国

北朝鮮を訪れて金正恩委員長と会談した韓国の特使団が帰国し、会見で次のように報告しました。

「軍事的脅威がなく体制が保障されれば、核開発計画の必要はないと北朝鮮が表明した」
「北朝鮮は非核化や関係正常化に向け米国と対話する意向があることも表明した」

北朝鮮はいつもこのように同じことを言っては、時間稼ぎと制裁解除に成功し体制延命を図ってきました。

韓国の文政権は、金正恩委員長の「国家再統一を積極的に進め、新たな歴史を刻む断固とした意志を持つ」という言葉に、統一への期待を膨らませているのでしょう。

しかし、統一すると言ったって、具体的にどうするんでしょうかね。

ちょっと考えればわかることですが、金一族の独裁体制の国と、変な国とはいえ一応自由と民主主義を採用している韓国とが一つになるなんて不可能じゃないでしょうか。

具体的な方法としてはだいたい次の三つが考えられます。

①北朝鮮の現在の指導層を一掃する
  
  どうやってやるのかわかりません。

②とりあえず一国二制度から始める
  
  交流が進んで北朝鮮人民が韓国の実態を知れば、自分たちは騙されていたということに気づくのは必至で、そうなれば金一族に恨みの矛先が向かいます。
  一国二制度を実現するためには北朝鮮人民の思想統制と隔離が必然となり、結局は今までと同じことになります。

③韓国が北朝鮮に完全吸収される
  
  まあこれが最も説明がつきやすいでしょう。
  文大統領は北と一緒になって朝鮮半島を理想の社会主義体制にしようとしていると考えられます。
  韓国民が納得するかどうか知りませんが。
.

文在寅大統領が嬉しそうに北朝鮮に接近しているのを見て、韓国の国民は何を思うのだろう。ああいう人を大統領に選んで、いったい南北統一について真面目に考えているのだろうかと不思議になります。

日本にとっては、すぐ隣に核兵器を持った反日社会主義国家ができるという、とても困った状態になります。

ここで、素人なりに考えてみますと;

文大統領としては、「統一しさえすれば、民主主義を知っている韓国民と、民主主義を知ることになる北朝鮮人民は独裁者を許さないだろうから、自然な流れとして金王族一派は民衆の力で排除されるだろう」と目論んでいるのかもしれません。

金大中、廬武鉉から続く文在寅氏の目指す理想国家がうまくいくのかどうかはわかりません。

うまくいけばそれは良いことだし、うまくいかなければ「やっぱり統一は間違っていた」ということになるだろうし、国は混迷を極めるでしょう。

そうなれば朝鮮半島は中国に飲み込まれます。

日本にとってはそれは脅威ですが、対中国のアジアの安全保障について国民が真剣に向き合うきっかけとなるんじゃないでしょうか。南北統一国家が瓦解した時に起こる混乱が日本に与える影響は心配ですが。

左翼の人々は、そんな恐ろしい事態になるくらいだったら「対中国」などと突っ張らずにさっさと中国の傘下に入ったほうがずっと安全だ、と思うかもしれませんね。

けれども、アメリカとしてはアジアの大事な拠点である日本を絶対に自分の陣営から手離さないでしょうから、米中の緊張状態はずっと続くでしょう。

緊張状態といっても、国際社会からみれば、中国が一方的に日本を侵略しようと行動しているのが明らかですから、中国は時々ちょっかいを出す以上のことはできないでしょうね。

日本は日米同盟を頼りにしつつ、自立的防衛を強化する(石垣島への陸上自衛隊配備等)ことが大事でしょう。

.
こう考えてくると、朝鮮半島が統一され、一つの社会主義国家が出来上がるとしても、長い目で見れば、それでいいような気もします。

韓国のやりたいようにやらせてあげれば?


.
いつも応援ありがとうございます
      よろしくお願いします ⇒  


.
////////////////////////////////////

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

侵略的外来種なんかに負けるもんか

「日本の心を歌う集い」という民間主催のイベントで「海ゆかば」が歌われる予定だというので、毎年後援してきた八千代市教委が、今回は後援を見送ることを決めたそうです。

ああまたか、「一部の市民」の圧力。→ http://www.sankei.com/life/news/180302/lif1803020001-n1.html

「軍歌」だ、いや「鎮魂歌」だとか、そんな論争はさておいて、万葉集から採られた詞に胸を打つ美しい旋律
これを日本の名曲として永遠に残したいと思う人のほうがずっと多いのではないでしょうか。誰も戦争賛美などしません。

「海ゆかば」もその他の軍歌も一切抹殺する、というのがこの「一部の市民」の目的なんでしょう。

戦争中に生まれた文化芸術作品をいっさい葬り去るとなると、歴史はスカスカになります。何も第二次世界大戦ばかりでなく、人類の歴史は戦争の歴史なんですから。

一国の歴史というものは、良いことも悪いことも、政治や文化の記録も全部含めて残すものですよ。まして「海ゆかば」のような美しい音楽は大切に歌い継ぎたいものです。

それがわからない、通じないというのは、偏狭というより、あの世界大戦を戦った日本に対する何らかの邪悪な意図があってのことでしょう。

こういう特殊な「市民」は少数なんでしょうけど、なんか圧力がすごいんですよねえ。

日本在来種は繊細でひそやかで、外来種に駆逐されやすいのでしっかりしないと。

.
いつも応援ありがとうございます
     よろしくお願いします ⇒ 

.

関連記事: 「海ゆかば」 

.
////////////////////////////

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

大人の大統領が選ばれる日がいつか来るでしょうか

韓国の文在寅大統領が「三・一独立運動」の記念式典で演説し、慰安婦問題について「日本は加害者として、『終わった』と言うべきではない」と述べました。→ 「従軍慰安婦問題、日本は解決したと宣言する立場にない=韓国大統領」  

慰安婦合意というのは、ヒステリックな韓国世論に配慮して日本が譲歩した形だったわけですが、それでも許さないという態度を韓国が取るなら、今度こそ「よし、それじゃあ、真実を追究しようじゃないか」とでも言いたくなりますね。


日本のイルカ漁を一方的に批判するアメリカのドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」に対し、日本の八木景子監督が制作した「ビハインド・ザ・コーヴ」が国際映画祭ドキュメンタリー部門で最優秀監督賞を受賞しました。→ http://blogos.com/article/280577/

「観た方のほとんどは日本側の意見を聞いたことがなく、今まで自分たちが聞いてきたこととは違う新しい知識を得られたということが高く評価された」と八木監督は言っています。

どんな映画なのか見ていないからわかりませんが、優秀賞ということはよくできた作品で説得力もあるのでしょう。


慰安婦問題も、日本が事を穏便に済まそうとしてきちんと反論しないからこんな事態を招いているのですから、やっぱり逃げずに世界に向かって「事実はこうです」とはっきり言うべきじゃないかなと思いました。

韓国に論戦を挑んでも逆上して議論にならないでしょうから、「ビハインド・ザ・コーヴ」のように、特定の相手に対して抗議するのでなく、国際社会の中で理解を得られるよう努力をする方が効果的じゃないでしょうか。

世界の人々にわかってもらえれば、「おかしなことを言っているのは韓国」という認識がもっと広がるでしょう。今でさえ韓国の幼児性というのは周知されつつありますから、日本はいちいち韓国の態度に腹を立てる必要がなくなります。

元駐韓大使の武藤正敏氏が「今はこういう政権なので日韓関係は悪いけれど、きっとまた良くなる時がきます」と言っていましたが、韓国の良識的な国民が良識的な大統領を選べる時が来ることを期待しましょう。

それまでは韓国の大統領が何を言おうが無視でいいでしょう。

「日韓の慰安婦問題というのは朝日新聞の嘘の記事がいつのまにか大きく膨らんで収拾がつかなくなっただけのことだ」という事実だけを国際社会に発信し続けるだけでいいと思います。

.
いつも応援ありがとうございます
     よろしくお願いします → 


.
///////////////////////////////

.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »