« 70歳の私が覚えていること | トップページ | 侵略的外来種なんかに負けるもんか »

2018年3月 3日 (土)

大人の大統領が選ばれる日がいつか来るでしょうか

韓国の文在寅大統領が「三・一独立運動」の記念式典で演説し、慰安婦問題について「日本は加害者として、『終わった』と言うべきではない」と述べました。→ 「従軍慰安婦問題、日本は解決したと宣言する立場にない=韓国大統領」  

慰安婦合意というのは、ヒステリックな韓国世論に配慮して日本が譲歩した形だったわけですが、それでも許さないという態度を韓国が取るなら、今度こそ「よし、それじゃあ、真実を追究しようじゃないか」とでも言いたくなりますね。


日本のイルカ漁を一方的に批判するアメリカのドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」に対し、日本の八木景子監督が制作した「ビハインド・ザ・コーヴ」が国際映画祭ドキュメンタリー部門で最優秀監督賞を受賞しました。→ http://blogos.com/article/280577/

「観た方のほとんどは日本側の意見を聞いたことがなく、今まで自分たちが聞いてきたこととは違う新しい知識を得られたということが高く評価された」と八木監督は言っています。

どんな映画なのか見ていないからわかりませんが、優秀賞ということはよくできた作品で説得力もあるのでしょう。


慰安婦問題も、日本が事を穏便に済まそうとしてきちんと反論しないからこんな事態を招いているのですから、やっぱり逃げずに世界に向かって「事実はこうです」とはっきり言うべきじゃないかなと思いました。

韓国に論戦を挑んでも逆上して議論にならないでしょうから、「ビハインド・ザ・コーヴ」のように、特定の相手に対して抗議するのでなく、国際社会の中で理解を得られるよう努力をする方が効果的じゃないでしょうか。

世界の人々にわかってもらえれば、「おかしなことを言っているのは韓国」という認識がもっと広がるでしょう。今でさえ韓国の幼児性というのは周知されつつありますから、日本はいちいち韓国の態度に腹を立てる必要がなくなります。

元駐韓大使の武藤正敏氏が「今はこういう政権なので日韓関係は悪いけれど、きっとまた良くなる時がきます」と言っていましたが、韓国の良識的な国民が良識的な大統領を選べる時が来ることを期待しましょう。

それまでは韓国の大統領が何を言おうが無視でいいでしょう。

「日韓の慰安婦問題というのは朝日新聞の嘘の記事がいつのまにか大きく膨らんで収拾がつかなくなっただけのことだ」という事実だけを国際社会に発信し続けるだけでいいと思います。

.
いつも応援ありがとうございます
     よろしくお願いします → 


.
///////////////////////////////

.

|

« 70歳の私が覚えていること | トップページ | 侵略的外来種なんかに負けるもんか »

コメント

何も言わなくてもわかると言う、日本人の美徳とされていたものは
国内では通用しても、世界では通用しないと言う事です。
日本も日本人ではない人が増えているのか
国内でも通じなくなっていますね。
大事なことは、声に出してきちんと伝えないといけないと言う事です。
それをやっと実行に移したわけですが、遅すぎますよね。
安倍政権だから言えるようになったのでしょうね。
もっとどんどん主張してほしいです。

投稿: FRAU | 2018年3月 3日 (土) 17時14分

お隣は、感情の起伏の激しい国なので
何とかもう少し成熟してほしいものです。
なかなか難しいかもしれません。

投稿: FRAU | 2018年3月 3日 (土) 17時16分

★FRAUさん

韓国では一部の活動家が騒いでいるだけだ、などと言う人もいますが、あのような大統領を国民が選んでいるのですからねえ。
それに反日教育も続けられているようですし。
やっぱり国としておかしいのですね。

言うべきことはちゃんと言う、日本政府がそれをするためには国民の支えが必要だと思います。足を引っ張ってばかりではだめですね。

投稿: robita | 2018年3月 3日 (土) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/73033537

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の大統領が選ばれる日がいつか来るでしょうか:

« 70歳の私が覚えていること | トップページ | 侵略的外来種なんかに負けるもんか »