« 国民の敵は誰なのか | トップページ | 既得権を死守する人々 »

2018年3月16日 (金)

国会はワイドショーレベルなの?

野党が「森友問題や加計問題の真相解明のためには安倍昭恵夫人と加計理事長の国会証人喚問が欠かせない」と言い続けていますね。
野党の性根の悪さかなあ、と思いながら聞いています。

昭恵さんを喚問するって、いったい何を聞くんでしょうね。

土地取引に関与しましたか、と聞けば、いいえ関与していません、と答えるだけでしょうに。

真相解明のために野党が証人喚問を要求しているとは思えません。

意図するところはつるし上げでしょう。イジメでしょう。

おそらく意地悪な質問、答えにくい質問をして追い詰め、そういう場に慣れていない人が言葉に詰まったり、とんちんかんなことを言ってしまったりするのを国民に見せて、安倍政権のイメージダウンを狙った政治ショーをやろうとしているのでしょう。

第一次安倍政権の時も、野党は同様の手法で政権を攻撃していました。→ 「稲田、出てこい」 

「そんな攻め方しかできないから支持を得られないんだ」というまともな国民の声はあちこちで上がっていると思うのですが、野党には全然聞こえないようですね。

求む、健全な野党。

.
  いつも応援ありがとうございます
           よろしくお願いします ⇒ 


.
//////////////////////////////////

.

|

« 国民の敵は誰なのか | トップページ | 既得権を死守する人々 »

コメント

野党の醜さを見せつけられるので、ニュースが見られません。
これが日本の政治家だと思うと、腹が立つからです。
こんなやり取りに一体いつまで、
どれだけの時間と無駄な税金が使われるのでしょう?

話は変わりますが、
今、元ロシアのスパイだった親子が殺されそうになって
イギリスとロシアが睨み合っていますが、

お互い強い軍隊を持っているので、
イギリスの首相がロシアの外交官を国外追放し
ロシアの対応次第では、軍隊でも出すような用意もあると言いました。

それに対して、すわ戦争?と思ったら
プーチンは、避難発言と同じくロシアからイギリスの外交官を追放すると言っただけでした。

それを聞いて、改めて日本にも強い軍隊が必要なのだと思いました。
強い軍隊を持った国が争っても、みんな戦争なんかしたくありません。
でも力の弱い国だったら、ロシアはもっと強硬な仕返しをしたでしょう。

強い軍隊は、つまり強い抑止力になるのだなぁと認識させられた出来事だと思いました。

投稿: FRAU | 2018年3月17日 (土) 06時14分

★FRAUさん

政府が暗殺を指示するらしいロシア、怖い国ですね。
中国も北朝鮮もですけど、独裁国ってこうなんですね。
自国の利益のためになりふり構わないこうした国々が実際に大国として権勢を振るっている世界を知ってか知らずか、「独裁者アベ」などと言って騒いでいる人たちの滑稽さが浮き彫りになります。

仰る通り軍備は防衛力であり抑止力でもあります。
特に日本のように他国侵略の意図がまったくない国の軍備に文句をつけるほうがおかしいんですね。

ところでFRAUさんはブログをやめられたのですか。見当たらないのですが。

投稿: robita | 2018年3月17日 (土) 09時52分

いいえ、私はお邪魔するだけで
ブログやった事は無いのですよ。
同じHNの方でブログされてる方がいらしたのですね?

投稿: FRAU | 2018年3月17日 (土) 13時53分

★FRAUさん

>ブログやった事は無いのですよ<

えっ そうだったのですか。
60代カテゴリにいらしたFRAUさんだとばっかり思っていました。政治的見解も同じようだったもので。
そのつもりでコメントしたこともありました
大変失礼しました。もう一人のFRAUさんにも

投稿: robita | 2018年3月17日 (土) 16時17分

そうなのですね‼️
こちらに伺うようになって(約一年近くでしょうか?)経ちますが、
もう1人のブロガーFRAUさんとは、こちらではお会いしたことはないです。

投稿: FRAU | 2018年3月17日 (土) 16時43分

★FRAUさん

>もう1人のブロガーFRAUさんとは、こちらではお会いしたことはないです<

その方がここに来られたのでなく、私がその方のブログに行ってコメントしました。とても自然な感じでコメント返してくださったので、FRAUさんだと思い込んでいました

投稿: robita | 2018年3月17日 (土) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国会はワイドショーレベルなの?:

« 国民の敵は誰なのか | トップページ | 既得権を死守する人々 »