« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月29日 (日)

独裁者の笑顔と抱擁

南北朝鮮の指導者二人の和気藹々とした対面の様子に、「統一への第一歩」と、左界隈は高揚感に包まれてましたね。

中には、「素晴らしい指導者」だと言わんばかりに金正恩委員長を褒め称えるコメンテーターもいました。宮台真司という人なんですけど。

しかし独裁者金正恩が急に「良い人」になるわけもなく、南北統一を悲願とする文在寅大統領と独裁体制維持が第一の目的である金正恩とが上っ面だけ仲良しを演じているだけというのが本当のところでしょう。

平和を愛する人々が「せっかくの友好ムードに水を差すのか」と言いたい気持ちもわかりますが、我が国の安全のためにも金正恩の思惑やこれから東アジア情勢がどうなっていくのか冷静に分析することは重要です。

もちろん、ひとまず戦争の危機は遠のいたことは歓迎すべきでしょうが、大事なのはこれからのことです。

左派の人々はまた、「日本は蚊帳の外」とか言って例のごとく安倍政権を批判します。

しかし日本はこれまでアメリカと共に北朝鮮に対する厳しい経済制裁を主導してきました。

それが功を奏し、金正恩が友好的な態度で歩み寄ってきたのは事実です。
北朝鮮からしてみれば、ICBMの開発に成功したからアメリカのほうから米朝会談を言い出したと言いたいかもしれませんが、経済的にも軍事的にも危機を感じていなければお構いなしに核開発を続行していたでしょう。
「もうこれ以上核実験しないから攻撃しないでくれ。経済制裁も解除してくれ」ということなんですよね。

北朝鮮が経済制裁に苦しみアメリカの空爆に怯えているところに、北朝鮮シンパの文在寅大統領が手を差し伸べてきた、それが今回の南北朝鮮の会談につながった、つまり日米韓がそれぞれの役割を果たしたということだと思います。

日本は日本にできることをやりましたね。

で、このあとしばらくは日本の出番はないでしょう。
朝鮮戦争に関わった4カ国で戦争終結に向けて話し合うのは当然で、そこに日本が加わらないことを「蚊帳の外」などと自虐に陥る必要はないです。

日本がこれから交渉しなければならないのは拉致問題ですが、まずはアメリカと韓国に対して拉致問題解決に協力をお願いするしかありません。

文大統領は一応日本の立場については金委員長に伝えたようですが、北朝鮮が「解決済み」と言っているからには一筋縄ではいかないでしょう。

日本はアメリカのように軍事力で北朝鮮を脅すことはできず、かといって、莫大なお金と交換に被害者を取り戻すのかといえば、犯罪に対してお金を払うということになってしまいます。

反安倍の人たちは「外交が下手だ」とか「もっとうまくやれ」とか、文句だけ言ってればいいのでお気楽なものですが、具体的にあれこれ考えてみると私のような素人でも、これは大変だろうなあ、ということが想像できます。

人質を取られている以上、外交努力といっても、日本にできることは結局お金を出すことしかないのです。

かくも情けなく可哀想な国、日本。
そんな日本にしてしまった責任の大半は、反安倍派に代表されるような人々にあるんでしょうけどねえ。

.
いつも応援ありがとうございます
       よろしくお願いします ⇒  


.
関連記事: 「高麗連邦共和国」


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

ジャーナリストのお仕事

先日、TBSラジオ「荒川強啓デイキャッチ」で、青木理・北丸雄二、両ジャーナリストが「日本でもやっとMe too運動が動き出した」と言っていました。日本はこういう問題に対する意識が遅れているんだそうです。

また、「外国人向けの観光ガイドブックには『日本では電車に乗ると痴漢に気を付けること』と書いてある」そうで、「もう世界的に『チカン』で通用するんですよね。ほんとうに恥ずかしい」と、日本が破廉恥な国であることを強調し盛り上がっていました。

日本に比べて他の国では「痴漢行為」がとても少ないのかどうか私は知りませんけれど、性犯罪率は他国に比べて日本はとても低いです。表に出ない隠れた件数があるとしても、それは他国にもあるでしょうし、概ね日本の男性は狂暴ではないということは言えるでしょう。

青木氏や北丸氏はどうしても日本を悪い国、恥ずかしい国にしたいらしく、今回の財務次官の不祥事を大袈裟に取り上げて「恥ずかしい恥ずかしい」と嬉しそうに連発します。

そうですか、恥ずかしいですか。そんなに恥ずかしいなら、ジャーナリストとしてすごくいい仕事がありますよ。

世界に広まってしまった慰安婦問題は事実ではないという一文を書いて発信するの。どう?

これこそ、なんとかしないと日本が誤解されたまま定着してしまうというとっても恥ずかしいことになってしまいます。

北丸さんなんか長年ニューヨークで活躍してらっしゃるそうだから、どこかのメディアに書かせてもらったら? せっかく報道の仕事してるんだから。

あ、そういうのはやりたくないんですか。なるほどなるほど。


.
いつも応援ありがとうございます
        よろしくお願いします  ⇒ 


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

エンヤコラ今夜も舟を出す

財務事務次官のセクハラ疑惑に野党の女性議員たちが黒い服を着て財務省に乗り込み、抗議のパフォーマンスをなさいまして、それを見た自民党の長尾敬衆議院議員がよせばいいのに自身のツイッターに「こちらの方々は少なくとも私にとってセクハラとは縁遠い方々です。」と投稿してしまいました。

案の定「この発言こそセクハラだっ」と炎上するはめに。

同じことを思った人多いと思うんです。あ、「セクハラとは縁遠い」のほうね。

思っても内輪だけの話にしておけばいいのになんでわざわざツイッターに投稿するかなあ。

政治家ってネットの言論を見ないのでしょうか。自分では言いたいこと発信するのに、集中攻撃浴びた時以外は人の意見には無関心なようです。

それは野党議員のほうがもっとひどくて、さまざまな人の意見に耳を傾けていれば、あの#MeTooパフォーマンスやその他の行動がネットではどんな風に言われているか気づくと思うのですが。

それよりかねがね不思議に思っているのですが、女性は長尾議員のようなことを平気で言うんですよね。ええ、男性に対して。

女性からの心ない言動に男性も傷ついている事例はたくさんありますが、あまり問題にならないところを見ると、女性が男性をからかったり見下したり蔑んだりして盛り上がることは特権として許されていると、みんなが無意識に認めてしまっているのでしょう。
つまり女性は「守られて当然」だけれど、男性はその必要なし、という合意が暗黙のうちに成立していると思われます。

私はそれでもいいと思いますよ。女性はそもそも弱い存在だというわけなんでしょう?
でもそれなら、男社会の中で、弱い存在なりの生き方がおのずと方向づけられるような気がするのですけど。

人間社会というのは、女性に不利なこともあれば男性に不利なこともある、女性が得をすることもあれば男性が得をすることもある。男女とは元々そういう不条理を寛容に受け止めて補完し合う関係だったと思うのです。

だって男と女ってそもそも同じじゃないんですから。

その性差こそが、互いに魅力となり、惹かれ合うという男女本来の関係を保ってきたんじゃないでしょうか。

しかし今という時代にそんな昔のこと(原則論)を持ち出してみてもあまり意味はなく、野党女性議員の言動に象徴されるヒステリカル且つ息苦しい空気がこれからも世の中を支配し続けるのでしょう。

そんな具合ですから、恋愛も結婚もますます難しくなるでしょうし、少子化が止まることもないでしょう。
.
いつも応援ありがとうございます
       よろしくお願いします ⇒ 


.
関連記事:「男性消滅」
 
       「プロ彼女考」

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

昭和は遠く、また新たな時代へ

昔はエロオヤジにいやらしいことを言われても女性は抗議もできず我慢するしかなかったんだそうですね。(そういうことが頻繁にあったのかどうか私は良く知りませんけれど)

近頃ではそういった迷惑行為は「セクハラ」と呼ばれ、被害女性に共感する女性たちが黒服を身にまとって大挙して抗議の意を表し、加害者の男性は社会的に抹殺されるほどの罰を受けるようになりました。

糾弾されることによって男性のお行儀は良くなっていくのでしょう。
こうして嫌なものが世の中から一掃され、人がより高い品格を身につけることに何の不都合がありましょうや。


ところで、私は昔の人間だからこういうことを思うのかもしれませんけれど、現代女性は昔と違ってとても奔放になりましたよね。

男性と同じように夜遅くまで飲み歩いたり、フリーセックスを誰も咎めだてしなくなりましたし、露出の多い服装で闊歩するようになりました。

それでいてエロオヤジのセクハラにはとてもナイーブ・・・・。

それとこれとは話が違うのでしょうか。さいですか。
「時代々の風習や価値観の違い」と「犯罪的な不愉快発言」とを同列に論じてはいけないのですねそうですね。

一方で、女性の社会進出が当たり前になり男性と同じように活動するようになったので、男性がことさら女性を特別扱いしなくなった、だからいやらしいことも平気で言ってしまう勘違い男も現れるようなったのではないかと思ったりもします。


最近のセクハラ騒動をあれこれ考えておりますと、男女の棲み分けがあった穏やかな昭和に娘時代を過ごした70歳の老婆にはもう何が何だかわからなくなってくるのでございます。

.
いつも応援ありがとうございます
    よろしくお願いいたします ⇒ 


.

.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

偏執的な倒閣運動の罠に気をつけるべし

「決して口に出してはいけないが、言いたい気持ちは痛いほどわかる」

民進党の小西洋之参議院議員が自衛官に「お前は国民の敵だ!」と罵倒されたというニュースを受けて、反日サヨクでない人なら誰でもがそう思ったことでしょう。

小西氏はバリバリの護憲派で、
「自衛隊員は他国の子供を殺傷する使徒」などという発言の他、この日本を弱体化する意図をもって国会議員をやっているのではないかと思えるような言動の目立つ人です。

現実的にものを考える日本国民ならこんな国会議員に怒りを覚えるのも当然じゃないでしょうか。

でも罵倒なんかしたら絶対問題になるのに、自衛官はなぜ罵倒したのでしょうか。もっと穏やかに自衛隊員として国を守る気概について話せば良かったと思います。

日本のためを考えるなら、今は政権を倒すわけにはいかないのです。自衛官も与党議員もどんなに腹が立っても発言にはよくよく気を付けてくださいね。

ただ、思うのですが、どの程度の「罵倒」だったのかはわかりません。発言を切り取り、誇張して報道するのがマスコミのいつものやり方ですから。

直近の例では、財務事務次官のセクハラ問題を解決するにあたって、「セクハラを受けたという方にも話を聞かないとわかりませんので、名乗り出ていただきたいと思います」、という財務省側の提案を、野党もマスコミも「セクハラ被害者は名乗り出ろ!とはなんだ」みたいなことを言います。
「名乗り出ろ!」なんて言い方してないのにね
こうやって何でも「政権は傲慢」という印象づけに利用するんです。

.
ドリーマー(サヨク)の中には、「シビリアン・コントロールが機能していない」「軍部の暴走」、「2・26事件を想起させる」なんて、それこそ夢みたいなことを言って勝手に危機感を醸し出している人もいますが、時代を考えてくださいと言いたいですね。

自衛隊の青年将校が武装蜂起? 軍部が暴走? 戦争に突入?

一人の自衛官が自衛隊を貶める国会議員に思いのたけをぶつけてしまった、それだけの出来事がこんなに大騒ぎになる日本ですよ。

そんな国で自衛隊が暴走できるわけないじゃん。

.
 いつも応援ありがとうございます
      よろしくお願いします ⇒ 


.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

国民に気を遣い過ぎたばかりに

加計学園問題で、愛媛県職員が総理秘書官と面会した時の備忘録に「これは首相案件だから」という文言があったことが朝日新聞で報じられました。

「また見つかったぞーっ」とばかり、野党の攻撃は勢いを増し、ネット上でも反安倍の人々は嬉しさを隠しきれない様子で書き込みに励んでいます。中には「あ~楽しくて仕方がない」なんて書いている人もいます。

そういう言葉を見るにつけ、この人たちは嫌いな人を潰すことで溜飲を下げているだけなんだなあ、ということがわかります。

安倍首相を退場させた後の政治をどうするのかなんてどうでも良く、ただ気持ちが良くなりたいだけなんでしょうねえ。国のことなんか全然考えてないのよ。

昨夜のBSフジ「プライムニュース」でも、視聴者から
「長期政権は外交面でも有利。安倍政権もいつかは終わるが、いま終わらせていいのか。野党は安倍氏が辞めた後のことを何も考えていない」という意見がありましたが、全くその通りだと思います。

「だからといって不正を追究する手を緩めていいのか」という意見も読まれましたが、ゲストの亀井静香氏は、
「不正があるなら司法に委ねればいい。『忖度』を問題にされても、忖度されるほうはそれを防ぐことはできないだろう」と応えていました。実に明快だと思うのですけどねえ。

ただ、私は思うのですが、野党の追及に対する首相側の対応はとてもまずかったですね。
疑われることを恐れるあまり、はっきり答弁することを避けていた、それがかえって印象操作に利用されてしまったと思います。

「当初は森友学園の教育方針に賛同し、応援する気持ちがあった」とか「獣医師不足のため愛媛県が長年熱望してきた獣医学部新設を何とか進めなければ、と思った」「けれども友人だからという理由で特別に優遇したことはない」とか正直に言えば良かったんじゃないでしょうか。

でも首相の権限でごり押ししていると誤解されることを恐れ、そういう気持ちを表明することさえ封じてしまい、自分はこの二つの学校のことはよく知らない、などという態度を取ってしまった。

政府が国民の気持ちを慮ってしまった、つまり首相側は国民に忖度して曖昧な答弁や小さな嘘をついてしまったのでしょう。

野党やマスコミはそこに付け込み、揚げ足を取り、政府もつじつま合わせを繰り返し、ついにはこんな厄介な問題にふくらんでしまいました。

嘘も方便とは思いますが、そんなに気を遣わずにもっと堂々と本音を言い、申請について愛媛県に協力したことも「何も悪いことではない」として毅然とした態度をとれば良かった。

こういうことからも安倍さんは独裁とは程遠いことがわかりますよね。

それにしても、朝日新聞の狡猾さと執念深さには今さらながら恐れ入ってしまいます。

マスコミというものは、もちろん事実の報道という仕事をしていますが、商売でありますからお金も儲けなければなりません。
ですから騒ぎを大きくし、大衆を煽って新聞を売る、視聴率を上げる、ということをします。
朝日新聞はそれに加えて親中・親朝鮮の「活動団体」とも言えるので、日本国民としてはよくよく気をつけなければいけません。

.
安倍政権はこの窮地を乗り切れるでしょうか。

マスコミ(特に朝日新聞)がなぜこんなに執拗に安倍氏を失脚させようとするのか、その理由に気づく国民がもっと増えればいいのですが。



.
いつも応援ありがとうございます
     よろしくお願いします ⇒  



.
          「飽き飽き」 
          「真面目にやれー」 
         「まだやるの?」 


.
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

次期総理候補

森友問題、自衛隊日報問題など、安倍政権に対して野党・マスコミは攻勢を強め、何としても安倍首相を引きずり降ろそうと必死です。

自分たちが政権を取れないのはわかっているけど、とにかく政権を揺さぶりたい、安倍でなければ誰でもいい、ということなんでしょうね。
そういった感情論だけで政治を動かしてもらっては困るのですけど。

で、自民党内で次期総理は誰がいいのかとなると、いつも出てくるのが、石破さん、岸田さん、小泉(進)さんぐらいです。

石破、岸田両氏が総理としてどうなのか私はよくわかりませんけれど、この二人だと財務省の言いなりになるだろうという話ですよね。
外交面でも安倍さんより精力的にやってくれるとも思えないし、なにより歴史観が心配です。


それにしても、小泉進次郎という若造クンの名前が出てくるのには呆れてしまいます。

口がうまけりゃ総理にふさわしいというのか。

かつて田中真紀子を総理候補とマスコミが持ち上げ、大衆がそれに乗せられていたバカバカしさを思い出します。


.
 いつも応援ありがとうございます
     よろしくお願いいたします ⇒ 


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

現実的な議論をしてほしいですね

陸上自衛隊イラク派遣時の日報、なかったと言っていたものがあった、ということで、またもやメディアと野党は食いつきます。

防衛省が意図的に隠したとか、シビリアンコントロールが効いていないとか言われますが、これって、根本的にそういう問題じゃないと思うんですよねえ。

「自衛隊駐屯地にも砲弾が飛んできた」ということが知られると大問題になり即時撤退しなければならないから日報の内容を公表するわけにいかなかった、ということじゃないんでしょうか。

南スーダンの日報もそうですが、こういう問題が起こる原因は、自衛隊は海外で戦ってはいけないという縛りがあるからでしょう。→ 「72年たってもまだこれだ」 

しかし紛争地域だからこそ、危険な事態にもなるわけで、そのことを国民が理解さえすれば、野党やマスコミが騒いでも政府がうろたえることはないと思うのです。

まあ、近頃は先進国は自国の兵士を危険地域に派遣することを回避する傾向が強くなっていて、PKOにも消極的なんだそうですね。
ということは紛争地は自分たちでなんとかしなさい、とみんなが考えるようになったということなんでしょうか。

世界がそう思っているなら日本も無理して参加することないでしょうし、戦闘があったとかなかったとかの記述云々でもめる必要もなくなりますね。

中国だけはアフリカでのPKO活動に熱心だそうですけどね
coldsweats01

.
 いつも応援ありがとうございます
          よろしくお願いします ⇒ 

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »