« ジャーナリストのお仕事 | トップページ | 感情でものを考える人を説得するのは難しい »

2018年4月29日 (日)

独裁者の笑顔と抱擁

南北朝鮮の指導者二人の和気藹々とした対面の様子に、「統一への第一歩」と、左界隈は高揚感に包まれてましたね。

中には、「素晴らしい指導者」だと言わんばかりに金正恩委員長を褒め称えるコメンテーターもいました。宮台真司という人なんですけど。

しかし独裁者金正恩が急に「良い人」になるわけもなく、南北統一を悲願とする文在寅大統領と独裁体制維持が第一の目的である金正恩とが上っ面だけ仲良しを演じているだけというのが本当のところでしょう。

平和を愛する人々が「せっかくの友好ムードに水を差すのか」と言いたい気持ちもわかりますが、我が国の安全のためにも金正恩の思惑やこれから東アジア情勢がどうなっていくのか冷静に分析することは重要です。

もちろん、ひとまず戦争の危機は遠のいたことは歓迎すべきでしょうが、大事なのはこれからのことです。

左派の人々はまた、「日本は蚊帳の外」とか言って例のごとく安倍政権を批判します。

しかし日本はこれまでアメリカと共に北朝鮮に対する厳しい経済制裁を主導してきました。

それが功を奏し、金正恩が友好的な態度で歩み寄ってきたのは事実です。
北朝鮮からしてみれば、ICBMの開発に成功したからアメリカのほうから米朝会談を言い出したと言いたいかもしれませんが、経済的にも軍事的にも危機を感じていなければお構いなしに核開発を続行していたでしょう。
「もうこれ以上核実験しないから攻撃しないでくれ。経済制裁も解除してくれ」ということなんですよね。

北朝鮮が経済制裁に苦しみアメリカの空爆に怯えているところに、北朝鮮シンパの文在寅大統領が手を差し伸べてきた、それが今回の南北朝鮮の会談につながった、つまり日米韓がそれぞれの役割を果たしたということだと思います。

日本は日本にできることをやりましたね。

で、このあとしばらくは日本の出番はないでしょう。
朝鮮戦争に関わった4カ国で戦争終結に向けて話し合うのは当然で、そこに日本が加わらないことを「蚊帳の外」などと自虐に陥る必要はないです。

日本がこれから交渉しなければならないのは拉致問題ですが、まずはアメリカと韓国に対して拉致問題解決に協力をお願いするしかありません。

文大統領は一応日本の立場については金委員長に伝えたようですが、北朝鮮が「解決済み」と言っているからには一筋縄ではいかないでしょう。

日本はアメリカのように軍事力で北朝鮮を脅すことはできず、かといって、莫大なお金と交換に被害者を取り戻すのかといえば、犯罪に対してお金を払うということになってしまいます。

反安倍の人たちは「外交が下手だ」とか「もっとうまくやれ」とか、文句だけ言ってればいいのでお気楽なものですが、具体的にあれこれ考えてみると私のような素人でも、これは大変だろうなあ、ということが想像できます。

人質を取られている以上、外交努力といっても、日本にできることは結局お金を出すことしかないのです。

かくも情けなく可哀想な国、日本。
そんな日本にしてしまった責任の大半は、反安倍派に代表されるような人々にあるんでしょうけどねえ。

.
いつも応援ありがとうございます
       よろしくお願いします ⇒  


.
関連記事: 「高麗連邦共和国」


.

|

« ジャーナリストのお仕事 | トップページ | 感情でものを考える人を説得するのは難しい »

コメント

「夜、宇宙ステーションから見た日本はアジアに横たわる巨大な龍のようだ」
と、その美しさに驚く外国人のコメントを見たことがあります。
子供の頃「日本は極東の小さな島国である」と教えられましたが、
日本列島は意外に大きく、アジア大陸に蓋をするように長く横たわっています。
しかし勇壮なその姿とは裏腹に、
軍事力を背後に持たない外交を余儀なくされている日本国は、
手足を縛られて日本海に転がされているように私には見えてしまいます。
まさに「かくも情けなく可哀想な国、日本」ですね。
そんな状況下での外交がさぞ困難なことであろうことは、
一主婦の私にも容易に推察できます。
なのに反安倍の人たちはその外交の成果を認めようとせず、
ますます声高に安倍政権退陣を叫んでいます。
沖縄で活動されている我那覇真子さんは、
「私たちの本当の敵は、我々日本国が本当の主権を回復していないこと、
我々日本人が日本人の心を忘れてしまっていることである」
と言っておられます。
そして、日本再生の前提は国民の覚醒であると・・・
本来目指すべきは自主憲法の制定であって
自民党改正案は自主憲法の制定には程遠いけれど、
今為すべきは加憲改正で国民の意識を目覚めさせることである。
そして、目覚めている我々こそが獅子なのだ。
そのような内容のお話をされていたのを覚えています。
私もその通りだと思います。
憲法記念日の今日、一人でも多くの日本人が覚醒し、
私自身を含め目覚めている我々が闘う獅子となるには何をすべきか
改めて考える機会としたいと思います。

投稿: 花水木 | 2018年5月 3日 (木) 18時01分

★花水木さん

>アジアに横たわる巨大な龍のようだ<

そうなんですか。さぞ美しいでしょうね。
日本は色々な点で世界から一目置かれている国だと思うのですが、日本を脅かす国に対してはやはり毅然たる態度を取れず、情けない国になってしまっています。

>我那覇真子さん

時々言論誌で彼女の意見を読むことがあります。こういう若い人が沖縄で活動してくれていると思うと頼もしいですね。

>日本再生の前提は国民の覚醒であると<

そうなんです。これがないといくら政治家が頑張ってもだめなんです。
さっきもNHKで憲法論議やってましたが、画面に出る視聴者の一言メールや街頭インタビューでの意見によると「平和が大事だから改憲反対」みたいなことを言う人が結構多くて、まるでわかってない人がまだまだたくさんいるのだなあと暗澹たる思いになりました。

投稿: robita | 2018年5月 3日 (木) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/73392647

この記事へのトラックバック一覧です: 独裁者の笑顔と抱擁:

« ジャーナリストのお仕事 | トップページ | 感情でものを考える人を説得するのは難しい »