« 次期総理候補 | トップページ | 偏執的な倒閣運動の罠に気をつけるべし »

2018年4月11日 (水)

国民に気を遣い過ぎたばかりに

加計学園問題で、愛媛県職員が総理秘書官と面会した時の備忘録に「これは首相案件だから」という文言があったことが朝日新聞で報じられました。

「また見つかったぞーっ」とばかり、野党の攻撃は勢いを増し、ネット上でも反安倍の人々は嬉しさを隠しきれない様子で書き込みに励んでいます。中には「あ~楽しくて仕方がない」なんて書いている人もいます。

そういう言葉を見るにつけ、この人たちは嫌いな人を潰すことで溜飲を下げているだけなんだなあ、ということがわかります。

安倍首相を退場させた後の政治をどうするのかなんてどうでも良く、ただ気持ちが良くなりたいだけなんでしょうねえ。国のことなんか全然考えてないのよ。

昨夜のBSフジ「プライムニュース」でも、視聴者から
「長期政権は外交面でも有利。安倍政権もいつかは終わるが、いま終わらせていいのか。野党は安倍氏が辞めた後のことを何も考えていない」という意見がありましたが、全くその通りだと思います。

「だからといって不正を追究する手を緩めていいのか」という意見も読まれましたが、ゲストの亀井静香氏は、
「不正があるなら司法に委ねればいい。『忖度』を問題にされても、忖度されるほうはそれを防ぐことはできないだろう」と応えていました。実に明快だと思うのですけどねえ。

ただ、私は思うのですが、野党の追及に対する首相側の対応はとてもまずかったですね。
疑われることを恐れるあまり、はっきり答弁することを避けていた、それがかえって印象操作に利用されてしまったと思います。

「当初は森友学園の教育方針に賛同し、応援する気持ちがあった」とか「獣医師不足のため愛媛県が長年熱望してきた獣医学部新設を何とか進めなければ、と思った」「けれども友人だからという理由で特別に優遇したことはない」とか正直に言えば良かったんじゃないでしょうか。

でも首相の権限でごり押ししていると誤解されることを恐れ、そういう気持ちを表明することさえ封じてしまい、自分はこの二つの学校のことはよく知らない、などという態度を取ってしまった。

政府が国民の気持ちを慮ってしまった、つまり首相側は国民に忖度して曖昧な答弁や小さな嘘をついてしまったのでしょう。

野党やマスコミはそこに付け込み、揚げ足を取り、政府もつじつま合わせを繰り返し、ついにはこんな厄介な問題にふくらんでしまいました。

嘘も方便とは思いますが、そんなに気を遣わずにもっと堂々と本音を言い、申請について愛媛県に協力したことも「何も悪いことではない」として毅然とした態度をとれば良かった。

こういうことからも安倍さんは独裁とは程遠いことがわかりますよね。

それにしても、朝日新聞の狡猾さと執念深さには今さらながら恐れ入ってしまいます。

マスコミというものは、もちろん事実の報道という仕事をしていますが、商売でありますからお金も儲けなければなりません。
ですから騒ぎを大きくし、大衆を煽って新聞を売る、視聴率を上げる、ということをします。
朝日新聞はそれに加えて親中・親朝鮮の「活動団体」とも言えるので、日本国民としてはよくよく気をつけなければいけません。

.
安倍政権はこの窮地を乗り切れるでしょうか。

マスコミ(特に朝日新聞)がなぜこんなに執拗に安倍氏を失脚させようとするのか、その理由に気づく国民がもっと増えればいいのですが。



.
いつも応援ありがとうございます
     よろしくお願いします ⇒  



.
          「飽き飽き」 
          「真面目にやれー」 
         「まだやるの?」 


.
 
 

|

« 次期総理候補 | トップページ | 偏執的な倒閣運動の罠に気をつけるべし »

コメント

こんばんは。
もう、本当にもう‼️
森友も加計も、そんなもんどうだっていい‼️
国としてもっと大事な事をやれ〜〜‼️って、叫びたい。


こんな事をして
喜んでるのは、お隣さんやそのまたお隣の国ですよ。


でも、そんなどうでもいい事をやってる維新以外の野党を
応援してる人がいるんですよね?


安倍首相倒して、誰が首相になれば満足するの?
それでいいの?外交、経済、どうなるか想像力を働かせてほしい。

そんな人達が国会周りで騒いでられるのも
日本がいかに平和だからじゃないのでしょうか?


安倍打倒に息巻いてる人たちに尋ねてみたいです。
安倍首相が辞めてらどうなるのか、私は不安で仕方ないですけれどね。


もう、国会見るたびに日本の政治家の程度の低さにガッカリさせられます。
こんなのに1日3億税金が垂れ流しされてるのですよね。
もう何ヶ月、こんな事をやって税金使ってるの?と。

目を覚まさそうよ、日本人なら。


数日前に、まともな質疑をしてる民進党でしたっけ?の女性議員が話題になっていましたが、
本当ならこれが普通の国会質疑なんですよね。


もう、本当に、いい加減にして頂きたい‼️維新以外の野党は!(何度も繰り返しておりますが、これしか出てきません。腹立たしい。)


日本の国会議員になるって事は
日本の国益を守る為になってるんじゃないのでしょうか?
今はただ、国益を考えてる人の足を引っ張っているだけですよね。
呆れ果て、情けなくなるばかりです。

投稿: FRAU | 2018年4月11日 (水) 19時21分

★FRAUさん

ほんとに全て仰る通りなんですよね。

でもこんなにこじれてしまったのは、やはり官邸の初動対応のまずさでしょうし、安倍総理が辞めることになっては自分たちの責任になると慌てた官僚の答弁も整合性をつけるためにグダグダになっていった、ということじゃないでしょうかねえ。

もちろん、省庁や地検にさえ存在する反安倍分子の仕掛けやマスコミ報道は本当に酷いと思いますが、油断していた政権にも責任はあると思います。ああいう人たちがいるということはわかっているんだから充分に気をつけてほしかったと私は思うんですよ。

早く収束してほしいですけど、どうなれば収束するのかわかりませんね。

投稿: robita | 2018年4月11日 (水) 23時03分

野党の中に、「今こんな事をやってる場合じゃない‼️」と訴える政党は無いのでしょうかね?
「日本の外では、こんな事あんな事起こってるのに日本はいつまでもこれで良いのか‼️」という政党がいたら
その政党支持率上がるチャンスですのにね。
島国根性なのですかね、この視野の狭さは。


歴代首相が短命でコロコロ変わると批判し、
長期になると独裁と引きずり降ろそうとする。
どこが独裁なのでしょうか?
私には、安倍さんが独裁者だなんて全く思えませんが。

マスコミなどの印象操作だと、
お花畑の国民も気がついてほしいですよね。

投稿: FRAU | 2018年4月12日 (木) 06時12分

★FRAUさん

>歴代首相が短命でコロコロ変わると批判し、
長期になると独裁と引きずり降ろそうとする。<

マスコミは何がどうなってもいつも政権に文句を言うものなんですね。
物事がなかなか決まらないと「決められない政権」と責めるし、リーダーシップを発揮して迅速に決定すると「独裁だ」と騒ぐ。
どうしろと言うのか、と言いたくもなりますね。
そういうマスコミが何をねらっているのか国民がわかっていれば、腹を立てなくても済むんですけど。

投稿: robita | 2018年4月12日 (木) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民に気を遣い過ぎたばかりに:

« 次期総理候補 | トップページ | 偏執的な倒閣運動の罠に気をつけるべし »