« 昭和は遠く、また新たな時代へ | トップページ | ジャーナリストのお仕事 »

2018年4月24日 (火)

エンヤコラ今夜も舟を出す

財務事務次官のセクハラ疑惑に野党の女性議員たちが黒い服を着て財務省に乗り込み、抗議のパフォーマンスをなさいまして、それを見た自民党の長尾敬衆議院議員がよせばいいのに自身のツイッターに「こちらの方々は少なくとも私にとってセクハラとは縁遠い方々です。」と投稿してしまいました。

案の定「この発言こそセクハラだっ」と炎上するはめに。

同じことを思った人多いと思うんです。あ、「セクハラとは縁遠い」のほうね。

思っても内輪だけの話にしておけばいいのになんでわざわざツイッターに投稿するかなあ。

政治家ってネットの言論を見ないのでしょうか。自分では言いたいこと発信するのに、集中攻撃浴びた時以外は人の意見には無関心なようです。

それは野党議員のほうがもっとひどくて、さまざまな人の意見に耳を傾けていれば、あの#MeTooパフォーマンスやその他の行動がネットではどんな風に言われているか気づくと思うのですが。

それよりかねがね不思議に思っているのですが、女性は長尾議員のようなことを平気で言うんですよね。ええ、男性に対して。

女性からの心ない言動に男性も傷ついている事例はたくさんありますが、あまり問題にならないところを見ると、女性が男性をからかったり見下したり蔑んだりして盛り上がることは特権として許されていると、みんなが無意識に認めてしまっているのでしょう。
つまり女性は「守られて当然」だけれど、男性はその必要なし、という合意が暗黙のうちに成立していると思われます。

私はそれでもいいと思いますよ。女性はそもそも弱い存在だというわけなんでしょう?
でもそれなら、男社会の中で、弱い存在なりの生き方がおのずと方向づけられるような気がするのですけど。

人間社会というのは、女性に不利なこともあれば男性に不利なこともある、女性が得をすることもあれば男性が得をすることもある。男女とは元々そういう不条理を寛容に受け止めて補完し合う関係だったと思うのです。

だって男と女ってそもそも同じじゃないんですから。

その性差こそが、互いに魅力となり、惹かれ合うという男女本来の関係を保ってきたんじゃないでしょうか。

しかし今という時代にそんな昔のこと(原則論)を持ち出してみてもあまり意味はなく、野党女性議員の言動に象徴されるヒステリカル且つ息苦しい空気がこれからも世の中を支配し続けるのでしょう。

そんな具合ですから、恋愛も結婚もますます難しくなるでしょうし、少子化が止まることもないでしょう。
.
いつも応援ありがとうございます
       よろしくお願いします ⇒ 


.
関連記事:「男性消滅」
 
       「プロ彼女考」

.

|

« 昭和は遠く、また新たな時代へ | トップページ | ジャーナリストのお仕事 »

コメント

審議拒否して、国会休んで
外国の真似して喪服を着
ME TOOのプラカードで行進、(何故か男性の一反木綿あ、間違った!柚木も一緒にME TOOですって。)何?
カメラの前でわざと大騒ぎ、目線は皆んなカメラ目線。

野党は二言目には「自分達の発言は国民の民意だ!」と
大声でわめいておりますが、

少なくとも私は、全くあの人達に1ミリも民意を託していませんから。
国民が託しているなら何であの支持率?認識ないのでしょうか?

勝手に勘違いなのかしてるんですよね?
まさか本当に国民の代弁者なんて思ってませんよね?
パフォーマンスですよね?
審議拒否しても、与党、日本維新の会は審議出来るのですよね?
それならそっちの方がマシかもしれませんね。
じゃあ、審議拒否続けてもらってもいいか。。給与の税金は垂れ流しですが。

そんなバカバカしい事をやってる人達をマスコミは擁護し
(国会拒否も、自分たちの提案した事すら審議拒否してる事も報道なし!)

そこへ持ってきて、しょうもない与党議員のツィート。
後のことを考える想像力すらなく、即謝罪。
今の野党とマスコミが喜ぶ話題を提供し、本当にアホ。みんなアホ。

毎日、未だにモリカケ?セクハラ(裁判でやるって言ってるのに)。
もう本当にウンザリだぁ〜〜‼️

肝心の外交なんて問う記者もおらず、これが日本の野党とマスコミなのですね。。程度が低すぎて近隣諸国もさぞ喜んでいる事でしょう。
これ以上、日本の恥を世界にさらさないで〜‼️

それにしても、マスコミはこぞって日本を滅ぼしたいのでしょうか?
不思議で仕方ありません。

投稿: FRAU | 2018年4月25日 (水) 05時12分

★FRAUさん

野党はもっと賢い戦略を考えるべき、とはよく言われますけどね。

既得権ががっちりしてて自民党がどうしてもできない政策、というのがあってそういうところに切り込めばいい、と。

でも、野党にも同じようなところがあるのでなかなか難しいようです。→ https://www.houdoukyoku.jp/posts/23774

結局政策論になると与党も野党も同じことを言うしかないという国内外の事情を考えると、仕方なくスキャンダルで攻めるぐらいのことしかできなくなってしまい、国民にバカにされてしまう・・・。

だから国会停滞の打開策として大連立やればいいと私は思うのですけど。
それを主導する豪胆な誰かがいればねえ。

投稿: robita | 2018年4月25日 (水) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/73365118

この記事へのトラックバック一覧です: エンヤコラ今夜も舟を出す:

« 昭和は遠く、また新たな時代へ | トップページ | ジャーナリストのお仕事 »