« 国民に気を遣い過ぎたばかりに | トップページ | 昭和は遠く、また新たな時代へ »

2018年4月18日 (水)

偏執的な倒閣運動の罠に気をつけるべし

「決して口に出してはいけないが、言いたい気持ちは痛いほどわかる」

民進党の小西洋之参議院議員が自衛官に「お前は国民の敵だ!」と罵倒されたというニュースを受けて、反日サヨクでない人なら誰でもがそう思ったことでしょう。

小西氏はバリバリの護憲派で、
「自衛隊員は他国の子供を殺傷する使徒」などという発言の他、この日本を弱体化する意図をもって国会議員をやっているのではないかと思えるような言動の目立つ人です。

現実的にものを考える日本国民ならこんな国会議員に怒りを覚えるのも当然じゃないでしょうか。

でも罵倒なんかしたら絶対問題になるのに、自衛官はなぜ罵倒したのでしょうか。もっと穏やかに自衛隊員として国を守る気概について話せば良かったと思います。

日本のためを考えるなら、今は政権を倒すわけにはいかないのです。自衛官も与党議員もどんなに腹が立っても発言にはよくよく気を付けてくださいね。

ただ、思うのですが、どの程度の「罵倒」だったのかはわかりません。発言を切り取り、誇張して報道するのがマスコミのいつものやり方ですから。

直近の例では、財務事務次官のセクハラ問題を解決するにあたって、「セクハラを受けたという方にも話を聞かないとわかりませんので、名乗り出ていただきたいと思います」、という財務省側の提案を、野党もマスコミも「セクハラ被害者は名乗り出ろ!とはなんだ」みたいなことを言います。
「名乗り出ろ!」なんて言い方してないのにね
こうやって何でも「政権は傲慢」という印象づけに利用するんです。

.
ドリーマー(サヨク)の中には、「シビリアン・コントロールが機能していない」「軍部の暴走」、「2・26事件を想起させる」なんて、それこそ夢みたいなことを言って勝手に危機感を醸し出している人もいますが、時代を考えてくださいと言いたいですね。

自衛隊の青年将校が武装蜂起? 軍部が暴走? 戦争に突入?

一人の自衛官が自衛隊を貶める国会議員に思いのたけをぶつけてしまった、それだけの出来事がこんなに大騒ぎになる日本ですよ。

そんな国で自衛隊が暴走できるわけないじゃん。

.
 いつも応援ありがとうございます
      よろしくお願いします ⇒ 


.

|

« 国民に気を遣い過ぎたばかりに | トップページ | 昭和は遠く、また新たな時代へ »

コメント

もうねぇ、あれもこれもどいつもこいつも(下品でごめんなさいませ。)
地に落ちたと言う言葉しか出てきません。
あとは、ため息ばかりです。
本当に、情けない。。
日本人(じゃないかも知れないけど)、民度落ちましたね〜。
少し前まで、もう少し高いと思っていましたのに。

投稿: FRAU | 2018年4月18日 (水) 18時53分

★FRAUさん

倒閣運動がますます激しくなっていますね。
急先鋒の朝日新聞は、財務事務次官のセクハラまで安倍政権のせいにしてるようです。→ http://blogos.com/article/291407/

意地というのか執着というのか、とにかく安倍を潰したいという執念に憑りつかれているかのようです。

まあ政府も初期対応がまずいとこじれることを学習したのか、事務次官辞任しましたね。真相はわかりませんけど。

投稿: robita | 2018年4月18日 (水) 21時59分

すでに時代錯誤な自民の重鎮(お年寄りの)とやらの面々がで出来て
安倍首相降ろしの会談を料亭で行ったようですが、
まだこう人が自民にのさばってるのですね。
これもウンザリ、こう言う自民党も嫌いだったけれど
安倍首相だから指示をしておりますのに。

この人たち、あいも変わらず国益より自分達の利益しか考えてない。
安倍首相を今降ろしたら、自民党の支持率も下がることなど想像出来ないのでしょうか?
次期首相の相談もしたらしいのですが、言うだけ決められない◯破 氏でしょ?どうせ。
また短命、言いなり外交が繰り返されそうですね。
そうなると、私も政治への興味が失せそうです。
安倍首相に何とか頑張って頂きたいのですが。

投稿: FRAU | 2018年4月19日 (木) 06時14分

安倍首相を指示→支持

投稿: FRAU | 2018年4月19日 (木) 06時56分

★FRAUさん

そうなんですよね。維新以外の野党はもちろん国のことなんか考えてないけれど、自民党にだって自分の票田のことを最優先にして動く人がいるわけで。
まあ、それは仕方がないと言えば仕方がないのですが、安倍さんほどの志を持って首相をやってくれる人がいるかどうかですね。

仮に今安倍首相が辞めざるを得なくなって、石破さんか誰かに変わったとして、最初は支持率上がるでしょう。でもたぶん勢いは続かないと思います。
何年かたって、「あの時なんで安倍さんをあんなに叩いたんだろうね」なんて国民は思っているんじゃないでしょうか。

投稿: robita | 2018年4月19日 (木) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偏執的な倒閣運動の罠に気をつけるべし:

« 国民に気を遣い過ぎたばかりに | トップページ | 昭和は遠く、また新たな時代へ »