« 自由な発言もいいけど時と場合によって慮るのも大切 | トップページ | 天皇陛下も人間だもの »

2018年5月28日 (月)

内田先生の自家撞着

内田樹先生は、憎い安倍政権の支持率がなぜもっと下がらないのか、いたくご不満のようで、その理由を真剣に分析されたようです。→  http://blogos.com/article/299868/

「こんなに悪い政権なのになぜ国民は支持をするのか」 →「失点はたくさんあるのに、おそらくそれを補うほどの『よきもの』があるにちがいない」 →「安倍政権にはまがりなりにも『国家ヴィジョン』らしきものがあり、支持者はそれにすがりついている」
・・・とまあ、こんなことをつらつらお考えになったんですね。

サヨクの人々は、安倍政権がどんな成果を上げていようが全くそれを認めないのはいつものことなのですが、支持者が安倍首相の国家観に賛同しているというところはその通りです。

国家観と言ったって別にたいしたことじゃありませんよ。戦後の自虐的考え方から脱却して普通の国になろうというだけです。

で、安倍さんが初めてそれをはっきり言ってくれた総理大臣だから支持する人が多いのですよ。

で、内田氏は「安倍晋三の国家観ではだめだ」というわけなんでしょう。

内田氏は自身の理想とする国家の形が頭の中にあるのでしょうかね、「国家的ビジョンが国民の間に共有されていない」と嘆き、
≪「ヴィジョン」とは、国はどうあるべきか、どういうかたちを目指すべきかについての国民的な規模で共有された「夢」のことです。長期的な目標です。≫と説明します。

しかし、「国の目標」って・・・。国を運営するのにそんな御大層な目標って要ります? まるで「社会主義国家の実現を目指す」みたいじゃないですか。

共同体を維持するという基本認識をみんなで共有すればいいだけだと思うのですけど。

つまり国益です。豊かさを維持または向上させる。外敵に備える。この基本が国民の共通認識としてあるのが国というものじゃあないでしょうか。

日本は既に民主主義が確保されているのに、これ以上何を目標にするっていうんでしょう。

内田の考える理想国家に反対する者は許さない、みんな同じ目標を持つべきだと言ってるように見えるんですが、それって、サヨクの方々が信奉する憲法13条に反しませんか。「すべて国民は個人として尊重される」というあれですよ。個人の自由な考え方は国民の権利として尊重されるべきなんでしょう?

みんなで同じ目標に向かって進むって、まるで全体主義・・・・あ、そうか、そもそも左翼ってそういう人たちでしたね。

.
いつも応援ありがとうございます
     よろしくお願いいたします ⇒ 



.

|

« 自由な発言もいいけど時と場合によって慮るのも大切 | トップページ | 天皇陛下も人間だもの »

コメント

安倍政権の支持率が下がらない理由は簡単だと思います。
みんな反省して賢くなったからです。  

あの苦い経験から、日本人は1~2年ではなく、10年のスパンでこの国や政治を考るようになりました。
何を反省したのかについては、私の名前のところをクリックして下さい(笑)。

どうして内田先生は、こんな簡単なことがわからないんでしょうねぇ。

投稿: かめめ | 2018年5月30日 (水) 23時30分

★かめめさん

動画ありがとうございます。

>あの苦い経験から、日本人は1~2年ではなく、10年のスパンでこの国や政治を考るようになりました<

国民が学習したという点ではとても良い経験をさせてもらいましたね。

自民党以外には任せられないと国民の大半は思っているでしょうが、「安倍政権=悪」という印象操作には多くの人が乗せられてしまっています。

今は安倍氏が続投することが国益にかなうということを理解してもう少し政権支持率が上がれば、野党による国会空費も収束するんじゃないかと思うのですけどね。

投稿: robita | 2018年5月31日 (木) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/73576708

この記事へのトラックバック一覧です: 内田先生の自家撞着:

« 自由な発言もいいけど時と場合によって慮るのも大切 | トップページ | 天皇陛下も人間だもの »