« 欧米はそんなに正しいのか | トップページ | 交代する理由がない »

2018年5月12日 (土)

首相も官僚も国民もみんな疲れちゃった

先日の柳瀬元首相秘書官の国会での答弁が不誠実だと批判されています。

しかし、答弁があのようになるのも無理からぬことと思います。政権崩壊を食い止めなければならない立場でしょうから。

そもそもこんな問題、初期のうちに適切に対処していれば何でもなかったものを、小さな嘘をついてしまったために次々と突っ込まれる羽目になってしまいました。

柳瀬氏も、森友問題で証人喚問された佐川氏も気の毒だなあと私は思うのですがどうでしょうか。

お二人ともいかにも実直そうです。

官僚はなにかと批判され、たしかに中には出世第一の人や左翼思想に侵されてしまっている人もいるでしょうが、多くは真面目に国家のために働いていると思います。

そのときどきの政権を守る立場として、呑み込まなければならないことやつじつま合わせをしなければならないこともあるでしょう。

安倍総理か、あるいは官邸で采配を振るっているという首席秘書官の方針かわかりませんが、初動対応を間違えてしまったために色々な人が苦しさに耐えなければならない事態になってしまいました。危機管理の問題でしょう。

.
柳瀬氏の参考人招致を終えてやっと事態収拾されるかと思ったら今度は愛媛県の中村知事の発言です。

「柳瀬氏は愛媛県の職員と名刺交換していないと言うが、こっちには柳瀬氏の名刺がある」と怒りの会見をしました。

中村知事にしてみれば、事実を隠すわけにはいかない、という正義を前面に出したいのでしょうが、あえて言わない、という選択肢もあったのではないでしょうか。
これでまた野党もマスコミもこの問題で政権を攻め続けるんでしょう。いつまで続くのやら。

.
思うのですが、安倍首相は自分の任期中に改憲するのをあきらめたらどうでしょう。
一時より改憲の機運は低下していますし、いま無理して発議しても国民投票で否決されてしまっては元も子もありません。

安倍首相は「自分が憲法改正したい」という強い願いがあるでしょうし、安倍支持派も「何としても安倍さんの手で改憲をしてもらいたい」と思っているでしょう。

しかし、「安倍首相の下での改憲に反対」と思い込んでいる国民が少なくないことや、このところの不祥事で安倍政権に対する不信感が広がってしまった以上、改憲が失敗する可能性は大いにあるのです。

そんなことになったら次にいつチャンスが訪れるでしょうか。

それに、安倍首相の9条改正案は承服できません。
なんで2項を残すんですか。矛盾がそのままでは改憲の意味がありません。

安倍首相やその支持者たちは、「何より国民の思いを酌まなければ改憲はできない。だから、『武力を持たない』という2項を排除しないでほしいと国民の大多数が願うなら、その範囲内での改憲案にせざるを得ない」という考えのようですが、私は、それならば国民を説得するのが先だろうと思うのです。→「アレルギー治療が先」

確かに改憲は急ぐ必要があります。
北朝鮮の脅威というより、中国の脅威だって差し迫っていますし、自衛隊のPKO活動にも支障をきたします。

でも中途半端な改憲をするぐらいならじっくり腰を据えて筋の通ることを実現したほうがずっと良いのです。

ただ、安倍政権ではもう国民を説得することは無理でしょう。
信用を失ってしまったのだから。

野党やマスコミの印象操作によるところが大きいとはいえ、政権側の対処の仕方に不備が多かったのも事実です。

堂々と正直に言えば済んだことを、怪しまれないようにと神経質になり過ぎ、ごまかしたり隠したりして事をこんなに大きくしてしまいました。
.
安倍首相に改憲をやらせてあげたいと思っている人々には悪いけれど、改憲は安倍首相のためにあるのでなく、国民のためなのですから、しっかりとした改憲をできる人がやればいいのです。

安倍さんは初めて本気で改憲に踏み込み、眠っていた多くの国民が目覚めるきっかけを作ってくれたのです。それは立派な役割として歴史に残ると思います。

「ついに改憲を成し遂げた総理大臣」という名目はどうでもいい、国のために改憲作業を進めるんだという強い意思を持っていた___そういう総理大臣で十分じゃないですか。

.
総裁三選は諦めて、2項削除を主張している石破さんに後を継いでもらったらどうなるか。

「安倍政権下での改憲は反対」と言っている人たちは、今度は「石破政権下での改憲は反対」と言うのか、「2項削除は反対」と言うのか、どっちでしょう。

石破さんなら「2項削除」の意義を噛んで含めるように丁寧に説明してくれるんじゃないでしょうか。

今「反安倍」のスローガンだけでかろうじて元気を保っている人たちがそのエネルギーを失っていく様子が見られるんじゃないかとちょっと期待します。

ただ、石破さんってこういう人なんですよね:

 → https://i1.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2018/04/ishiba-gekkan-1.jpg

 → https://i0.wp.com/hosyusokuhou.jp/wp/wp-content/uploads/2018/05/pRMrDov.jpg


かといって、岸田さん? 野田聖子さん?

この人たち、これを是非やりたいから総理大臣になりたい、というもの何かあるのかなあ。情熱が感じられない。

.
野党やマスコミがこうして反安倍活動に邁進し、それに乗せられた国民が何年かたって「あれはいったい何だったのだろう」と思い返すことはあるでしょうか。

ずいぶん小さいことで政権を突っつきまわしたものだ、などと回想することもないかもしれません。

国民は忘れっぽいから、マスコミが今まで何人の総理大臣をこうやって引きずりおろしてきたのかも覚えてないでしょう。

マスコミはこうしてお金を儲け、野党は「万年野党」としての役目を果たして「一仕事終わった」と満足するだけのことでしょうね。

なにやってんだか。

.
 いつも応援ありがとうございます 
         よろしくお願いします  ⇒  


.

|

« 欧米はそんなに正しいのか | トップページ | 交代する理由がない »

コメント

今回、少し考え方が違います。
中村知事は、左で野党とかなり繋がってると聞きました。
正義感とかでは無いと思います。
野党に協力して倒閣が目的だと思います。
名刺交換は、対応する側と訪問する側では記憶も相当違うのでは無いのでしょうか?
無いふりでは無く、あまりに多すぎて記憶に無かったのだと思えます。

安倍首相には、まだやめて貰っては困ります。

憲法だけで無く、外交問題も重大な時期です。
他の誰が出来るでしょう?
代わっても、そう簡単に外交ができるものなのでしょうか?

まして思考の違う人がなると
近隣諸国への甘々な対応に戻りかねません。
私は、そう言う諸々なことに不安を覚えます。

モリカケ問題など、無いから証拠が出て来ないのでしょう。
無いものをあったとどうして言えるのでしょう?
あくまでも私の考えですが。。
後になって最初のやり方のまずさはわかりますが、
言葉を選びながら慎重にやり過ぎたのが、
今なら良く無かったなかもしれませんが
最初にそう思われたのも仕方ないのかもしれないと思います。

投稿: FRAU | 2018年5月14日 (月) 08時06分

先日、石破氏が、小さな集会で話をすると、「交戦権」や「自衛権」を正しく理解している人が少ないことを実感する、と言っていました。

交戦権を理解していないために、9条2項を変えたらすぐに戦争が始まる、と思っている国民は私たちが考えているよりずっと多いでしょう。自民党はその人たちを納得させていないですよ、まだ。地元の集会に自分の支援者だけでなく、こういう人たちを呼ばなきゃ。

憲法や安全保障については、石破氏は分かり易く丁寧に説明できる人ですが、やはり増税派ですし、獣医師会からの献金問題もありますし。


投稿: kai | 2018年5月14日 (月) 09時22分

★FRAUさん

仰ることはよくわかります。

中村知事は倒閣を画策している小沢一郎と通じているとか、石破茂の盟友だとか言われていますよね。とても怪しい。
わざわざ記者会見をして「こっちには名刺がある」などと余計な混乱を招くようなことをするのは、国政の安定など何一つ考えていない余程のおバカさんか、倒閣運動をしているかのどちらかしかないですよね。表向き正義ヅラで。

ただ、肝腎の国民が「安倍政権下の改憲はイヤだ」とか「安倍首相は信用できない」とか言ってるわけですよ。
いくらネットや言論誌ではまともなことが語られているといっても、大多数の国民がそういうものを知らないで、朝日新聞やTBSやワイドショーの反安倍コメンテーターの言うことばかり聞くんですよ。

こういう状態で改憲発議しても国民投票で失敗するんじゃないかと心配です。

かといって、これらの国民にどうやってわからせたらいいのかわかりません。

投稿: robita | 2018年5月14日 (月) 10時14分

★kaiさん

>自民党はその人たちを納得させていないですよ、まだ。地元の集会に自分の支援者だけでなく、こういう人たちを呼ばなきゃ。<

政治家というのは地元の支援者のため(自分の票のため)に活動するわけで、自民党議員が防衛問題の説明をすることにあまり熱心でないのは仕方ないですかね。
安倍首相は、そういった地元利益誘導構造からもっとも遠いところにいる人なのに、森友や加計問題のようなマスコミの仕掛けに多くの国民が騙されてしまっています。

石破さんはそういうことわかっているはずなのに、首相の援護をせずに後ろから弾を撃つようなことをしますね。
自分が獣医師会の利権に関わっていることもあるでしょうし、安倍さんに退場してもらって自分が総理になりたいということもあるでしょうね。
旧態依然とした自民党の中での改革派である安倍首相は本当に大変だと思います。
国民が味方しないといけないですよねえ。

投稿: robita | 2018年5月14日 (月) 10時26分

本当にそうですね。
日本を良くする事は、反日在日報道局に乗っ取られて
安倍首相が、いかに水面下で様々な仕事をしているのか
少しも取り上げられません。
国会でも、野党のバカバカしい行動や発言場面は出さず
与党の切り取り場面を悪く悪く印象操作し、安倍政権を貶めようとするばかりです。
テレビだけで情報を得るシニア層は、まるっきり信じてしまって
安倍首相嫌悪を示します。

オーストラリアの首相が、安倍首相は忍耐強く仕事をすると評価していました。
米朝会談後、あのトランプさんが日本に報告に来ると言う事が
それだけでも日本の立ち位置がどうなのか、
その立ち位置を確保してる安倍首相の労がむくわれる事もありません。
本当に、日本人は思考すら止まってしまい
内部から侵略され、愛国心などない国になっていってるのですね。
まだ10代の男の子達が、SNSで知識を得てしっかりとした考えを示してるのが
唯一の救いでしょうか?

投稿: FRAU | 2018年5月14日 (月) 17時02分

★FRAUさん

>安倍首相が、いかに水面下で様々な仕事をしているのか
少しも取り上げられません。<

そうなんです。
北朝鮮が歩み寄って話し合いに応じる態度になって来たのも、日本が主導した厳しい経済制裁のおかげなのに、そういうことを全く言わないで「制裁ばっかりじゃだめだ。話し合いをしないと」みたいな頓珍漢なことを言うコメンテーターが多すぎます。

>オーストラリアの首相が、安倍首相は忍耐強く仕事をすると評価していました<

アメリカのTIME誌による2018年「世界で最も影響力のある100人」に安倍首相が選ばれた時、オーストラリアのターンブル首相が、≪「自信に満ちた力強い指導力で日本経済を甦らせた」との評価を寄稿した。≫ということですね。
これもワイドショーで取り上げてないと思いますが、取り上げたとしてもきっと皮肉っぽく論評したのではないでしょうか。
とにかく、安倍首相の功績は無視して批判で埋め尽くそうとしています。狂乱状態ですね。

>与党の切り取り場面を悪く悪く印象操作し、安倍政権を貶めようとするばかりです<

先日の「ワイドナショー」では、この「切り取り方」の滑稽さを話題にしてました。
ああいうお笑い番組でまともなことを言ってくれる芸人さんが頼もしく思えます。

投稿: robita | 2018年5月15日 (火) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/73474935

この記事へのトラックバック一覧です: 首相も官僚も国民もみんな疲れちゃった:

« 欧米はそんなに正しいのか | トップページ | 交代する理由がない »