« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月29日 (金)

作戦か矜持か

サッカーワールドカップ、昨晩の日本vs.ポーランド戦で日本は一点取られてしまったけれど、同じ組の他国の結果如何で日本の決勝進出が決まるというので、日本の進出の可能性が濃厚になってきたあたりから、時間稼ぎをするという作戦に出ました。

日本チームは終盤10分ほどの間、攻めることをせずただボールをだらだら回し続けるだけでしたので、観客からの激しいブーイングも起き、相手チームはやる気も失って座り込んでしまう選手もいました。

これについては賛否両論ありますが、私はスポーツの試合というものをよく知らないからでしょうか、こんなやり方にはがっかりしてしまいます。

「これが勝負の世界というもの」「決勝進出という結果を出すことができた」「結果がすべてだ」という意見もありますが、非難されるような手を使ってでも勝ちさえすれば選手も観客も満足なのでしょうか。

「サッカーは戦争だ」という言葉を聞いたことがあります。

なぜみんなあんなに熱狂するのか。普段サッカーにそれほど興味がない人たちや「国民一丸」が大嫌いな人たちも、ワールドカップとなると国民一丸となれるようです。

本当の戦争ならば、始めたからには絶対に勝たねばならないという意気込みで自国の活躍を応援したことでしょう。なんせ生活がかかっていますから。

裏をかく、急襲する、持久戦に持ち込むなど、卑怯と言われようがせこいと言われようが、ありとあらゆる工作を駆使して相手を叩きのめそうとするのが本当の戦争だと思います。

しかし
スポーツの世界大会で勝ちたいからって、ブーイングされるような手を使うのはいかがなものか。

「日本らしくない」と思われるのか「やっぱり日本か」と思われるのかどっちなんでしょう。

日本人は国際社会での評判を気にしすぎる、とも言われますが、「評判」というのはとても大事だと思います。

戦争にも言えますが、負けてもプライドを失わず、いつまでも首をうなだれていないで次に向かって立ち上がるのが他国から一目置かれる態度というものではないでしょうか。

まあでも、西野監督が言うように、これも日本サッカーが成長するための過程なのかもしれませんから、ひとつの貴重な経験として無駄にしないようにしてくださいね。

北アイルランド代表のマイケル・オニール監督はBBCのテレビチャンネルBBC Twoで、この試合について:

「よその試合がどうなるかに自分の運命すべてを預けてしまうなんて、監督として、考えるだけでくらくらする。少し日本ひいきになっていたのだが、次の試合でぼろ負けしてもらいたい」と日本を厳しく批判したそうです。
.
いやだなあ、BBC放送でそんなこと言われちゃって・・・。

よし、次の試合はぜってぇ負けるんじゃねぇぞ、ニッポン!

是非とも勝って、オニール監督とやらをぎゃふんと言わせてやれ!

ブーイングした観客たちの鼻をあかしてやれ!

.
 いつも応援ありがとうございます
     よろしくお願いします ⇒ 


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

激昂仮面のおじさん

福岡でネット上でのトラブルが元で殺人事件が起きました。

著名ブロガーと訪問者がネット上で罵り合い、恨まれたブロガーが刺殺されたとのことです。

どのようなやり取りだったのか、なぜブロガー本人とその居場所が特定できたのか知りませんが、言葉のやり取りだけで殺してしまいたいほどの憎しみを募らせるとは怖いですね。

ネット上の争いはよくあるようですが、私がよく目にする言い争いはそれほど酷くはなく、主に現実派が非現実派(夢想派)をからかう程度のもので思わず笑ってしまうほどユーモラスなものも多いので、こういったものであれば全く問題はないと思います。

時々見かける罵詈雑言、いわゆるヘイトというのでしょうか、あれはいけませんね。

憎悪の気持ちを増大させるような言い方はそもそも議論ではないので、現実派も非現実派もそこはお行儀よくしてほしいなと思います。

特に現実派の方々は言ってることは理にかなっているのだから何も罵詈雑言を持ち出す必要はないのです。

論理的に言い返せないのであれば強硬な主張はしないこと、さもなくば勉強して相手にわかるよう説明するべきでしょう。

夢想派の方々は、例えばこんな記事を書きます。→ http://blogos.com/article/300720/
「ウヨクはこんな奴らだ」と、みーんなひとくくりにされてしまいますので、つけこまれないよう気をつけましょう。

私のブログは政治問題を書くことが多く、「左筋」の方々に罵詈雑言を書き込まれることが以前は時々ありましたが、私は罵詈雑言が言えないので真面目にお答えしていましたら、そういうのもなくなりました。

なるべく激昂しないよう、冷静に話し合いましょう。

まあ、ああいう人たちは罵詈雑言合戦が好きなのかもしれませんけど。

.
 いつも応援ありがとうございます
        よろしくお願いします ⇒ 



.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

それとも本当に「北」と組んでいるのか

加計学園の理事長が記者会見をしたら、マスコミや野党がまた「大阪の地震やワールドカップ日本戦にまぎれて記者会見をやった。卑怯だ」と騒ぎます。

いったいどうすればこの人たちは満足するんでしょうか。

真面目な話、これから北朝鮮と交渉しなければならない時に、安倍おろしの馬鹿騒ぎは国益を損なうだけのものでしかありません。

北朝鮮メディアがどんなふうに日本のこの状態を報じているか、日本の政治家なら知るべきじゃないですか。→ https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20180617-00086571/

≪北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は16日、「崖っぷちに追いやられる安倍の政治的生命」と題した署名入りの解説記事を掲載。「森友・加計」問題で窮地に立たされた日本の安倍氏の近況を批判的に伝え、「安倍はどうにかして責任を免れようと悪あがきをしている」などと書いた。≫

マスコミや野党の安倍政権に対する攻撃はこれとそっくりです。

.
小泉政権の時に拉致被害者5人が帰ってきた時のことを覚えていますか。

なぜ北朝鮮は譲歩し、被害者5人を返したのか。

アメリカに脅されたことが前提にありますが、日本人全体が拉致問題に怒りを沸騰させ、交渉に臨んだ小泉政権を強く支持したからです。

マスコミや野党、あなた方は北朝鮮と一緒になって安倍政権が真剣に取り組んでいる拉致被害者奪還の邪魔をしているのですよ。

あなた方が安倍政権を攻撃していることが北朝鮮を喜ばせ、つけあがらせ、日本側の不利をまねいていることがどうしてわからないのか。
いや、わからないのではなく、拉致の解決など望んでいないのでしょう。国益などどうでもいい、とにかく安倍を引きずり下ろせということなんですね。

拉致被害者の家族の皆さんを泣かせるのはもうやめなさい。


国民はこういう時こそ一致団結しないといけない。そう思いませんか。


   
国民がもっと怒らなければ
 ⇒ 
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

笑点問題

政治評論家石平氏が日本テレビ「笑点」大喜利の政治ネタを批判しています。→ https://ironna.jp/article/9918

ツイッターで書いたら、いろいろ反論が来たようですね。

ラサール石井さんの意見などはこうです。

≪日本史で「二条河原の落首」を習わなかったのか。何百年も、いやそれ以上昔から、時の権力や世相を批判し笑いにするのは庶民のエネルギーだ。そして芸人は庶民の代表。「堕ちた」とどういう事か。政治批判は人間としての堕落だと言いたいのか。無知無教養、甚だしい。≫


私も「笑点」の政治ネタについては書いたことがありますが、ラサールさんのような人は、どうも「時代による政治体制や社会状況の違い」ということがわかってないようですね。

自由に政権批判ができない時代とか、情報を伝える手段が十分でなかった時代とかあるわけです。

なぜ昔は落語で政権批判をすると庶民は喝采したのか。

それは表立って言えないことを面白おかしい言葉で包み隠しながら上手に表現したからなんですよ。

今みたいに、政権批判だろうが何だろうが自由にもの言える時代に、落語で政権批判する必要あります?

もちろん、その表現が笑えるものならいいですよ。おおいにやってほしいなあ。でも石平氏が言うように、「面白いかどうか」で、お笑いに取り入れる意味があるんです。

ただ政治家をバカにしてるだけで面白くもなんともない、要するに「芸がない」ってことなんですから、やめたほうがいいと思いますけどね。芸人でしょ?

立川談四楼も反論してますけど、論点がズレちゃってます。→ https://ironna.jp/article/9923

民主党時代にも政権批判をしていた、と言うけれど、私は全然覚えてないなあ。どんなの?

どっちにしても、政権批判なら、白昼堂々いくらでもできますよ。現に言いたい放題じゃないですか。

政治ネタだったら本当は野党を材料にしたほうがよほど面白いものできると思いますけどね。
だってあの人たち、現実に向き合わず偉そうに文句言ってるだけですから。
種々パフォーマンスはほとんどお笑いです。

からかい甲斐があるんじゃないでしょうか。

でもテレビというオールドメディアでは野党や大新聞をからかうなんて、よほど勇気がないとできません。

.
 いつも応援ありがとうございます
     よろしくお願いいたします ⇒ 


.
        
        「アナクロニズム」 

.
(6/18 タイトル変更)

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

国民みんなで応援

米朝会談について、「何の成果もない」、「まずは両首脳の歴史的会談が実現したことが成果だ」と、評価が分かれています。

トランプ大統領と金正恩氏の機嫌良さそうな表情や仲良さげな仕草を見ていると、後者の見方をしたほうがいいかなあと思いました。

今までにないやり方でアメリカが北朝鮮に手を差し伸べていますよね。
太陽政策というのとも違う、「制裁は解除しないが」と言いながら、金正恩のメンツは潰さぬよう、良い関係を演出する。

合意文書は具体性に欠ける、と言われますが、具体性を書き込むことは金正恩を追い込み、敵対意識に再び火をつけます。それはこれからも続く米朝協議の妨げになるんじゃないでしょうか。

金正恩は残虐な人間で平気で嘘をつき約束を守らない、あの笑顔に騙されるな、などと盛んに言われ、たしかに騙されてはいけないのですが、かといって、金正恩を言い負かしたり、強硬な態度でこっちの条件を呑ませる、なんてことをやったとしたらこれからの交渉はうまくいかないと思います。
矛を収める態度を見せた今、経済援助が欲しい北朝鮮としてはもう危ないものを振り回すようなことはしないでしょう。
アメリカは「経済制裁は続ける」と言ってるのですから、そこは北朝鮮の弱みです。

体制も保証し、核廃棄の具体的な手順について何も決めなかったので、「金正恩を喜ばせただけだ」との批判も多いですが、喜ばせてやればいいんじゃないでしょうか。

どうせ彼らはお金がなければ途方に暮れるだけなのです。


さあ、次は日朝会談です。

「救う会」会長の西岡力氏が次のように述べています: https://www.sankei.com/column/news/180614/clm1806140004-n1.html
≪トランプ大統領が拉致問題を取り上げたのは、安倍首相の熱意や人道主義の立場だけではない。自国の財布は開かず、かわりに日本の資金をディールに使おうとしているのだ。
日本から見ると米朝首脳のディールに拉致問題が組み込まれたことは、大きな外交成果だ。米国の軍事圧力を拉致解決の後ろ盾に使うことができる構造を作り上げたことになるからだ。日本は蚊帳の外などではなく、米朝のディールの一角に拉致問題解決と経済協力を組み込ませることに成功した。≫

拉致被害者を返さなければ経済援助はいっさいしないし、我々にはアメリカという強い味方がいる。これを手札に交渉を進めるということです。

今までこのような形を作ることができなかったのは、これほど熱心にアメリカ大統領に訴え続けた首相がいなかったからだと思います。

それでも、「情けない。アメリカ頼みなのか」とか、まるで失敗すればいい、とでも言いたげに安倍外交を批判する人が少なくありません。

どうしてでしょうねえ。成功を祈ればいいのに。同胞じゃありませんか。

.

いつも応援ありがとうございます
    よろしくお願いいたします   ⇒ 


.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

民主国家の中心で反権力を叫ぶ

映画「万引き家族」見てないけど、ちょっと思ったことを。

万引きで生計を立てている家族の話、というので、犯罪行為で人に損害を与えながらその自覚がなく、貧困を行政に相談するという手立てに思い至る知力もない家族の哀れさを描いていると思いきや、「家族の絆」だとか「感動的」だとか、なんと「万引きを応援する気になってきた」という感想まで聞こえてきました。

リベラルと呼ばれるある種の人々には、弱者は正しいという思想があるらしく、法による措置を「非情」だとか、勉強のできる優等生は心が汚れているだとか、被害者より加害者に思い入れが強いとか、そんな思考傾向があるように思います。

アウトロー志向? 無政府主義? 無法地帯で自由に生きたいってことでしょうか?

法秩序より本能。

欲しけりゃ奪う。

盗った者勝ち。
   ・
   ・
   ・
なんだか弱肉強食の様相を呈してきました。大丈夫かね。

この映画で、フランスで権威ある賞をもらった是枝裕和監督は「公権力とは距離を置きたい」と、林文科大臣からの祝意を拒否したそうです。

そうしたら、「映画を作るにあたって国から補助金を受け取っているじゃないか。金だけもらって祝意は拒否するってなんじゃそれ。」と批判する人が出てきて、さらにそれに対しての反論があり、ネット上で議論沸騰し、読みながら自由奔放なリベラル人間の扱いにくさについて改めて考えさせてもらいました。

結局これは、サヨクの常で、専制時代の革命のロマンを胸に、この豊かな民主主義国家の真ん中で「国家権力と闘う!」って叫んでみたい、というだけのことなんだろうと思います。

この状況、昨日書いた記事とカブります。

国家に頼りながら国家を敵視する、みたいな。

しかしまあ、良い映画らしいから、私も見たら感動しちゃうかも。

どういうわけかリベラル人って芸術的に優れた人多いんですよね。反権力を胸に抱き続けていると才能が天から降りてくるのかしらん。

.
いつも応援ありがとうございます
    よろしくお願いいたします  ⇒ 


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

日出ずる国がどうした

人気ロックバンドRADWIMPSの新曲の歌詞が物議を醸しているそうです。→ http://blogos.com/article/303062/

全然知らないグループですけれど、
「日本に生まれた人間として、いつかちゃんと歌にしたいと思っていました。(中略)僕はだからこそ純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました。自分が生まれた国をちゃんと好きでいたいと思っています。好きと言える自分でいたいし、言える国であってほしい」という気持ちで作った、とあります。

こういう考えは別に危険でもなんでもないし、戦後左翼が主導したあまりに歪んだ国に対する意識を改めようという若者の目覚めを微笑ましく思う程度のことです。

コメント欄には色々な意見が載っているけれど、一見ニュートラルでリベラルと思えるような文面でも「冷静そうに見えてこれこそが戦後日本人に刷り込まれた思い込みなのだろうなあ」と思えるものがいくつかあります。

「もちろん歌が戦争を起こすわけではないが、こういう歌は国歌と同じようなもの」
とか、

「無自覚のナショナリズムっていうのが、空気として、ヤバいものを秘めているのです」
とか、

「こういう歌詞を当たり前、と受け入れていると、日本が中国みたいな、異分子、非国民を排除する国家になるかも」
とか・・・

あ~、日本リベラル特有の「神経症的過敏さ」が丸出しだなあって思います。

大事なのは周辺国が危険な仕掛けをしてきた時に自国を守る意志があるかどうかということでしょう。

リベラル先進国のフランスを例にとれば、過激な歌詞の国歌(元々戦争歌)や、このほど徴兵制復活を国民が受け入れたことなどが思い浮かびますよね。

自分たちの共同体を自分たちの手で守るという基本認識が国民の中にあるということでしょう。

世界中が右傾化してるとかなんとか煽る雰囲気があるけれど、自分たちの国が侵されそうになったら身構えるのは当然でしょうに。

件の歌の文句に「血潮」だとか「御国の御霊」だとかが入ってようが入ってまいが、そんなものが国防と何の関りがあるっていうんです?

中国じゃあるまいし、なんで日本が今の時代に侵略するとか異分子を排斥するとか心配するかなあ。日本みたいに優しい国ないですよ。

日本は戦後自虐史観があまりにも深く浸透してしまったために、
「日本に生まれて日本が好きと思うのも、日本に生まれたけど日本が好きじゃないってのも、個々人の自由だと思う」などと、リベラルを装った間抜けなことを言う人が今でも少なくありません。

「好き」とか「好きじゃない」とかいう以前の問題でしょう。

自分たちの生活を立ち行かせるために国を守るんだ。

「日本が好きじゃないって思う自由」なんて甘ったれたこと言う前にまずは国の安全のために備えるんですよ。

.
いつも応援ありがとうございます
       よろしくお願いします ⇒ 


.
関連記事: 「女たちよ」 

.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

モリカケ報道が少なくなったような気が・・・

モリカケ問題は収束したんですか?
それともまだやってるんでしょうか。

日本にとって差し迫った重要な問題そっちのけで「モリカケ」のような些末な問題に拘泥して1年以上、もういい加減にしろと多くの国民は思っているでしょう、というか、興味がなくなってきたでしょうね。

反安倍報道番組やワイドショーしか見ない人にはわからないかもしれませんが、実際この二つの問題は、マスコミや野党が大袈裟に疑惑をふくらませただけで、国家の一大事でもなんでもないのですよ。

政府の初動対応が下手だったせいで問題を無駄に長引かせることになってしまったのはたしかですが、野党やマスコミが疑惑として挙げているものはほとんど言いがかりのようなものです。

長期間にわたって厳しく追及してきた手前、野党はやめるにやめられないのでしょう。今さらやめたらそれこそカッコ悪い・・・と思ってるんでしょうね。

でもそろそろ終わりましょう。今や明治維新以降、敗戦に続く一大変革期という大事な時期なんだそうですよ。

渡辺利夫氏の「正論」: →「議論の本意」定め大事を論ぜよ

明治維新が成った後、驚異的な吸収力で西洋先進国の国家体制を学び、奇跡的な速さで近代日本を作り上げていった「まことに小さな国」のリーダーたちの健気さが、上記の簡潔な文章によって伝わってきます。

野党やマスコミが安倍政権を批判する時によく使う「昔に比べて今の政治は劣化している」みたいな表現が、まさしく些事にこだわり大局観を見失っている野党にこそ当てはまるものだということがわかりますよ。

野党だってこの国の政治家でしょうに。

国内政策では違いがあって当然でしょうが、外からの脅威に備えなければならない今、与党の足を引っ張るべきではないでしょう。どう考えてもモリカケより周辺事態のほうが重大事です。

内輪もめは全体の損になります。真っ当な批判なら良いけれど、今のマスコミや野党は国のためを思って行動しているとは思えません。

モリカケじゃなくまともな政策論争をするようになったら、きっと野党の支持率も上がりますよ。

.
いつも応援ありがとうございます
         よろしくお願いします  ⇒ 
                           



.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

天皇陛下も人間だもの

久米宏氏が司会をするラジオ番組で、ゲストの小林よしのり氏との次のようなやりとりを聞いたことがあります。

久米:
「先日の御言葉を聞いて思ったんですけど天皇って安倍さんのこと嫌いでしょ?」

小林よしのり:
「もちろん大嫌いですよ。安倍は『生前退位などさせるな、死ぬまで働かせろ』というゴリゴリの極右まで呼んで会議したんですよ。天皇に対する嫌がらせじゃないですか」(TBS「ラジオなんですけど」3月3日)

この二人は安倍さんが大嫌いなので、天皇陛下にかこつけて安倍さんの悪口を言いたいだけなのだと思いますが、天皇皇后両陛下はいわゆる「平和主義者」でいらっしゃるので、安倍政権の防衛政策を憂慮しておられるのはたぶん事実でしょう。

昭和天皇の末弟三笠宮崇仁親王は陸軍少佐であった1943年に南京に赴任した際、中国の反日プロパガンダ(戦時残虐行為の映像など)をすっかり信じてしまわれたそうです。→ http://robita-48.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-0bdd.html

日本軍の残虐行為が罪のない中国の人たちを傷つけたのだと熱心に説いておられたそうで、天皇家の方々が贖罪としての平和主義を信奉されるようになったのはそういういきさつがあってのことだと思います。

しかし天皇に教え諭すことなど誰もできないでしょうし、今更どうにもなりません。

いずれにしても政治的発言などできないお立場ですから、平和と国民の幸せのためにひたすら祈り続けてくださる天皇陛下の姿に私たちは胸を打たれ、皇室に敬愛の念を抱く、その恩恵だけを有難く思えば充分と思います。

皇室も世代が代わるにつれ、情報も色々取り入れられるでしょうし、思い込みから解放される日も来るでしょう。

天皇皇后両陛下や皇太子ご一家を反日左翼だとしてバカにするような文章をいくつかネット上で見たものですから、反論というほどのことはないけれど、こんな風に考えたらどうかしらと思って書いてみました。

.
いつも応援ありがとうございます
         よろしくお願いします ⇒ 


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »