« 内田先生の自家撞着 | トップページ | モリカケ報道が少なくなったような気が・・・ »

2018年6月 3日 (日)

天皇陛下も人間だもの

久米宏氏が司会をするラジオ番組で、ゲストの小林よしのり氏との次のようなやりとりを聞いたことがあります。

久米:
「先日の御言葉を聞いて思ったんですけど天皇って安倍さんのこと嫌いでしょ?」

小林よしのり:
「もちろん大嫌いですよ。安倍は『生前退位などさせるな、死ぬまで働かせろ』というゴリゴリの極右まで呼んで会議したんですよ。天皇に対する嫌がらせじゃないですか」(TBS「ラジオなんですけど」3月3日)

この二人は安倍さんが大嫌いなので、天皇陛下にかこつけて安倍さんの悪口を言いたいだけなのだと思いますが、天皇皇后両陛下はいわゆる「平和主義者」でいらっしゃるので、安倍政権の防衛政策を憂慮しておられるのはたぶん事実でしょう。

昭和天皇の末弟三笠宮崇仁親王は陸軍少佐であった1943年に南京に赴任した際、中国の反日プロパガンダ(戦時残虐行為の映像など)をすっかり信じてしまわれたそうです。→ http://robita-48.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-0bdd.html

日本軍の残虐行為が罪のない中国の人たちを傷つけたのだと熱心に説いておられたそうで、天皇家の方々が贖罪としての平和主義を信奉されるようになったのはそういういきさつがあってのことだと思います。

しかし天皇に教え諭すことなど誰もできないでしょうし、今更どうにもなりません。

いずれにしても政治的発言などできないお立場ですから、平和と国民の幸せのためにひたすら祈り続けてくださる天皇陛下の姿に私たちは胸を打たれ、皇室に敬愛の念を抱く、その恩恵だけを有難く思えば充分と思います。

皇室も世代が代わるにつれ、情報も色々取り入れられるでしょうし、思い込みから解放される日も来るでしょう。

天皇皇后両陛下や皇太子ご一家を反日左翼だとしてバカにするような文章をいくつかネット上で見たものですから、反論というほどのことはないけれど、こんな風に考えたらどうかしらと思って書いてみました。

.
いつも応援ありがとうございます
         よろしくお願いします ⇒ 


.

|

« 内田先生の自家撞着 | トップページ | モリカケ報道が少なくなったような気が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/73615683

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下も人間だもの:

« 内田先生の自家撞着 | トップページ | モリカケ報道が少なくなったような気が・・・ »