« 激昂仮面のおじさん | トップページ | 戦士の本領 »

2018年6月29日 (金)

作戦か矜持か

サッカーワールドカップ、昨晩の日本vs.ポーランド戦で日本は一点取られてしまったけれど、同じ組の他国の結果如何で日本の決勝進出が決まるというので、日本の進出の可能性が濃厚になってきたあたりから、時間稼ぎをするという作戦に出ました。

日本チームは終盤10分ほどの間、攻めることをせずただボールをだらだら回し続けるだけでしたので、観客からの激しいブーイングも起き、相手チームはやる気も失って座り込んでしまう選手もいました。

これについては賛否両論ありますが、私はスポーツの試合というものをよく知らないからでしょうか、こんなやり方にはがっかりしてしまいます。

「これが勝負の世界というもの」「決勝進出という結果を出すことができた」「結果がすべてだ」という意見もありますが、非難されるような手を使ってでも勝ちさえすれば選手も観客も満足なのでしょうか。

「サッカーは戦争だ」という言葉を聞いたことがあります。

なぜみんなあんなに熱狂するのか。普段サッカーにそれほど興味がない人たちや「国民一丸」が大嫌いな人たちも、ワールドカップとなると国民一丸となれるようです。

本当の戦争ならば、始めたからには絶対に勝たねばならないという意気込みで自国の活躍を応援したことでしょう。なんせ生活がかかっていますから。

裏をかく、急襲する、持久戦に持ち込むなど、卑怯と言われようがせこいと言われようが、ありとあらゆる工作を駆使して相手を叩きのめそうとするのが本当の戦争だと思います。

しかし
スポーツの世界大会で勝ちたいからって、ブーイングされるような手を使うのはいかがなものか。

「日本らしくない」と思われるのか「やっぱり日本か」と思われるのかどっちなんでしょう。

日本人は国際社会での評判を気にしすぎる、とも言われますが、「評判」というのはとても大事だと思います。

戦争にも言えますが、負けてもプライドを失わず、いつまでも首をうなだれていないで次に向かって立ち上がるのが他国から一目置かれる態度というものではないでしょうか。

まあでも、西野監督が言うように、これも日本サッカーが成長するための過程なのかもしれませんから、ひとつの貴重な経験として無駄にしないようにしてくださいね。

北アイルランド代表のマイケル・オニール監督はBBCのテレビチャンネルBBC Twoで、この試合について:

「よその試合がどうなるかに自分の運命すべてを預けてしまうなんて、監督として、考えるだけでくらくらする。少し日本ひいきになっていたのだが、次の試合でぼろ負けしてもらいたい」と日本を厳しく批判したそうです。
.
いやだなあ、BBC放送でそんなこと言われちゃって・・・。

よし、次の試合はぜってぇ負けるんじゃねぇぞ、ニッポン!

是非とも勝って、オニール監督とやらをぎゃふんと言わせてやれ!

ブーイングした観客たちの鼻をあかしてやれ!

.
 いつも応援ありがとうございます
     よろしくお願いします ⇒ 


.

|

« 激昂仮面のおじさん | トップページ | 戦士の本領 »

コメント

あるサッカー関係者のあの試合の解説です。

必然のギャンブル?ポーランド戦、日本はなぜ機能しなかったのか?(footballista)
https://www.footballista.jp/special/46902

「「あんなサッカーは子供たちに見せられない」などの意見があるのも知ったが、ならば絶対に見せるべきだ。残念ながら、これこそがサッカーだからだ。夢をぶち壊して申し訳ないが、大抵サッカーは美しくないし、清くもないし、正義も夢もない。道徳的な行いが報われるとは限らないし、倫理観など皆無のプレーが往々にして報われることがある。西野監督本人の言葉を借りれば、「不本意な決断」を強いられることもある。結果が見えない状態ですべてを一気に失うリスクも覚悟し、勝つために自分の信条にそぐわない決断をブーイングを浴びせられながら行わなければならない。これが現実だ。そういうギリギリの世界なのだ。」

投稿: かせっち | 2018年7月 1日 (日) 19時07分

★かせっちさん

夕食の後片付けが終わったらアップしようと思って下書きしておいた文章を、今手直ししたところですので載せます。
日本サッカーは一段階上がった、というか、一皮むけたということなのかもしれませんね。

投稿: robita | 2018年7月 1日 (日) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/73770190

この記事へのトラックバック一覧です: 作戦か矜持か:

« 激昂仮面のおじさん | トップページ | 戦士の本領 »