« 笑点問題 | トップページ | 激昂仮面のおじさん »

2018年6月20日 (水)

それとも本当に「北」と組んでいるのか

加計学園の理事長が記者会見をしたら、マスコミや野党がまた「大阪の地震やワールドカップ日本戦にまぎれて記者会見をやった。卑怯だ」と騒ぎます。

いったいどうすればこの人たちは満足するんでしょうか。

真面目な話、これから北朝鮮と交渉しなければならない時に、安倍おろしの馬鹿騒ぎは国益を損なうだけのものでしかありません。

北朝鮮メディアがどんなふうに日本のこの状態を報じているか、日本の政治家なら知るべきじゃないですか。→ https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20180617-00086571/

≪北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は16日、「崖っぷちに追いやられる安倍の政治的生命」と題した署名入りの解説記事を掲載。「森友・加計」問題で窮地に立たされた日本の安倍氏の近況を批判的に伝え、「安倍はどうにかして責任を免れようと悪あがきをしている」などと書いた。≫

マスコミや野党の安倍政権に対する攻撃はこれとそっくりです。

.
小泉政権の時に拉致被害者5人が帰ってきた時のことを覚えていますか。

なぜ北朝鮮は譲歩し、被害者5人を返したのか。

アメリカに脅されたことが前提にありますが、日本人全体が拉致問題に怒りを沸騰させ、交渉に臨んだ小泉政権を強く支持したからです。

マスコミや野党、あなた方は北朝鮮と一緒になって安倍政権が真剣に取り組んでいる拉致被害者奪還の邪魔をしているのですよ。

あなた方が安倍政権を攻撃していることが北朝鮮を喜ばせ、つけあがらせ、日本側の不利をまねいていることがどうしてわからないのか。
いや、わからないのではなく、拉致の解決など望んでいないのでしょう。国益などどうでもいい、とにかく安倍を引きずり下ろせということなんですね。

拉致被害者の家族の皆さんを泣かせるのはもうやめなさい。


国民はこういう時こそ一致団結しないといけない。そう思いませんか。


   
国民がもっと怒らなければ
 ⇒ 
.
.

|

« 笑点問題 | トップページ | 激昂仮面のおじさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/73717129

この記事へのトラックバック一覧です: それとも本当に「北」と組んでいるのか:

« 笑点問題 | トップページ | 激昂仮面のおじさん »