« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月30日 (月)

支配の構造

昨日のフジ「ワイドナショー」で、「ロックは反体制」の話題になった時、ゲストの乙武洋匡氏が、「今、反体制というのは、反『世間』ということですよね」と言い、その意見に出演者たちも頷いたようでした。

それはそうなんですよね。

民主国家で、しかもインターネットが発達した現代では、国民は政治体制によって支配されるのでなく、世の中の空気が圧力となって社会体制に大きな影響力を持ちます。

だから「ロックは反体制」という伝統は方向性が違ってきて当然だと思います。

乙武さんはそういう意味で言ったのでしょう。

つまり、安倍政権を独裁だなどといって反体制を気取っているロックミュージシャンは、政治の動向に強い影響力を及ぼすマスコミの権力の大きさに気がついたほうがいいし、インターネット上での様々な意見に触れたほうがいい、ということです。

でなければロックはただの「守旧派」です。


ところで、論壇「ironna」にこんな記事が載っていました。→ https://ironna.jp/article/10210

ネトウヨを潰そうという運動が起こっていて、ヘイトスピーチとみなされた投稿が次々と削除されているそうです。

明らかなヘイトは削除されても仕方ありませんが、表現の自由という観点から判断はなかなか難しそうです。

≪実際に投稿を削除したりアカウントを停止したりする権限を持っているのは、グーグルやツイッターなどの大手IT企業である。ユーザーからの通報を受けて、ある投稿がヘイトスピーチなのかそうでないのかを判定するのも、これらの企業である。

従来なら通報先となったはずの国家や司法は、(先に挙げた法務省のキャンペーンのように)外部からプロモーションを行っているに過ぎず、法制化されたといっても罰則などはないのである。だから「BAN祭り」は国家(警察)や公的機関には通報しない。グーグルやユーチューブやツイッターに通報する。

今やヘイトという社会悪を裁くのはIT企業なのだ。いつのまにか、IT企業こそが「公(おおやけ)」を担う主体になったのかもしれない。

この構造を踏まえるならば、将来、「規制」をたてに「表現の自由」に行きすぎた制限をかけてくるのは、IT企業かもしれないのである。

これは実に興味深い示唆です。

もっとも、googleというのは「世界政府」を目指して創設された会社だそうですから、こういうことは世界統一の途上に現れる一つの現象として織り込み済みなのかもしれません。

それでも「国家」が不必要になる時代はまだまだ先のことでしょうから、しばらくはそれぞれの国が自国の国益を考えて行動するのは当然のことです。

自分たちの政府を敵に見立てて反体制を叫ぶより、本当の敵はどこにいるのか見極めることに力を注いだほうがいいと思いますけどね。

.
いつも応援ありがとうございます
  どうぞよろしくお願いいたします  ⇒ 

.
関連記事: 「アナクロニズム」 

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

安定政権は国益

TBSラジオ「デイキャッチ」ではリスナーが投稿する時事川柳のコーナーがあって、政治を題材にしたものはほとんどが安倍政権批判になっています。まあ反安倍番組だから仕方がないですが。

一昨日こういうのがありました。
 ≪ 困りもの 居座る猛暑 安倍総理 ≫  

猛暑も安倍も居座り続けるので困る、というんですね。

そしたら、コメンテーターの毎日新聞近藤勝重さん(左翼爺様)が、「『困りもの』なんて優しすぎる。『すぐに去れ』がいい」って言いました。

なんだかねえ。もう国民がみんな安倍政権に苦しめられていて安倍首相に早く辞めてほしいと思ってる、と決めつけてるんですね。
支持率と不支持率はほとんど同じだから、国民の半分は、安倍政権をそんなに悪くないと思っているのは確かなのに、自分が嫌いだからって、国民全員が安倍首相の退陣を望んでいるかのような言い方をするって、ジャーナリストとしてあまりにお粗末じゃないでしょうか。


「与党は何でも強行採決をする。民主主義の危機だ」・・・、反安倍の人たちがよく発する言葉ですが、物事が決まらない時に多数決で決めるのが民主主義なんですよね。

「審議が不十分なのに」と言いますが、野党はそもそも重要法案といわれるほとんどの法案に反対なんです。成立させたくないんですよ。だから何時間議論しようがどこまでいっても反対します。

どこかで決着をつけるしかないんです。それが多数決です。

国民が議席を与えて意思を託した国会議員が決議することが悪いんだったら、いったいどうしたらいいんでしょうか。

安倍政権は文句のつけようがないほど素晴らしいとは私も思いませんよ。けれども経済も外交も悪くないです。首相交代の必要があるとは思えません。


例えば今国会で成立したIR法案を例にとりますと、カジノを含む総合型リゾート施設を作ることが良いのか悪いのか、それは誰にも断言することはできません。
すごく繁盛して大きな経済効果を生むかもしれない。あるいは何らかの弊害が出てくるかもしれない。

でも、賛成多数で決まりました。それはつまり国民の意思だとみなすわけです。それが民主主義。

何も侵略戦争を始める法案に賛成してるわけじゃないのですからね。

「IRは悪い」と決めつけるほうが乱暴だと思います。

少数派の考え方を国民に押し付けるとなると、それは国民の大多数の意思を尊重しないということになります。

日本は少数の指導者層が力で国民を脅して従わせる独裁体制ではありません。

そりゃあ、民主主義にもいろいろ問題はあります。でもそれよりマシな方法がないから民主主義を採用してるわけです。

もちろん、多数派の主導にも厳しいチェックは必要ですので左翼の方々はぜひ頑張ってください。

その際、ただ「安倍は最悪だ」「安倍は横暴だ」「安倍辞めろ」と感情をぶつけるだけでなく、なぜそう思うのか論理的に説明しないと人を納得させることはできません。

冒頭の近藤勝重さんのようなお爺様はこの日本に多いと思いますが、民主主義とはどういうシステムなのかちょっと立ち止まって考えてみてほしいと思いますね。

.
いつも応援ありがとうございます
どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

夢見る人は夢の中

私が子供のころから、自民党はいつもマスコミ(主に新聞)に叩かれていました。
家庭内でも父が「自民党の奴らなんか政治家じゃない。政治屋だ。金に汚い」などと批判していました。

汚職事件やアメリカ追従政策などが盛んに報道され、子供心に「自民党というのは悪い集団」という印象を持っていました。

選挙権を得た頃には、「なんとかこの悪い自民党をやっつけなければならない」と思い、社会党候補や、時には自民党よりマシだろうなどと、なんと共産党なんかに票を入れたこともありました。

それでも自民党政権は盤石で日本社会はどんどん豊かになっていきました。

国が成長するとはどういうことかを理解していれば、いくら私が若いといっても社会党に政権を取ってもらおうなどとは思わなかったでしょうに、「カネだけ儲かればいいのか。人間社会が殺伐としてきたじゃないか」なんて若さゆえの正義感を滾らせていたものでした。

マスコミや進歩的知識人たちの理想を夢見る美しい言論は若人に強い影響を与えていたのだと思います。


今になってマスコミは、あの頃より洗練された自民党を「最悪」だと言い、特に安倍政権を目の敵にして、「あの頃の自民党は良かった」なんて昔を懐かしむのです。

今よりずっと利権がらみが多かった昔の泥臭い政治が懐かしい、と言っているのでしょうか。

安倍政権を支持する人々、特に若い世代は自民党を改革政党と位置づけ、左翼政党を守旧派だと理解しているようです。

理想を語るだけでは現実に対処できず、現実に対処できなければ改革もできないとわかっているのでしょう。

.
いつも応援ありがとうございます
どうぞよろしくお願いいたします  ⇒ 



.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

日本が好き

サッカーワールドカップ決勝戦ではフランスに敗れ準優勝となったクロアチアですが、ここに至るまでの快進撃が評判になっていましたね。

人口わずか420万人の小国の快挙を称える声が世界のサッカーファンから上がりました。

駐日クロアチア大使が言っていたのですが、強さの源は愛国心だそうです。

日本では愛国心を口にすると白い目で見られる傾向がありますが、日本以外の国では「強さの源は愛国心だ」などと言っても別に叩かれたりしないでしょう。

私は見ていないけれど、ここまでのクロアチアの試合はかなりの見ものだったそうで、先日のラジオ番組で、その戦いぶりを絶賛する評論家山田五郎氏が愛国心について語っていました。

ちょっと前に物議を醸したロックバンドRADWIMPSの「HINOMARU」という歌やスポーツで自国の選手を応援することなどを引き合いに出し、「愛国心を持つのは自然なこと。悪いのは愛国心ではなく、それを利用する全体主義が悪いんです」と力説していました。

これは特に目新しい見解でもなんでもなく、「右」だとか「保守」だとか称される人々がずっと変わらず言ってきたことであります。

この単純明快なことがついに「進歩的文化人」の口から出るようになったかと思うと実に感慨深い。

日本のこの変化は現在世界中に吹き荒れている「右翼ポピュリズム」の嵐とはほとんど関係がありません。

自国を貶めて満足するという日本人の奇妙な体質が改善されつつある、ただそれだけのことです。

愛国心という言葉への過剰反応はおかしいとやっと気づき始めたのです。

ただ、重度のアレルギーを持つ方々がまだ多数いて、それは憲法9条とも連動しているので、国のためを考えれば、そのうちの半数ぐらいはぜひとも治してもらわないと困ります。日本の存立のために。

しかし、困ったことに、その人たちの思考を操っている確信的な反日勢力が日本社会のあちこちに根付いているため、その影響を受け続ける日本人は覚醒するのが非常に困難です。

こちら側からは、どうか自分の頭で考えてほしい、と訴え続けるしかありません。


一方で、洗脳から目覚めることで、針が反対方向に極端に振れる現象も起こり得ます。

ちょっと愛国過剰ではないかと思えるような人もたまに見かけて心配になりますが、まあ、そういった極端な考えを抑制する力は日本社会には備わっています。

昨今の「日本スゴイです」的な風潮などは、批判もされますが可愛いもんだと思いますよ。あまりに自虐的だったことへの反省がこういう臆面もない日本讃歌につながっているだけのことでしょうね。そのうち落ち着くでしょう。

とにかく、普通でいいんです。普通に自分の国を大事にしましょうよ。

.
 いつも応援ありがとうございます
     よろしくお願いいたします ⇒ 


.

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

西日本豪雨

西日本の大水害に関して、反安倍勢力がSNSで色々な誤情報を流して「安倍内閣には危機管理能力がない」という印象操作を行っている模様です。

例えばある活動家は、
 
「安倍首相が視察に来るから体育館に急いでクーラーを設置した、って倉敷の友達が言ってた」 とツイートしネット上で拡散してしまったとのことですが、これにはさすがに世耕経産大臣が怒りの反論をしています。→ http://netgeek.biz/archives/122389

また立憲民主党の蓮舫氏らは、
≪もはや避難所にクーラーのレベルではなく、災害救助法上のみなし避難所の旅館・ホテルを借り上げ、被災者の居場所を確保すべきです。≫ と7月13日にツイートしたそうですが、
政府は既に対応済みだったようで、首相官邸はその前日に次のような発信をしています。

>同時に、一刻も早く、避難所での不自由な生活から脱していただくため、旅館ホテル組合の協力により800人分の部屋を確保し、既に、お年寄りや幼いお子さんのいらっしゃるご家族を中心に避難所からの移転が始まっています。

>更に、被災地を中心に、公営住宅など1万7千戸、民間の賃貸住宅5万4千戸を確保したところであり、順次、入居募集を行っていきます。


反安倍の活動家も野党も、こんな大変な災害が起こった時でも、それを利用することしか考えていないのですね。マスコミはこういういきさつを報道しないし。

こんなざまではとても彼らの意見や報道を信用したり国政を任せる気にはなりません。

.
いつも応援ありがとうございます
          よろしくお願いします ⇒  


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

官邸の悪だくみ、だそうだ

昨日、オウム事件で死刑が確定していた首謀者麻原彰晃ら7人の死刑が執行されました。

さっそく出ました。悪いことはなんでもかんでも安倍政権に結び付けずにはいられないTBSラジオ「デイキャッチ」の宮台真司コメンテーターの講釈。

「オウム真理教は弟子たちの忖度競争で過激化し暴走した。安倍政権も同じだ」
「だから洗脳は怖いんです」ですって。

安倍政権を支持してる国民は安倍さんに洗脳されてるそうですよ。

宮台さんに洗脳されてる人もいるし、アメフト監督に洗脳されている人もいるし、世の中洗脳だらけですね。恐ろしいことですわ。

自分の頭でしっかり考えないといけませんわね。頑張りましょう。

.
いつも応援ありがとうございます
     よろしくお願いいたします ⇒  



.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

韓国とそっくりな人たち

韓国の反日は毎度のことなのですが、それにしても、日本vs.ベルギー戦を実況放送中、日本が逆転された時に韓国の解説委員が喜びの叫びを上げたそうですよ。→ http://blogos.com/article/309080/

≪2-2の後半ロスタイムにシャドリが劇的な逆転ゴールを決めたことでベルギーが3-2で勝利した。このとき、KBS(韓国放送公社)のハン・ジュンヒ解説委員が「シャドリ、ありがとうございます」と興奮気味にコメント。≫

さすがに一部の視聴者から、

「公営放送のKBSでこのような不公正な解説をしてもいいのか。いくら日本が勝つのが気に入らなくても、解説は公平にすべきではないのか」
「韓日戦でもないのにこのような不公正中継をするなんて。解説者ならもっと中立性を守って中継するべきだ」

といった批判のコメントも寄せられているとのことです。

で、解説委員は「申し訳ない」と謝りながらも、「本能を隠せなかった」と言ったそうなんです。

「本能」ねえ・・・。はるか昔の先祖から受け継いだ本能のせいでもあるだろうし、長年の反日教育・反日報道による洗脳のせいでもあるでしょう。

もうこれは矯正不可能なほどに凝り固まっているものと思われます。

これとそっくりなことが日本国内でもあります。「安倍嫌い」ですね。

本能というか、思い込みというか、洗脳されているとでもいうのか、あれだけよく働いている総理大臣を大した理由もなく蛇蝎のごとく嫌うのは、やはり韓国の人たちと同じ心理状態に陥っているのではないでしょうか。

そりゃあそうですよね、マスコミがあれだけ力を入れて「反安倍教育」をやっているのだもの。洗脳されてしまうのも無理はないかもしれません。

韓国の日本嫌いはよその国のことだから「勝手にやってろ」「好きになってもらわなくて結構」で済むけれど、安倍氏の場合は我が国の総理大臣ですからねえ。

そりゃあ、どこかの国の独裁者みたいに国民の自由を奪って私腹を肥やすような悪い奴だったら、誰だって反安倍になるでしょうけど、国民主権のもとで選ばれたのですから、安倍氏が首相であるのは国民の意思の反映に他ならないわけです。

マスコミの多くは、反安倍政権の姿勢で報道しますが、特にひどいのはTBSラジオ「デイキャッチ」。

この人たちは当然のように「安倍は悪い奴。国民の敵」という前提で話を運びます。

だから、内容が韓国のスタンスとまるで同じになってしまいます。

安倍政治の成果を全く評価せず、うまくいかないと嬉々として盛り上がるのです。韓国とそっくりでしょう?

洗脳された人たちがおかしな報道をして聴取者たちをさらに洗脳するという厄介な構造。

困ったもんだ。

.
いつも応援ありがとうございます
  どうぞよろしくお願いします   ⇒ 


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

戦士の本領

ワールドカップポーランド戦での西野監督の時間稼ぎ戦術については色々な意見が出ていて、たいへん興味深いです。

ある程度のところまで勝ち上がってくると、どのチームも全力で戦うというより、他国の勝ち負けによって自身の順位が決まるとか、どの国と対戦することになるかなど、他国の状況を気にするようになり、「他力」頼みになるのはそれほどおかしなことではないようです。

どの国も大なり小なりそういうことをやってきたのであれば、日本だけがずるいことをやっているかのように責められては監督も選手たちも可哀想です。

他国がああいった調子でやるんなら、武士道精神で行くんだと日本だけが突っ張っていては永久に勝てないでしょう。
それでもいい、潔さのほうが大事だ、というなら、何のために参加しているのかわからなくなります。

今回のことで、政治家からは「選挙と同じだ」、外交官からは「外交と同じだ」という感想もあったようです。 → https://www.sankei.com/column/news/180630/clm1806300003-n1.html

政治学者の櫻田淳さんは、フェイスブックに
「日本も、こういう狡(ずる)いサッカーができるようになったかと思えば、実に感慨深い」と書いたそうです。

なるほど、サッカーはやっぱり戦争なんだ。

強豪国というのは、ルールの範囲内でいろいろなやり方を試しながら成長して今があるのでしょう。

橋下徹氏は
「ポーランド戦の最後のパス回しを批判するのは頭の悪い証拠。緻密な状況分析による最高の戦術。そして指揮官西野監督の勇気と胆力。あそこで勝負するのは太平洋戦争に突入した日本軍と同じ。」とツイート。

もし、あの戦術を取らなかったとしたら、結果は「玉砕」になっていたかもしれないということでしょうか。

西野監督と選手たちは、今回日本サッカーに革命を起こしたのかもしれませんね。

試合後のインタビューで西野監督は「不本意だった」と言い、選手たちには頭を下げたそうです。

本田圭佑選手は
「次に進まないと、面白いサッカーをしてファンを喜ばせることができなくなる。次のため、そこは理解してほしい」とファンに要望しました。

実際に戦うことなくあれやこれや言うだけの観客がドキッとするような日本代表の言葉でした。

応援します。

せいいっぱい戦ってください。


.
いつも応援ありがとうございます    
    どうぞよろしくお願いします
 ⇒ 


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »