« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月28日 (火)

単なる「政治家の妻」でなく

週刊新潮には「結婚おめでとう」と「追悼」の記事が対になって毎号掲載されます。

最新号に、立憲民主党衆議院議員の結婚の記事が載っていました。

新郎側の主賓として立憲民主党党首枝野幸男、党顧問菅直人氏らが出席した、というのは別に驚くことでもありませんが、新婦側の来賓席には自民党の大物政治家(林芳正文科相等)が顔を揃えていたというのです。

新婦の父が嘗て自民党市議であり、林芳正氏の後援会長を務めるなど、自民党の重鎮としての役割を果たしていたそうです。

私はこういう話を聞くと、もちろん新婚夫婦が幸せになってくれればいいとは思うものの、父親が自民党だからといって若い夫婦には関係ない、という話だろうか、と思ってしまうのです。

義父と義息子は仲良くやっているというけれど、お互い政治を生業としているのです。政治信条は生き方そのものではないかと思います。

当然、会話の中で政治が話題になることはあるでしょうし、考え方が違うのだから意見のぶつかり合いが起きるほうが自然だと思います。

それとも、「政治信条」なんて名ばかりで、政治家なんて自分や身内や地元の利益のために適当に話を擦り合わせたりごまかしたりするだけの職業なんでしょうか。


そういえば、自民党の世耕弘成経済産業大臣が民主党の議員と結婚した時もものすごい違和感を感じました。

与野党は政治の場であれだけ反目し合っているのに、与野党に分かれている政治家夫婦の間で意見の対立がないというのはおかしいし、「家庭内野党」だなどと冗談のように笑って済ませられるものとも思えません。

奥さんは2年前の参院選で落選したそうですが、今も左派の政治グループで活動しているようです。憲法9条の改正に反対で外国人地方参政権に賛成、という立場だそうですが、そんな考えを旦那さんはどう思っているんでしょうか。

夫婦の関係は政治信条なんかに左右されるものではないのでしょうか。

しかしですよ。もし私だったら政治の話などすることもないままに「大好き」の感情だけで結婚し、そのうち改憲などの話題でぶつかり合って意見の一致ができない場合、相手を「なんてバカなやつなんだ」と思いながら一生過ごすことになりそうです。

憲法なんか個人の生活には関りがないから夫婦の関係に支障はない、そういうことでしょうか。

そうなのかなあ。

国民が国家の一員として考えるべきことを「関係がない」で済ませられるとは思えません。

個人は大切にされなければならないけれど、その「個人」は国あっての個人です。誰も個人だけでは生きられない。国は土台です。

一般国民同士の結婚でも、あまりに価値観が違うのはどうなのか、と思うのに、政治家同士となると事は深刻ではないのでしょうか。


国家観の違う政治家同士の結婚は「党派の国家観の違いからくる対立なんてほんのお遊びで、国民にとってそれほど重要な意味はない」と言ってるように聞こえるのですが、私はまじめ過ぎるんでしょうか。


.
いつも応援ありがとうございます
 どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月26日 (日)

ちょっと考えればいいだけなのに

もう10年以上前に書いた文章ですが
 
     ↓


10年以上たっても状況はそんなに変わっていませんね。

どんなに丁寧に説明しても聞かない人は聞かないし、「改憲は怖いこと」と思っている人がまだまだたくさんいるんです。

で、こんな試みもしてみました
 
   ↓

「架け橋」 


小さいことでも一人一人ができることをやるしかありませんね。

国民のためにも、もちろん自衛隊の皆さんのためにも、改憲はできるだけ早いほうがいいのです。

.
いつも応援ありがとうございます
  どうぞよろしくお願いいたします  ⇒ 

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

国民を教え導くのか 国民の程度に合わせるのか

今朝、自民党総裁選挙に立候補を表明した石破茂氏がテレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」に生出演していました。

安倍政権批判を期待するテレ朝と、国民に呼びかけて支持を得たい石破さんの思惑が一致したものでしょう。

石破さんはかなり厳しく安倍さんを批判していました。
加計問題では「加計理事長は首相の親友ならばこそきちんと説明すべき」、経済では「一部の人たちだけが豊かになって、格差が広がった」と野党のようなことを言います。

ただ、憲法9条問題だけは石破さんに理があるのは否めません。

安倍首相が提示した「2項は残して自衛隊を明記する」という案は石破さんの言う通り姑息です。

軍事力を否定し交戦権を禁じる2項をそのまま残して自衛隊を明記するという大きな矛盾を新たに作って、いったい改憲の意味があるのかと思います。

もちろん自民党の苦悩はわかります。
連立を組む公明党とはたもとを分かつわけにはいきません。

「平和の党」である公明党がこれならぎりぎり譲歩してくれるという案なのでしょうし、公明党だって、矛盾はわかるが支持者の強固な護憲の思いを無視するわけにはいかない、ということでしょう。

安倍首相は苦渋の選択をしたのです。

石破氏にそういう事情がわからないわけはなく、その上で理路整然と改憲論を述べます。

それはまさに正論で、総裁選で候補同士の討論があれば、この問題では安倍氏は分が悪い。

なぜなら、巨大な支持母体を持つ公明党の事情や強固な護憲派の正体を討論の場で論じるわけにはいかないからです。

石破氏は自民党の苦悩を知りながら、「国民を説得して、5割以上の賛成を得ることが大事なのであって、その努力もしないで『こういう案でなければ理解を得られない』というのは政治家としてどうなのか」などと正論を述べます。

ずるいですね。

案の定、ネットでは、この番組を見た反安倍派が石破氏を絶賛しています。

国民の十分な理解を得られないまま改憲の発議をするのは良くない、というのが石破さんの考えなのでしょうが、改憲は自民党の支持率が比較的高く安定している時に行うべきでしょう。

石破さんが総裁になったら支持率はどうなるかわかりません。

まして2項削除強硬派である石破さんに反発する国民は増えるのではないでしょうか。

石破さんの言う「国民を説得する」というのは非常に難しいことです。

ほとんどの護憲派はそんな説得に聞く耳持ちませんし真剣に議論するとも考えられません。

なぜなら、色々な政治討論番組でもう長年にわたって改憲問題をイヤと言うほどやっていて、そこではイヤというほど正論が語られているにも関わらず、ほとんどの国民はそんな議論には興味がありません。見ないのです。ただ「平和が大事だから護憲」と頑なに信じている人がどれだけ多いか。

こんな状態では、結局改憲できないまま、専門家の間だけで今までのような不毛な論争が続くだけだと思うのです。

番組コメンテーターの青木理氏や玉川徹氏もかなりずるい。

「僕は石破さんの考えに反対だけど、安倍さんより筋が通っている」と口を揃えて言うのです。

反対だけど筋が通っている、ってなんじゃそれ。もう「何が何でも安倍が悪い」丸出しですね。


安倍首相の改憲案はとても変だけど仕方がない。

それはこの民主主義国において国民の頭の中そのものを表している、ということに他ならないのですから。

.
いつも応援ありがとうございます
  どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 


.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

こっちの、じゃなくて、あっちの侵略をどうするかっていう話

石破茂氏が、自民党総裁選出馬の記者会見で、国際協調について次のような発言をしたそうです。こんなこと言ってたなんて知りませんでした。

≪「要は、いかにして相手を理解するかということであって、安全保障でもそうでした。
私が(防衛庁)長官のときに、人民解放軍の陸海空の青年将校が参りました。
私は自衛隊に対し、機密以外はすべてみてもらうように命を下しました。
それを見た上で、日本が中国を侵略しようとしているか判断してくれと申し上げました。
そういうような相互理解、認識の共有、国益を踏まえた上でのそういう信頼関係の構築は、日中間に限らず必要なことだと承知をしております」≫


もう本当にびっくりいたしました。

いえ、日本の軍事情報を中国側に明かした、というところにじゃないですよ。

軍事情報を見せて
「日本が中国を侵略しようとしているかどうか判断してくれ」って・・・・


日本が侵略しようとしてないなんてことは中国は百も承知ですよ。

中国がどういう意図で日本にいちいち難癖つけてくるのか、石破さん、本当にわかっていないんでしょうか?

もう、昔の中国ではないんですよ。
親中派の野中さんや加藤さんを始めとする嘗ての自民党実力者たちが中国のご機嫌とっていれば何とかなっていた時代ではないんです。

石破さんがなんのつもりでこういうおめでたいことを言っているのかわかりませんが、本心ならやっぱり首相にしてはならない人ですね。

.
いつも応援ありがとうございます
 どうぞよろしくお願いいたします  ⇒ 


.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

まやかしの「オール沖縄」

翁長雄志氏が自民党に反旗を翻すことになった二つの理由があると、一昨日のラジオでジャーナリストの青木理氏が語っていました。

一つは2013年4月28日の「主権回復の日」の式典。

サンフランシスコ講和条約により占領が終わって日本が独立を回復した日として式典を行ったことが沖縄県民の心を傷つけました。
なぜなら、本土は独立しても沖縄はそのままアメリカの施政下に置かれたままだったからです。

それでも、麻生さんなどがずいぶん前から「終戦の日より独立の日だ」と言って4月28日にかなりこだわっていました。

あの式典には、ニュースで見ただけですが、なんだか不自然な空気が流れていたように思います。なんとなくぎくしゃくした雰囲気だったのは、自民党内でも反対意見もたくさんあったからではないかと思います。

たしかに、国が主権回復したことを祝いたい気持ちはわかりますが、そこに沖縄への配慮がなかった。


もう一つは、沖縄集団自決が軍の強制によって行われた、という記述が歴史教科書から削除されたことです。

これについては、「軍の強制」が定かではないということで、そのような措置になったのでしょうが、これも反発が大きかったようです。


しかし、これらのことは「なぜ私たちが怒っているのかわかりますか」と、翁長知事が政権に対して真剣に迫れば歩み寄れる問題ではないでしょうか。

話し合いです。話し合いをして、相手にわかってもらい、気持ちを通じ合わせる。安倍首相や菅官房長官がそれほど話が分からない人たちとは思えません。

ニュース映像などでも、翁長さんより深く頭を下げて挨拶している首相の姿が見られます。相当気を遣っているのではないでしょうか。

翁長さん側はただへそを曲げて「気に入らない。何も言いたくない。辺野古の工事は承認しない」という態度のように見えるのですが、もしそうなら、物事を前に進めるために、胸襟を開いて話し合いをしてみたら良かったのに、と思います。

こう考えてくると、「二つの理由で自民党に失望してしまった」という言い訳はなんだかこじつけのように思えてきます。



実は沖縄を苦しめる本当の問題は、イデオロギー対立とか「基地容認」vs.「基地反対」とかいう単純な問題ではなく、琉球王朝時代から続く沖縄自身の支配階級と被支配階級という構造の問題があると言われます。


「沖縄の不都合な真実」(新潮新書)には次のような事情が紹介されています。

「沖縄には、自分たちの現状を変えたくないという集団が存在し、この集団には政治的保守派と革新派の双方が含まれる」
「基地には反対だが、基地の見返りである振興資金に依存する公主導・官主導の経済はこのまま続けたい


本来、社会的弱者の味方になって権力側と対決するはずのマスコミ・学識者・労組が支配階級と一体化してしまっている、などという事実があるとしたら、エスタブリッシュメント側である翁長さんはリーダーとして本当に弱者の身になって格差社会改革に努力をしていたのだろうかと疑ってしまいます。


多くの人を悩ませる沖縄の深い闇は、少なくとも「野中さんや後藤田(正晴)さんは頭を下げてくれた。愛情があった」なんて乙女チックな感傷で済ますような問題でないのは確かでしょう。

.
いつも応援ありがとうございます
 どうぞよろしくお願いいたします  ⇒  


.
関連記事: 「タブーを越えて」 

今日は終戦の日: 「毎年繰り返されること」 
.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

沖縄米軍基地

亡くなられた沖縄県知事の翁長さんは、知事の座欲しさに基地反対に転向したとか、中国に媚びて反日の態度をとる人だとか批判されていました。

沖縄には迷惑施設を引き受けてもらっていますから、そのことに対して申し訳ないとほとんどの国民は思っているでしょう。

その「申し訳ないけれど引き受けてほしい」という気持ちに対して、知事始め反対派は「何が何でも反対」という頑なな態度のように見えます。


アメリカの基地が沖縄からなくなれば、中国が尖閣を取りに来る可能性は高いと思います。

南シナ海を力で強引に自分たちの軍事基地にしてしまった中国のやり方を目の当たりにすれば誰だってそう思います。

中国の公船(時には軍艦や軍機)の日本の領域侵入が常態化していることを本土の人間はあまり知りません。マスコミはそういうことをいちいち報道しませんから。

沖縄県の知事さんならそういう状態をよくご存じのはずですから、政府から「日本を守るために沖縄の米軍基地を容認してくれないか」と頼まれれば嫌とは言えないはずなのです。

それなのになぜ沖縄は日本政府を敵視し、沖縄独立論まで出てくるのでしょうか。


言論プラットフォーム「アゴラ」でこんな記事を読んで、「えーっ」とびっくりしてしまいました。 → http://agora-web.jp/archives/2034164.html

「翁長氏が政治的に「転向」したきっかけの一端がわかる」として、インタビューでの発言を紹介しています。

≪自民党の野中広務先生は、新米の県議だった僕に『いまは沖縄に基地を置くしかない。すまん。許してくれ』と頭を下げた。でも民主党の岡田克也さんなんか、足を組んで、NHKの青年の主張みたいな話をして、愛情もへったくれもない≫


どうもこれがきっかけらしいんですよね。


いや、まあ、野中広務先生が「すまん。許してくれ」と頭を下げたことで、翁長さんも政府与党の立場を理解した、というのはわかるんですが、それじゃあ、なんですか、今の政府はそれさえやってないんですか。そりゃいけません。ちゃんと頭を下げて誠心誠意訴えないと。

そんな傲慢な態度では知事さんだって気分を害するのは当然ですよ。

そんな初歩的な礼を欠いていたとは、本当にびっくりしました。

だめだめそんなことじゃあ。
首相も官房長官も関係大臣も態度を改めてもっと頭を低くしないと。

お願いしますよ。

でも、そもそも愛情もへったくれもない態度で最初に沖縄を怒らせたのは民主党だったことはわかりました。


.
いつも応援ありがとうございます
   どうぞよろしくお願いします ⇒⇒ 


.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

右派芸能人

俳優の津川雅彦氏が亡くなりました。

反安倍番組のTBSラジオ「デイキャッチ」で、コメンテーターの近藤勝重氏が「いやらしい中年を演じたら右に出る者はいなかった」「それでいて可愛げのある憎めない中年なんだよなあ」と役者としての津川さんを絶賛していました。

津川さんは知る人ぞ知る「右翼」で、安倍首相の応援団でした。リポーターがそれに言及すると近藤さんは「なんでやねん。安倍首相は信用ならないって国民が言ってるんだよ」と不満げでしたけど。

津川さんは俳優仲間でも信頼と尊敬を集めていたらしく、テレビのワイドショーなどでは、公私ともに親しかった人たちの哀悼の言葉が紹介されました。

目にとまっただけでも、西田敏行 黒柳徹子 奥田英二 泉谷しげる 東山紀之各氏らにとても慕われていたようです。

「歴史に詳しくてね。歴史を話し出したら止まらないんだよ」と言う人もいました。

親しい友人たちは津川さんの歴史認識を知っていただろうし、「おかしなことを言う人だ」などとは思っていなかったでしょう。戦後の日本人の思い込みについても話を聞いていたことと思います。

「芸能人はサヨクが多い」と見えるのは、もしかしたらサヨク言説のほうが世の中では受け入れられやすく表に出しやすいからかもしれません。

自分の思いを隠して身を小さくしている「隠れ右翼」は芸能界でも案外多いかもしれないなと思いました。

.
東条英機の苦悩を描いた津川さんの主演映画「プライド」をもう一度見たいと思いますが、地上波ではやらないでしょうね。
.
合掌

.
いつも応援ありがとうございます
   どうぞよろしくお願い致します  ⇒ 


.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

サマータイム反対

森喜郎オリンピック組織委員会会長が熱心にサマータイム導入を主張しているようですが、私は反対です。

そもそもサマータイムとは、夏季に長くなる「明るい時間」を有効活用しようというものであって、暑さ対策としてはあまり意味がないんじゃないでしょうか。

特に、陽が落ちた後も明け方もずっと蒸し暑い気候の日本には合いません。ヨーロッパやアメリカとは違うんです。

サマータイムを取り入れるとなるとさまざまなシステムの変更など、多大なコストと時間がかかりそうです。

実時間のまま、マラソンなど屋外競技の開始時間を早めるだけで済むのではないかと思います。

サマータイムを導入する何か理にかなった理由があるのなら、それを説明してくれない限り、私は反対です。

.
サマータイム導入を愚策だと思う方、
      その意思を伝えませんか ⇒ 


.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

火星の人 地球の人 宇宙の人

火星が大接近しています。

火星はいつも赤く大きく、誰が見てもすぐにわかる星ですが、このところさらに大きく見えるような気がします。

時宜にかなって、昨日の日テレ金曜ロードショーは「火星の人」でした。

本は以前読みましたが、映画は見ていなかったのでテレビ放映を心待ちにしていました。

火星探査隊のクルーが事故でひとり火星に残されてしまい、救援を期待してサバイバルに励むという筋書きです。

生存のために必要な水や農作物の生産、空気の調整、居住棟の修理、ローバーを駆っての長い旅・・・・、冒険小説らしい奇想天外な展開などなく、全編ほとんどが科学技術的な試行錯誤の様子の描写なのに、とても面白く読んだものでした。

しかしあの長い小説を映画化するのはやはり難しかったのでしょう。映画はずいぶんと端折ってあってちょっと期待外れでした。


アメリカでは火星への宇宙船の開発を真面目に計画している企業もあるそうですが、費用も莫大で、危険も伴い、到達するのに半年とか一年とかかかるとなると、やっぱり夢物語のように思えます。

旧世界から新世界へと海へ漕ぎ出した大航海時代の冒険とはわけが違いますからねえ。空気ないし。

それでも遠い未来、太陽系内ぐらいならば簡単に移動できる時代が来るかもしれません。

その頃には人類の世界観はずいぶん変わっていることでしょう。

.
いつも応援ありがとうございます
 どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 


.
関連記事: 「幼年期の終わり」 

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

怒りの矛先

人の発言に対する過剰反応が近頃とても激しくてみんなどうしちゃったのと思うほどです。

ネットでは「炎上」っていうんですか、収拾がつかないほど批判が殺到したりして、削除と謝罪の繰り返し。

政治家のSNSでの軽はずみな発信もしばしば炎上しますが、どうしてもっと慎重にできないんでしょうかね。

こんなこと書いたらどんな反応が返ってくるか予想ができないのだったらツイッターやフェイスブックなんかに手を出さなければいいのに、なんでやるんでしょうかねえ。

政権を担っている責任の重みを感じてほしいですね。
ちょっとの失敗も反安倍勢力に利用されてしまいます。


それはそれとして、最近の炎上騒ぎには「何もそこまで」と思うものも数多くあります。

花王の公式ツイッターの「ちょうどいいブス」が炎上したということなんですけど、コメント欄の意見が的確だと思いました。→  http://blogos.com/article/315301/

ポリティカルコレクトネスにこだわるあまり、人々はちょっとしたことに脊髄反射的に反応してしまう癖がついてしまったようですが、何でもかんでもいちいち腹を立てないで、本当に怒るべきこととのメリハリをつけたほうがいいんじゃないでしょうか。

.
いつも応援ありがとうございます
どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

怒りに震える

稲田朋美元防衛大臣が「憲法教という新興宗教」とツイートしたことが問題になり、「こういう認識の人が防衛大臣をやっていたことに改めて震撼する」などという批判の声が上がっています。

そういえば、例の杉田水脈議員の「LGBTの人は生産性がない」にも、「この言葉を聞いた時、ほんとにもう震えがきました」と、TBS「サンデーモーニング」の谷口真由美氏(全日本おばちゃん党)が怒りのコメントをしていました。

震撼する、震えがきた・・・、うーん、そこまで恐ろしいこととは私は思わないですね。

だいたい、この人たち(稲田氏、杉田氏)がどういう考え方の人たちであるかなんて皆さん先刻ご承知のはずでしょう。

今さらこういう言葉を発したからって、そんなに大袈裟に怖がることはないと思います。

現憲法は占領下でGHQの意向によって作らされた屈辱的なものですから、国民の意思を反映した自前の憲法を作るべきというのはおかしな考え方では全くありません。

その理不尽な憲法を絶対変えたくないという人々が少なからずいて、改憲反対を強固に主張する。それはまるで宗教のようだ、と感じたとしても別に責められることではないと思います。

で、稲田さんはその気持ちを素直にツイートしてしまった。

ただ、そんな憲法とはいえ、国の最高法規として定められている以上、やっぱり建前としては尊重すべきであろうし、国会議員としては軽はずみな発言だったと思います。

現憲法のおかしなところは主に9条なので、稲田さんも「9条教」のつもりでつい「憲法教」と書いてしまったのでしょうね。

いずれにしても、稲田さんの改憲派としての発言ですから、「震撼した」などという反応は、ちょっとわざとらしいのではないかと思います。


杉田さんの言葉だって谷口おばちゃんが震えるほどに恐ろしいものかどうか。

ナチスの優生思想と同じ、って、まあ、杉田さんのような感覚が極端な方向に行くことは止めなければなりませんが、そんなことにはなりません。

ヒトラーのような「優生思想」を持つ者が権力を持つととんでもない事態を引き起こすことを杉田さんがわからないはずはないです。

また、杉田さんが権力を持つとも思えません。

「怒りに震える人」は、優生思想を政策に実現させるほどの影響力が杉田さんにあると思っているのでしょうか。

私は杉田さんの論文を全文読みましたが、全体としてはそんなに過激なことを書いているわけではありません。しかし「LGBTは生産性がない」というのはアウトですね。それにLGBTの人たちにそんなに税金が使われて優遇されているとも思えません。

たしかに、子孫を残さない人が増え続ければ日本のみならず人類の存亡にかかわる重大事ですから、心配になる気持ちはよくわかります。

でもどうにもならない人たちに対して発する言葉ではなかったですね。国会議員が、という以前に大人として。

とにかくおおかたの国民は常識的で優しいですから、「役に立たない人間は見捨てる」などという考えには与しません。だから怖がることはありません。


それより私が不思議なのは、こういう「震えるほどの怒り」を感じる人たちが、例えば日本が被っている「性奴隷」の誤解などに関してはちっとも怒らないことです。

私など、こういう嘘を世界中に広め続ける韓国や中国、また原因を作っておきながら世界に対して全く訂正の発信をしようとしない朝日新聞に、それこそ震えるほどの怒りを感じるのですが、価値観の違いなどとして片づけられてはたまりません。

歴史の真実と国の名誉の問題は、何の威力もない個人の失言とは比べ物にならないくらい重大だと思うのです。


メディアは目の色変えて安倍首相寄りの議員の失言を探し出しては叩きまくりますが、朝日新聞にはとても甘い。老いたりと言えどもやはりオールドメディアの一番の権力者には何も言えないのでしょうか。

アメフト問題などと同類の「老害」を感じてしまいます。

.
いつも応援ありがとうございます
 どうぞよろしくお願いいたします ⇒  


.


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »