« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月25日 (火)

お婆さんはどこへ行った

雑誌「新潮45」8月号に≪嗚呼、我ら『年齢同一性障害』≫という特集があった。

掲載された映像作家萩原朔美氏(72歳)の論考の書き出しの部分。

≪どうもおかしい。納得できない。
何がと言えば、自分の実年齢と自分の思い込み年齢のズレである。自分が日々実感しイメージしている年齢と実際の年齢とが、おかしなことにかなり離れていて合致しないのである。≫

この感覚は非常によくわかる。まさに年齢同一性障害だ。

これは「若く見える」だとか「いつまでも青春」だとか「美魔女志向」だとかいうこととは関係がない。

萩原氏の論稿には、「店員に勧められた服を、オジサンぽいと拒否してしまったが、考えてみれば年齢的には自分はまぎれもないオジサンだった」とか「20代の女性だって恋の対象になり得る」といったことも書かれているので、外見的な若さ、あるいは性的な若さをも含むものだろうが、私の場合、主に頭の中のことである。

考え方などは若い時と変わっているのは自覚できるのだが、なんというか、「感覚」が30・40歳の頃と同じような気がする。性格が変わっていないということなのだろうか。

私が若いころに仰ぎ見ていた70歳の女性といえば、まぎれもなく「お婆さん」で、言葉遣いも物腰も服装もその年齢にふさわしいものを身にまとっていた。

今の老人は少なくとも見た目は若い。

ただし、外見だけ若くても、「ああ、やっぱり年寄りだな」と思える人もまた多い。

この特集には、他にAV監督の村西とおる氏やタレントのデヴィ夫人なども寄稿していて、文章を読むとこの人たちは「老けこまずにいつまでも若く生きていきたい派」なのだろうと思うが、いつまでも「男」でありたい「女」でありたい、という執着心がかえって、老人臭を醸し出しているように思える。

京都造形芸術大学客員教授の榎本了壱氏と作家の山口文憲氏は、人間の寿命の延びや社会の変化などから論じていて納得のいくものだ。

榎本氏が
「老成の文化の忌避と若年信奉の合併症の現在」と指摘する通り、今の時代、加齢恐怖症とでも言ったらいいだろうか、若さを保つことに執着する人が目立つ。それはまるで病のようだ。外見ばかり取り繕っても醜悪に見えるだけのような気がするが。

70過ぎても若い女性を演ずる吉永小百合を「怪物」と否定的なニュアンスで評した文章を以前二つも読んだ。
そういえば、女優樹木希林が亡くなった時「お婆さん役をやる女優がいない」と誰かがテレビで言っていた。

昔は、美人女優でも加齢とともにお婆さんの役に移行していたものだが、今は美人女優はいつまでも美人女優でなければならない。

お爺さんらしいお爺さん、お婆さんらしいお婆さんになるのは90歳を過ぎなければならないのだろうか。
その頃には痴呆が始まる人も多くなってくるだろうから、ちゃんとした意識のあるうちにちゃんとした「老人」としてふるまえる時間はほとんどないだろう。

老成の文化は廃れていくのだろう。


ただ、頭の中が年を取らなければ、おのずと服装や立ち居振る舞いも若くなってしまうのかもしれない。
私も70にもなって若作りはみっともないと思うものの、冒頭の萩原氏のように服を買う時は「こんなオバサンぽいのはいやだ」とか思ってしまうものなあ。お婆さんのくせに。

白髪染めをするつもりはないけどね。


.
いつも応援ありがとうございます
 どうぞよろしくお願いいたします  ⇒  


.
関連記事: 「恍惚の女」 


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

総理大臣の視座

自民党総裁選で安倍首相が3選された。

負けた石破氏は評論家的で総理の器ではないと評されることが多いが、今回、得票が予想以上に伸び、気を良くした反安倍メディアは「安倍氏への不信感の表れ」だとか「石破氏の3年後の総裁選に道筋ができた」とか嬉しそうに報じる。
石破氏の何にそんなに期待しているのかわからないが。


選挙戦の街頭演説で石破氏が女優樹木希林さんの死去を受けて、その出演映画「万引き家族」を引き合いに出し、「万引しないと暮らせない家族がある。どうしたら幸せに暮らせていけるか。その人たちが働ける環境を作っていかないといけない」などと語ったという。

私は見ていないが、この映画の主題は「貧困」「万引き」でなく、「人の絆」ということらしい。

「石破さんはこの映画を見ていないんだろう」とその勘違いぶりがネットなどで指摘されていた。

それより、戦後の混乱期じゃあるまいし、今のこの日本で「万引きしないと暮らせない人がいる」などと平気で口にするその感覚が石破氏の矮小さをよく表している。

石破氏は「正直、公正」をモットーにしていて、演説では、「一人一人の国民に対して誠実な政治家でありたいと思っています」としきりに強調するのだが、誤解を恐れずに言えば、一国の首相がそんなことでは困る。

正直公正でなくて結構。

国全体としての豊かさや安全のためなら、時に強引さや冷徹さも発揮してもらいたい。

それは、一人一人にいちいちバカみたいに情をかけていたら、国全体が機能しなくなることだってあるだろうと思えるからだ。

正直・公正・誠実は当たり前と言えば当たり前で望ましいことではあるけれど、そこに囚われるあまり国の豊かさ・安全を損なうようなことになれば元も子もなくなる。

国内外共に激動の時代だからなのか、今回は、「国民の一人一人を見つめて正直・公正にと謳いあげる清く正しい良い人」は「ウソつきで非情な人」に負けた。

まあ、少なくとも自民党議員たちにとってはそれぞれの事情や思惑があることだし、表も裏もすべてわかった上で闘争に見せかけているだけかもしれないなどと思ったりするが。

 

いつも応援ありがとうございます 
どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 

 

関連記事: 「嫌われる理由」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

子はかすがい

女優の樹木希林が亡くなったので、追悼番組として今日のテレビ朝日「徹子の部屋」は希林さんのこれまで出演したものの再放送だった。

別居している夫内田裕也と二人で出演した回もあった。

仲睦まじそうなその様子に徹子さんは「良いご夫婦じゃない」と称賛していた。

実質的には夫婦とも言えない関係かもしれないが、年月を経てああいう雰囲気を醸し出すことができれば「良い夫婦」と評されるようになる。

これも一つの夫婦の形態だろうし経済的に余裕があるからできることだろう。

一緒に暮らしていた頃は凄まじい喧嘩をしていたらしい。

家裁の調停のお世話にもなり離婚寸前までいったという。

離婚せずにここまで来ることができたのは、別々に暮らしているからということもあるだろうが、一族の人数が増えたことも関係しているのではないかと思う。

子供は娘一人だけだが、その娘が3人産んだ。
一族が集まればなかなかにぎやかで楽しそうだ。

老境に入って「これで良かった」と思えるのは、やはり子供や孫たちを通じてそもそもの夫婦の絆を実感するからだと思う。原点はあの結婚だったと。

.
いつも応援ありがとうございます
どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 



.
関連記事: 「人生という作品」 


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

敵は幾万ありとても

いつの世も政権は批判の的になる。

独裁体制で思想・言論を制限されていれば内緒話で言うしかないが、日本のように自由な国ではどんなに大声で政権を罵ろうが、罰せられることはない。

現首相も国のために一所懸命働いていると思うが、なかなかうまくいかないこともあり、それを全部自分のせいにされて気の毒に思うこともある。

北方領土を返す気がないロシアとの交渉は誰がやっても困難を極めるだろう。
プーチンが「先に平和条約を結ぶという手もある」なんて変なことを口走ると、「安倍が外交下手だからだ」などと言われる。

プーチンのほうがおかしなことを言ってるのに、なぜか自国の首相を責めるのである。


改憲について、強固な護憲派が国民にも政権内にも多数いるがために「加憲」という形にせざるを得ない安倍首相の方針も批判される。

2項削除を主張する総裁候補の石破氏は「説得するのが筋だ」などと言って首相を批判するが、9条信者というものはそんな生易しいものではない。
.
私の覚えている限り、これほど継続的に悪しざまに批判された首相は嘗ていなかったように思う。

ただ、自ら手を挙げて指導者になったのだから、どんな困難にも立ち向かわなければならないし、その覚悟あってやっているのだから「辛いなあ」などとは思わないだろう。思ってもらっては困る。

一定の支持率が政権の支えとなっているから、どんなに悪く言われても弱気は起こらないだろう。

どこかのコメントで「自称インテリは紀元前から悲憤慷慨するのが仕事なのです」というのを読んで笑ったことがあったけれど、その通り、政治に対して嘆き悲しんだり憤激したりするのは評論家の仕事だ。
実際に政治をやる者は評論家諸氏のように高邁な精神で筋を通せば務まるというものでもなく、多様な大衆や粗暴な外国を相手にやりくりせざるを得ないものだ。

しかしながら、政権批判はあって当然で、色々な意見を自由に言えばいいと思う。
それでも、報道に表れない政治・外交の駆け引きの凄まじさというものを想像してみることぐらいはたまにしてみてもいいのではないか。

政治家なのにそれができない人もいるけれど。 


.
いつも応援ありがとうございます
  どうぞよろしくお願い致します  ⇒ 


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

池上彰の真実

池上彰氏は知識が豊富で何でも教えてくれるというのであちこちのテレビ局に出て大人気ですが、聞くところによると台本があるそうですね。

それは別にいいのではないかと思います。
ああいう番組は池上さん一人で作るものではなく、大勢の制作スタッフによって構成されるものでしょうから。

スタッフは色々な有識者に取材してそれを「池上さんの意見として使わせてくれ」と言うこともあったそうです。→

ただ、取材の相手が八幡和郎氏、有本香氏、高橋洋一氏など、池上さんのスタンスとは違う、いわゆる「右寄り」の方々です。
みなさん断ったとのことですが、「池上さんの意見として使わせてくれ」と言われたのなら、使わせてあげれば良かったのにと思います。
そうすれば「池上さんは左偏向してる」なんて言われなくても済んだんじゃないでしょうか。


それから、私は見ていないけれど、スタジオに子供を集めて政治に関する質問をさせる、という池上さんの番組があったそうです。→ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000014-jct-soci

子供タレントを使っていたというので批判されたようです。

自主的に政治に関するテレビニュースを見たり新聞を読んだりして意見を持つ子供はかなり珍しいのではないかと思います。

自分で考える真面目で優秀な子ももちろんいるとは思いますが、大抵は親の受け売りだったりするんじゃないでしょうか。

だから、ニュースにあるように芸能事務所に所属する子供タレントを使って仕込みをやるしかなかったんでしょう。

そんなわざとらしい番組を見て「子供は忖度しないから鋭い質問をする」なんて感心してる大人もいるんでしょうか。まあいるんでしょう。だからヤラセ番組が成り立つわけで。

.
いつも応援ありがとうございます
  どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 

.
関連記事: 「言論が不自由」 

.

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

停電怖い

地震で北海道全域で停電が起きました。
国も道も電力会社も懸命に復旧に向けて一所懸命努力をしていると思います。

そんな中、テレ朝「羽鳥モーニングショー」では反原発3人組が、北電は泊原発を動かしたいがために、電力供給システムを不備なまま放置していたと言わんばかりの論を展開していました。

玉川徹 「捨てきれないんでしょ?原発動かすって夢が…」

吉永みち子 「方針が定まっていれば自然光とかね、太陽光、風力そういった物に分散しながら全てのバランスをとる事も可能だった」

長嶋一茂 「(原発を稼働させる口実にするために)こういう状況を待ってた感もあるのかな、と」

長嶋一茂氏などは、「この鬼はいつ暴れるかわからないんだ。この鬼をただ抑えるんじゃなく排除しないと」などと原発を鬼にたとえ、しきりに「鬼」を連発していました。

その鬼に電気を作らせ、快適な生活を享受してきたんじゃないですか。
今だって電気がなければ生活できないくせに、電気をいっぱい使うスタジオで無責任なこと言うんじゃない。

何とか自前のエネルギーを作ろうと努力してきた関係者への敬意が微塵も感じられないし、原発が供給する電気の恵みを受けて有難かったという気持ちが全くないようです。


原発は事故が起きれば取り返しのつかないことになる、と反原発派は言います。

「放射能はこの世でもっとも恐ろしいもの」、という考えが前提にあるので、このように思ってしまうのでしょう。

たしかに事故後、福島は大変でした。でも、する必要のなかった除染や避難について、今ならもっと冷静に考えることができるのではないでしょうか。

まあそうは言ってもいまだに風評被害は続いているのですから、放射能に対する無知からくる恐怖は度し難いものがあります。

どんなに数値を出して説明しても安全性を信じてもらえないのは、組織的反原発勢力の宣伝活動も影響しているとは思いますが、やはり科学的論理性の欠如ということが大きな原因ではないでしょうか。 

放射能を必要以上に怖がる人たちには共通点があるそうです。 → https://www.landerblue.co.jp/blog/?p=36016

わかりやすい文章ですから、こういうのを読んで、風評に乗せられないようにしましょう。

いや、もう多くの人が放射能に関してずいぶん理解を深めたと思いますが、テレビのああいう番組だけはいまだに科学リテラシーが低いままに、コメンテーターに無責任なコメントをさせているんでしょうね。


電気を安定的に供給するということは本当に大変なことで、「放射能怖い。自然エネルギーがいい」と夢みたいなことを言ってれば済む問題ではありません。

元通産官僚で政策アナリストの石川和男氏は原発について:

<1>使い切るまで安い電気を作らせてから、安全に廃炉させる

<2>再エネ電気による安価安定供給が実現すれば、原発をなくす

というプロセスを踏むべきだと言いますし、

あの森永卓郎氏でさえ、
「原発を稼働させ廃炉費用を稼ぐべき」と力説します。→ http://www.magazine9.jp/morinaga/120215/


原子力規制委員会の委員長だった田中俊一氏がちょっと前に産経新聞の「話の肖像画」という連載で語っていました。
抜粋です:

≪先の戦争だって石炭がない、石油がないといって戦線を拡大していった面があるし、
敗戦後の復興では電気が足りないと言って黒部ダムを建設し、そこで多くの人が亡くなっている。
炭鉱でも落盤や爆発事故の歴史があり、大変な数の人命を使ってエネルギーを確保し、戦後の復興を進めてきた。
エネルギー問題は、国の存続に影響する課題なんです。国が独立して、生き抜くのは大変なことなんですよ。≫

≪再生エネルギーの拡大はすべきですが、それだけで間に合うのかということは、いつも考えています。
今は電力が足りているという議論もあるが、90%以上は火力発電で、燃料はガスか石油。
中近東で何か起こったら、あっという間に大変なことになる。でも国会がそういうことをきちんと議論していない。
規制委は原発を動かすとか動かさないとかという判断はしていないし、できません。
日本は、産業立国でしか生きようがないでしょう。歴史的視野を持った、冷静な議論が与党にも野党にも必要だと思っています。≫


.
いつも応援ありがとうございます
 どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 


.
関連記事: 「試してみれば?」 


.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

ありがたやありがたや

作家の伊集院静氏が病院で長時間待たされたことに対して文句を言いhttp://blogos.com/article/322451/、それに対して中村ゆきつぐ医師が反論しました。→ http://blogos.com/article/322777/

これは中村氏の言い分を支持しますね。

お医者さんも病院スタッフの方々も怠けているなんて毛頭思いませんし、押し寄せる患者さんを速やかに丁寧に捌くことに懸命だと思いますよ。

緊急でないならおとなしく待てばいいのに。
日本は安くお医者さんにかかれるだけでも有難いです。
まずはそういうことに感謝いたしましょう。


患者はみんな待ってる時は「長いなあ」と不満だけど、いざ自分が診察室に入ると後の人のことなんて考えずに長話してしまうんじゃないですか。
自分はどうか、ちょっと省みてほしいと思います。

名前呼ばれてから、遠くからのろのろ歩いてくる人や、いちいちノックしてから診察室に入る人、さっさと入室してさっさと出てきてください。

ちょっとのことでも何十人となるとかなりの時間のロスです。患者自身も努力しないと。

.
いつも応援ありがとうございます
  どうぞよろしくお願いいたします  ⇒ 
                            


.
関連記事: 「大放言」 

.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

酷暑を乗り切った

藤掛病院で高齢入院患者が5人も亡くなったことについて、エアコンの故障による熱中症が死因ではないかとマスコミが大きく取り上げました。

しかし、一日に4・5人の終末期のお年寄りがなくなるのは、こういった療養型の病院ではそれほど珍しいことではないということです。

さなえさんの記事には、高齢者介護・入院先確保の厳しさを少しでも知っている人なら誰でも大きく頷くのではないでしょうか。

この問題が起きたことで、終末期の高齢者について何をどうしたらいいかという議論が活発になるのは良いことだと思います。

また、「死」を忌み嫌うことがかえって不幸な人を生み続けるという現実に正面から向き合う覚悟はよりいっそう人々の間に広がっていくでしょう。


認知症で寝たきりで回復の見込みもない高齢者の看取りをしてくれる病院に感謝する家族が多いとのことです。

さなえさんは
「今回の老人病院の院長は死に慣れすぎていた」と、しかし「それを厳しく責めることは私には出来ない」とお書きになっています。

同感です。

病院が老人の死に慣れていたというのも、葬儀屋さんが遺体を見ていちいちびっくりしない感覚に近いのではないかと思います。


医師の中村ゆきつぐ氏は、このような病院を潰してはならない、と言います。→ http://blogos.com/article/322301/


エアコンが壊れていたというのはまた別の話なのですが、財政難でエアコンを買い替えるということもできなかったのでしょうか?

病室はたしかに暑かった。
お年寄りたちは、暑い、ということを意思表示できないで苦しんでいたのだろうか。
それとも意識混濁して、暑いんだか何だかわからないボーっとした状態のまま亡くなったのだろうか。

認知症で老衰が進んだ老人の頭の中はわかりません。

せめて、苦しいというより、感覚が鈍ったままぼんやりとした意識の中、スーッと息を引き取られたことを祈ります。

.
いつも応援ありがとうございます
 どうぞよろしくお願いいたします  ⇒ 


.


.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

口下手な人

カラテカというお笑いコンビがいて、何度か見たことはあるけれど、あまり印象に残らず、地味であまり売れない芸人、と思っていたけれど、それぞれピンとしてもテレビやライブなどで活動していたようです。

コンビの一人矢部太郎氏が「大家さんと僕」という漫画で手塚治虫文化賞 短編賞を受賞した時は、そんな才能があったのかと驚きましたが、それほど興味も湧かず、書店に平積みにされた単行本に手を伸ばすこともありませんでした。

主人が毎週買ってくる週刊新潮で連載されるようになって初めて読むようになったのですが、なかなか面白く味わい深い作品に好感を持ち、大家さんとの出会いが知りたくて単行本を買いました。良い漫画です。

先日、「矢部太郎の漫画のあの大家さんが亡くなった」と新聞で知り、先週号の連載分を見返してみると、「大家さんが足を骨折して入院した」「僕は大家さんが病院から電話をくれるまでそのことを知らなかった」というところで終わっていました。

あっというまに亡くなってしまわれたのですね。

今週の週刊新潮には矢部さんの「しばらくお休みします」の挨拶文が載っていました。

ネタとなるエピソードはまだまだありそうですが、今は連載を続ける気にとてもなれないでしょうし、挨拶文に書いてあるように、「予定している二冊目の単行本を、大家さんが望まれたような『にぎやかな一冊』にする」ための準備に力を注ぐ決意なのでしょう。

.
お笑い芸人は器用な人が多く、違う分野でも活躍する人が珍しくありません。

口下手な矢部さんの手塚治虫文化賞受賞の際のスピーチが聴衆の涙を誘うほどに感動的だったそうです。→ https://www.bookbang.jp/article/554445

自信なさげにおどおどしていて喋りがあまりうまくない矢部さんが、なぜお笑いを職業にしようと思ったのかわかりませんが、こうやって世間に称賛されるほどのことを成し遂げたというのはやはり無意識に備わった強い意志や自信の表れなのではないでしょうかね。


多弁で饒舌で立派なことを言う人もいるけれど、口下手でも実際に汗をかいて結果を出す人のほうがそりゃあ偉いに決まってるでしょうよ。


.
いつも応援ありがとうございます
  どうぞよろしくお願いいたします   ⇒ 


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »