« お婆さんはどこへ行った | トップページ | 本音を言う »

2018年10月 1日 (月)

遠慮なく言わせていただく

なぜ冷静に話し合うことができないのか。こういう人の発言を見聞きするたびに思う。 → http://blogos.com/article/328547/

天皇陛下を始め皇室の方々が先の大戦について、多くの日本国民同様、勘違いをなさっていることは確かだと思う。

天皇陛下とて戦後教育の中で育ってこられたのだから無理もない。誤解に基づく戦後の価値観を是正しようとした安倍首相を危険人物だと忌避してしまうのだろう。
「天皇陛下は安倍さんが嫌い」などという印象も持たれてしまう。→ http://robita-48.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-3c38.html

日本の精神を体現する立場であられる天皇陛下が間違った歴史観で行動されるのは大変に困ったことではあるが、正しく理解をしてもらうためには、冷静に論理的に話すことが最も大切なのだ。

靖国神社宮司のこういった乱暴な言い方が、事態をこじらせてしまう。

人間だもの、怒りの感情はあってかまわない。腹に据えかねた時に思わず声を荒げてしまうこともあるだろう。

しかし、国の大事な課題について話し合う時に、威嚇して委縮させ意見を言えなくしてしまうのは問題解決にとって大きな障害だ。

.
いつも応援ありがとうございます
どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 


.
    
   もう一つおまけに小林よしのりのキレ老人ぶり

.

|

« お婆さんはどこへ行った | トップページ | 本音を言う »

コメント

>robita様

天皇皇后両陛下が安倍総理を忌み嫌っているのは事実です。両陛下は皇太子ご一家を溺愛されており、皇太子殿下の次は皇室典範を改悪してでも愛子様をどうしても天皇にしたいようです。そのため、皇室典範の通りにつつがなく皇位継承がなされるよう皇室典範を何とか守ろうとしている安倍総理は目の上のたんこぶなのです。

それでなくても両陛下は南北朝鮮やそれとゆかりのある人物などを贔屓にされています。その証拠に、靖國神社には決して足を踏み入れようとはしませんが、今や朝鮮系の神社と化した高麗神社には参拝されています。また、列車事故で一人の日本人を助けるために日韓一人ずつの男性が犠牲になった際にも、韓国側の男性のご遺族や、事故を映画化した関係者には会ってその映画を鑑賞される一方、日本人の遺族に対してはそね存在すら無視される有様です。昭和天皇が、贔屓を作らないために、大相撲の好きな力士すら遂に明かされなかったのとでは大違いです。

私は、むしろ今の皇室の現状を内部告発された宮司の勇気ある行動に敬意を評したいと思います。被災地視察の名目であちこち物見遊山に出掛け、既に行った場所にピンを刺して喜んでいる両陛下には呆れるしかありません。即位後に新たに贅沢な御所を建て、今また秋篠宮殿下に皇位を継承させる気がない事を示すかのように、莫大な費用を投じて東宮御所を仙洞御所に改築されようとしている事にも絶望しかありません。

駄文につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。

投稿: まゆゆファンMM | 2018年10月 3日 (水) 05時12分

★ まゆゆファンMMさん

天皇ご一家のよほどお側にいる人でなければ本当のことはわからないと思います。皇室の方々は政治的発言ができないのですから。

でも、想像するに天皇皇后両陛下は安倍内閣の方針(特に防衛政策)を危険なものだと誤解しておられる可能性は高いと思いますし、悪い日本が中国や韓国に多大な苦しみを負わせたのでこちらが頭を低くし続けるのは当然と考えておられると思います。
国民にもそう思っている人はたくさんいます。

進講とか内奏とかは誰がどういう方針で決めるのか知りませんが、偏りのない内容を講義してほしいと思いますね。

ただ、天皇陛下としては、中国や韓国との関係を悪化させないようにとの配慮から、気をお遣いになるのも仕方がないかなとは思います。
日本人より韓国に対して気を遣う、というのは「ああいう国だから」とわかっておられるからとも考えられます。

>今の皇室の現状を内部告発された宮司の勇気ある行動に敬意を評したいと思います。<

靖国神社に参拝できない事情がある、それだけのことだと思います。
近隣国との関係悪化を恐れてのことでしょう。
何食わぬ顔で参拝していただき、マスコミも大騒ぎしなければどうということはないのですけどね。
一番いけないのは日本のマスコミです。

小堀宮司の内部告発なとということではなく、あのように思っている人は大勢いるはずです。
しかし、あの会議での天皇批判の熱弁や職員の意見を切り捨てるような態度は決して問題解決にはなりません。
「戦略」と言いながら、戦略を全く考えていない。

被災地訪問を物見遊山と言われてしまってはあまりにお気の毒です。被災者の悲しみ苦しみに寄り添うのが天皇陛下のお仕事です。
ただ、ご老体に鞭打ってのお出かけは、もうそんなに無理をなさらなくていいのでは、と個人的には思います。

投稿: robita | 2018年10月 3日 (水) 10時44分

>robita様

両陛下が被災地視察という名目で物見遊山に出掛けているのは有名な話で、日本地図の過去の訪問先のところにピンを立てて悦に耽っているお写真は既にネットに拡散されています。別のブログでは、両陛下が大勢のお側付きの職員を引き連れてやって来て、現地の人間がその対応に追われて復興作業に支障をきたした事を、被災者の方がブログ主や読者の方々(そして私)に訴えにいらっしゃる有様です。 

そもそも祭祀王とその伴侶たる両陛下は、宮中で八百万の神々に祈りを捧げるのが本分です。しかし、祭祀は所作すら解らない宮内庁職員に丸投げし、たとえ直前に悲惨なテロ事件が有ろうと構わずに美術館やコンサートにお出掛けです。そればかりか、秋篠宮殿下が祭祀の所作を間違えた宮内庁職員をやや厳しい視線で見ただけなのに、あたかもパワハラ紛いの事を秋篠宮殿下がしたかのようにマスコミに記事を書かせるのですから。両陛下が極左でマスコミを動かす力を持っているというのは有名で、眞子様に関する記事でも端的に申せば「秋篠宮家への批判は幾ら書いてもいいが、天皇や内廷皇族への批判は許さない」といった内容の声明を出すやマスコミはすぐさまその通りにしたのはその証拠です。

また、かつての戦地を慰霊なさるのは誠に結構なのですが、朝鮮出身の兵士の墓地を訪問予定に無かったのにゲリラ的に訪問なさる一方で日本人の方は一瞥もなさらずに侵略者として断罪する有様です。英霊の方々を「戦犯」と呼んで非難されて靖國神社には一歩も踏み入れようとしないのはその証拠です。その上で朝鮮系の高麗神社には参拝なさるのですから、これはもう配慮の範囲を超えております。

結局、両陛下は日本や日本人がお嫌いなのです。国旗たる日章旗や国歌たる君が代を毛嫌いし、朝鮮系の小和田家出身の雅子妃殿下を可愛がる一方で、旧家の川嶋家出身の紀子妃殿下をいじめ抜く(産児制限はその一つに過ぎません)のはその現われです。戦没者や被災者などの慰霊祭でも安倍総理は君が代を唄いますが、両陛下はやや不機嫌そうに無言です。

悠仁親王殿下がお生まれになった際にもろくに喜ばないばかりか、韓国では死者への餞とされる白い花などで作られた飾りに片方だけの靴を持って来たのはお写真にも残されています。そして今上陛下は、皇后陛下のご意向である事を示しつつも、皇太子殿下の次は愛子内親王殿下に継がせたい旨のお言葉を仰有っています。皇室典範を改悪してでも、何が何でも朝鮮系に皇位を継承させたい、という事です。

また、海外も含めて飛行機でお出掛けの際には自衛隊機をお使いになられますが、安倍総理が外交のために海外に行かれる際には出入り口の側に立っている自衛官のパイロットが、両陛下の時にはいません。自衛官が目障りだとして機内への出入り口の側に自衛官が立つのを禁止されたのです。これも、知る人ぞ知る事実です。

駄文につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。

投稿: まゆゆファンMM | 2018年10月 4日 (木) 05時19分

★まゆゆファンMMさん

ネット上ではそういった噂が事実として出回っているのですね。全く知りませんでした。

何年か前までは、天皇皇后と皇太子ご一家が対立しているという噂が主流だったのをよく覚えています。

あらぬ噂をあたかも事実であるかのように拡散し、皇室を貶め、天皇制を崩壊させようとする勢力があらゆるところで根を張っているのではないかと私は疑います。

投稿: robita | 2018年10月 4日 (木) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠慮なく言わせていただく:

« お婆さんはどこへ行った | トップページ | 本音を言う »