« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月30日 (金)

正直に言えば言ったで

入管法改正案が評判が悪い。
左派にはもちろん、安倍政権支持層にも。

事実上の移民政策であり、移民を受け入れている世界の国々の惨状を見れば、愚策であるのは間違いがない、と言う。

しかし、安い労働力を求めるのは仕方のないことじゃないだろうか。
今の日本社会を見れば、別に安倍政権でなくたって、誰が政権を担当しようが同じことをやるのではないかと思う。

国民みんなが満足する解決策など誰も持っていないから、国会の与野党攻防はあのように空しいものになっているのだ。

こんなに反対が多いのに、それでもなお移民を入れようとするのはそれだけの理由があるからだろう。

地方や中小の経営者は強欲に貯め込むために安い労働力を求めているのだろうか。
地元の彼らから切実な要求があれば政治家はそれを聞かないわけにはいかない。

今の野党が政権を取っても同じ要求と移民反対の板ばさみになった挙句、苦渋の選択をせざるを得なくなるんじゃないだろうか。

結局、「日本の良き国柄を守りたい」という国民より「現実的な利益が大事」という国民のほうが多いのであれば、そっちを選択するしかないのである。

政府は経営者に賃金を上げろと命令することはできず、結婚や出産を強いるわけにもいかず、高齢者の介護にお金がかかると言って、介護保険料を引き上げることもできず、・・・・いや、正直に言えばいいだけだ。

「介護職員の給料を上げるためには介護保険料を上げなければなりません」、これは言える。

心ある政治家は「経営者は安い労働力に期待するのでなく、頑張って給与を上げれば日本人労働者が集まるはずです」、これも言うんだ。

それを言って選挙で負けるんだったら負けてもいいではないか。

本当のことを正直に言って退場する政治家と、目先のことしか考えない国民、その構図が明らかになるだけでもいい。

思い出したが、小泉純一郎総理大臣は「痛みに耐えてくれ」とはっきり言っていた。
なのに絶大な人気があり、国民は支持した。

「日本の未来のために今の痛みに耐えてくれ」と厳しいことを言っても国民が歓迎する指導者。結局はそういう人物の登場を待つ、または育てるしかないのだと思う。
.
    .よろしければ ⇒   
                           


.
関連記事: 「目も眩む時代」 
 
       .  .「責任主体は国民」 
.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

偏向番組を潰す手立てはないものか

昨日TBSラジオ「デイキャッチ」を聞いていると、コメンテーターの極左ジャーナリスト青木理氏が妙なことを言っていた。

リポーター役の時事芸人プチ鹿島が、韓国で慰安婦財団が解散したことについての各新聞の社説の読み比べをして内容を紹介。

全紙一様にこのことを否定的に書いているものの、例によって「お互い話し合って」「お互い知恵を出し合って」という(日本も悪い)論調の文章で結んでいる新聞もある。

そんな中、日経、毎日、読売が「韓国側が被害者中心主義を掲げて代替案を示さないのは筋が通らない」と書いていることについて、プチ鹿島が「青木さん、被害者中心主義というのはだめなんですか」とわざとらしく聞く。

そこで青木氏の発言;
「被害者に寄り添う姿勢は大切です。日本でもし拉致被害者に関して『被害者中心主義は良くない』なんて言ったら袋叩きに遭うわけじゃないですか」


自分から応募して給料も支払われていた労働者と、無理やり拉致されて自由を奪われ今も辛い状況にある人々とを同列に論じるその神経を疑う。

青木氏は日本が嫌いで朝鮮半島に思い入れの深い人だから今さら驚かないが、異を唱えることもなく感心して聞いている司会者や共演者もかなりおかしい。

こういうおかしな発言には、視聴者から抗議が殺到しそうなものだが、青木氏の出演する番組は「デイキャッチ」にしろ「サンデーモーニング」にしろ、長寿番組であることからしてどうも人気があるらしい。

いったい誰がこんな超偏向番組を支えているのか。

ラジオやテレビの視聴率はどうやって調べているのか検索してみた。

調査会社のアンケートというアナログ的なやり方だということだが、それなら聴いていると正直に言わなければ済むことだ。
しかし、モニターの機械が製造段階からランダムに取り付けられているという記述もある。

もしモニター機器が内蔵されているなら、私も視聴率に加担しているかもしれない。もう聴かない。

.
よろしければ ⇒ 
             


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

餌食

日本はカモにされやすい国なんだなあ。

中国、韓国、ロシア、アメリカ、そしてフランス。

みんな日本からカネをむしり取ろうとする。

金持ちだがお人好しで圧力に弱い国。そりゃあ、みんなタカるわな。

日本さえおとなしく我慢をしてさえいれば世界は平和になる、と半数ぐらいの国民が信じている国だからそうなるのも無理はない。

日本という国の体勢を根本から建て直す必要があるだろうなあ。

しかし、それをやろうと登場した指導者を、半数ぐらいの国民が危険人物だと言い、排除しようと懸命だ。

半数ぐらいの国民はバカなんだと思う。

.
 よろしければ ⇒ 
             


.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

スタンバイ

今朝の新聞の書評で「松下幸之助に学んだ人生で大切なこと」(上甲晃著)という本を取り上げていました。

著者は新人社員時代の研修で、松下幸之助から、「立場は新人でも、意識は社長であれ」 と教わったそうです。

国家の運営に関してもこういう心構えは大事だなと思いました。

国の安全や豊かさ維持の責任を一身に背負えば、誰だって必死に責務を全うしようと努力します。

マスコミや左翼勢力は、その為政者に対して批判だけは威勢よく浴びせますが、具体的な対案を提示することはほとんどありません。

それではただ観覧席からヤジを飛ばすだけの無責任な観客に過ぎません。

世の中は、「政治に満足しているわけではないが、まあ何とか生きているのでこんなものだろう」として、口うるさく政治を語ったりしない人のほうが多いと思います。

それはそれでいいと思います。穏やかに民主主義を受け入れ、政治は政治家に一任しているということでしょう。

しかし、とても政治に関心があって、しかも、政権の方針に強硬に反対する人ならば、悪口を言うだけでなく、「私ならこうする。そうすればこうなってああなって」と論理的に反論すべきだと思うのです。

一人一人が責任者になったつもりで、自分ならこのような政策をとる、と冷静に議論を挑むべきでしょう。

野党はヒステリックに重箱の隅をつつくような攻撃に終始し、マスコミは綺麗ごとを並べて政権批判するばかりです。

野党やマスコミというのはどこの国でもそんなものかもしれませんが、もし自分が指導者だったら、という視点も少しはあっていいと思うんですよね。

2009年、民主党はそういう視点を欠いたまま政権に就いちゃったので、とても可哀想でした。

.
いつも応援ありがとうございます
 


人気ブログランキング     .↖よろしければクリックお願いいたします

.
関連記事: 「何より命が大事」 
        「いいとき悪いとき」 

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

リアリズムを駆使して理想に近づく

ロシアとの北方領土交渉で、前進があったとの報道もつかの間、プーチンは歯舞・色丹さえも返す気がないとの情報も流れてきました。

ロシアとしては、島を返せばそこに米軍基地ができることを怖がっているということです。米軍基地を置かない、という確約を文書にしてほしいと要求したそうなんですね。

で、日米安保条約によると日本はアメリカ軍基地を拒否できないそうなんです。

でもほんとにそうなんですか?

そんなのアメリカとの話し合いで何とかなりそうな気がしますけど。

もう冷戦時代のような緊張感はないわけですから、アメリカがロシアを念頭に置いた基地を作る必要ってあるんでしょうか。

そりゃあ、国際情勢は複雑でしょうし、これから何が起こるかわかりません。

でもそんなこと言ってたらいつまでたっても世界の争いは終わりません。

国同士の争いが終わるわけない、と言われるかもしれませんが、日本とロシアが平和条約を結び経済協力してお互いに発展し、それを二国間の和解の成功例として世界に見せつけることは大きな意味があるのではないかと思います。

これは日本のためと言うより、未来の世界秩序のための第一歩かもしれないと私には思えます。

.
外交評論家の佐藤優氏によると:
≪安倍・プーチン会談は9月のウラジオストクで22回目(今回を入れると23回?)
北方領土での共同経済活動についても話は進んでいる。海産物の増養殖、温室野菜栽培、風力発電などの実現に向けた工程表を作成することになっている。
具体的には温室野菜栽培でイチゴの品種や実施場所を決めることが盛り込まれたことが大きな成果だ。
地上で温室栽培をするには、日露どちらの法的管轄に服するかを決めなくてはならず、それこそが主権にかかわる大きな問題となる。≫

歯舞・色丹を主権と共にきっちり返してもらいましょう。

条件として基地を作らないようアメリカに了承してもらうのはそんなにおかしいこととも思えませんし、難しくもないんじゃないでしょうか。既に了承済みかもしれません。だってプーチンの懸念はずいぶん前から言われていることですから。

とにかく、もう70年以上たってロシア人が長年住みついている土地を返してもらうなんて、誰が交渉したって不可能に近いのです。

文句を言う人は、武力を使えとでも言うのでしょうか。

「共に経済発展をしよう」と持ちかけるのが最も現実的なアプローチの仕方だと思います。

国民もいちいち文句をつけないで、頑張っている日本政府を応援したらいいと思うのに、左翼は相変わらず「安倍外交の失敗だ」などと騒ぎますね。

中には「安倍はプーチン大統領に一杯食わされた」などと鬼の首を取ったように喜びの論評をする人もいます。

いくら個人的に嫌いでも、こういう時は首相の味方をするのが国民だと思うのですけどねえ。

.
いつも応援ありがとうございます
 
人気ブログランキング      ↖よろしければクリックお願いいたします


.
 
                 「先駆け」 
 
                 「お人好し」 
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

責任主体は国民

安倍政権の「移民政策」は批判の的で、親安倍の右派でさえ「安倍政権はいったい日本をどうするつもりだ」と疑念を隠しません。

でも、高齢者や女性のみならず外国人労働者を速やかに労働市場に参入させなければどうにもならない現状を考えるならば、誰が政権を担おうが、それしか選択肢がないだろうということでしょう。

しかし一方で、「労働力不足は仕事を求める人にとって良いことである」というのも事実です。

要するに給料が良ければ建設や介護などのきつい仕事でも人手は集まるという単純なことなのですね。

よく考えてみると、その単純なことを阻止しようとしているのは私たち国民ではないかという気がしてきます。

つまり「安いもの」を求めることが、こういう事態につながっているのじゃないかと思います。
そんなことみんなわかっている、それをデフレというのだよ、と言われそうですけどね。

でも、わかっているならどこかで突破口を開かないと、このまま欧米に見られるような大量移民流入による国柄の変質や荒廃という惨憺たる状況にずるずると引きずられて行ってしまうでしょう。

保守派の数学者で移民政策に反対の藤原正彦氏が、しばしば訪れるヨーロッパの治安悪化の有様を目の当たりにし、「見事な外交を展開してきた安倍首相だ。正気を取り戻すことを期待したい」と週刊誌コラムに書いていました。

「正気を取り戻せ」と言いますが、突破口は政府の政策によって開かれるのでしょうか。

それはもちろんそうなのですが、経営者が考えを変えるとか、国民が「物価が上がってもいい、介護保険料が上がってもいい」と容認する姿勢を見せることが前提じゃないかと思います。

要するに、政府が国の将来を考えて打ち出した厳しい政策を、国民が受け入れるかどうかの問題だと思います。

独裁国であれば有無を言わさず国のための政策を推進できるでしょうが、民主主義国では国民の意思だけが頼りです。主権は国民にあります。

「一時期苦しくても」ということをまずは噛みしめることが大事なのかなと思います。

保守と言われる安倍政権がリベラルな面もおおいに持ち合わせ、それを「とらえどころのない『ぬえ』のようだ」と評する人もいて、支持層からも「この政権はいったい何がしたいんだ」と言われるようになってきました。

しかしまあ、誰が政権をとっても国民みんなの望みを聞くとなるとぬえになるしかないかもしれません。

高度成長期の日本は政治がやりやすかったんだろうなあと思います。

.
いつも応援ありがとうございます

 
人気ブログランキング  ↖よろしければクリックお願いいたします

.
関連記事: 「19円のモヤシ」 

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

世界中総お笑い化

アメリカのトランプ大統領とCNN記者とのやり取りに大笑いしました。
大統領の傲慢と記者のしつこさの絡み合いはほとんどお笑い芸です。
不謹慎でしょうが、近頃の世界情勢はなんだか可笑しいのです。

トランプの子供みたいな本音、韓国の感情的でめちゃくちゃな言い分、最近ちょっとおとなしいけれど北朝鮮のロケットぶっ放し、国際秩序を平気で無視してやりたい放題の中国・・・等々、酷いというよりなんだか笑ってしまいます。
ヨーロッパやカナダだってやけに若いリーダーが誕生して、うまくいってるのかいってないのか知りませんが、若くてフレッシュだから大丈夫とは言えないでしょう。そのうち笑っちゃうようなことをしでかすかもしれません。

日本社会や政治の現状を世界各国と比べて「酷い」と言い続ける評論家やマスコミがいますが、こうして世界を見渡すとまともなのは日本だけという気がします。

.
ブラジルに極右の大統領が誕生し、リベラルなドイツ首相メルケルさんも3年後に引退だそうで、今や世界中の国々が右傾化し、トランプ流政治が世界の潮流となっている、と言われます。
グローバリズムがもたらす弊害が保護主義・ナショナリズムに結びついてこういう流れになっているのだそうです。
しかし危機に際して、同国民、同族、家族、つまり自分たちの仲間の利益を優先させるのは当たり前ですから驚くにはあたりません。

.
各国に誕生している極右のリーダーたちは言葉が過激で差別的なのが特徴です。

あれらの過激な発言は本音を正直に言っているだけのことで、思っていても自分では言えないことを威勢よく言ってくれるので民衆は喝采するのでしょうね。
これも、リベラリズムの反動でしょう。最近のリベラリズムは「自由」というより「窮屈」ですから。→ 「古き良きあの時代」 「リベラルの締めつけが苦しい」 

「自由の確立」に熱心なあまり、意に沿わない考え方を排除しようという力が働いてしまうのですね。
つまり「自由」の先鋭化、とでも言ったらいいでしょうか。

もちろん表立って言ってはならないことがあるのは当然なのですが、近年、ネット以外のメディアでは禁忌事項が激増してる感があります。

私が愛読する言論サイト「BLOGOS」のコメント欄は遠慮会釈のない批判文に満ち溢れています。
いわゆる「ヘイト」的な表現は不快なものですが、的を射た批判は、たとえそれが皮肉だったりあからさまだったりしても、評価に値します。お笑いの要素を含んでいればなお結構なことです。

人間の負の部分のほうが笑いになりやすいものです。

人間の本質を言い当て、普通に言えば過激で無礼でもお笑いとなれば面白いものになります。

政治家が暴言を吐くようになったというのは、お笑いの世界でしか通用しないことを政治家が平気で言うようになったということなんじゃないかと思います。
そういう政治家を人々が支持するようになったということは、「差別」が激しくなったというより、世界が「お笑い化」しつつあるということなんじゃないでしょうかねえ。

ただの低劣な悪口をお笑いの素人が言っても面白くないので、そういうのは私は支持はしませんが。

.
いつも応援ありがとうございます
 
人気ブログランキング   
よろしければクリックお願いいたします

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

やっぱり「ああいう国」

一昨日、昨日と「BSプライムニュース」は二夜続けて日韓関係について取り上げました。徴用工、慰安婦、旭日旗、竹島などの問題です。

全部は見られなかったのですが:

一日目:東海大学教授金慶珠 産経新聞在ソウル記者黒田勝弘 元駐韓大使武藤正敏の三氏 

二日目:恵泉女学院教授李泳采 拓殖大学教授呉善花 自民党新藤義孝の三氏

で、議論なんですが、金さんと李さんはとにかく喋る喋る。でも何を言ってるのかよくわかりませんでした。

武藤氏や新藤氏は穏やかに事実を述べ、まるで子供に言って聞かせるように丁寧に分かりやすく説明するのですが、金氏も李氏も相手の言うことに応えることなく自分の言いたいことだけを機関銃のように喋り続ける。しかもその内容がとても筋が通っているとは言えない。こういうのを屁理屈というのでしょうね。
そこには論理性も何もなく、これではいくらこっちが論理的にアプローチしても議論が成り立たないわけだと思いました。

徴用工裁判で日本側が負けたのは言うべきことをきちんと言わなかったからではないかと疑ったものですが、原告側の弁論がこんな調子だったのなら、正論は聞いてもらえないはずだと合点がいきました。

論理でなく感情で攻めてくる相手には対処の仕様がありません。

朝鮮併合の時、「あの国とは関わらないほうが良い」と反対論があったということですが、なるほどと思いました。

日本に帰化した呉善花先生は、そんな祖国に愛想をつかしたのでしたね。
呉さんはめったにテレビ出演されませんが、これを機会にもっと出ていただければなあと思いました。

それと、地上波でないとはいえ、日本もテレビでこれだけのことが言えるようになったのですね。良いことです。

.

いつも応援ありがとうございます
 

人気ブログランキング   
↖よろしければクリックお願いいたします

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

そのように仕向けたのは日本

徴用工(正しくは「旧朝鮮半島出身労働者」)問題、慰安婦問題など、理不尽な主張をする韓国に対して日本人は怒りをぶつけます。

でも実のところ、こういった問題がこじれた原因は日本人自身にあります。

韓国がこのように異常な態度を取るのは、日本が甘やかしたせいです。

だとすると長く政権を担ってきた自民党のせいということになるでしょうか?

たしかに自民党には朝鮮半島といやに仲の良い重鎮たちが少なからずいました。こういう人たちはひたすらペコペコして韓国(北朝鮮も)の機嫌をとっていたんでしょう。ハト派とか言われてましたね。

でも、日本がやったとされる「悪行」を否定した政治家もいました。

そういう政治家がどうなったかというと、「右翼」「軍国主義」「戦前回帰」などのレッテルを貼られ、役職の辞任に追い込まれたりしました。

騒ぎ立てて事を大きくしたのはマスコミであり日本国民でした。

日本政府が韓国に対して毅然とした態度を取れなかった大きな理由の一つはそこにあるでしょう。

そもそも徴用工・慰安婦問題などを言い立て始めたのは韓国側ではありません。

日本には、戦前日本を「悪」と決めつけるさまざまな勢力があります。教育界、法曹界、マスコミ、政界、官界、市民団体、あらゆるところに根を張っています。

韓国の元労働者を焚きつけて裁判を起こすよう促したのはこういった人々の中にいました。

弁護士だった福島瑞穂や朝日新聞の松井やよりなどが元慰安婦の女性たちに手取り足取り嘘の証言をするように指導していたことは、新聞以外の活字メディアやネットではかなり前からよく知られています。

国連では「人権派弁護士」や市民活動家たちがロビー活動を行い、せっせと「日本の悪行」を宣伝している有様です。彼らは日本人です。

慰安婦強制連行という虚偽は日本人がでっち上げ、それを大きく取り上げて事実として報道したのは朝日新聞です。

要するに日本のインテリたちがこの流れを作り、国民がなんの疑いもなく信じてしまった。まったくバカな話です。

日本人は韓国を「異常な国」と言いますが、韓国がこんな異常な態度をとるのは日本に対してだけです。中国などには決してしません。日本が甘く見られているだけなのです。

韓国だけではないですよ。中国も日本から援助を受けながらいつもいつも見下げるような態度を取ってきました。 →  https://blogos.com/article/336308/

靖国参拝問題はずっと中国の対日本へのカードとして使われてきました。靖国問題も日本側が火をつけました。これも朝日新聞です。

 

こういったことは知ってる人は知ってるけど、なかなか一般の国民には届きません。

少しずつ知られるようになったとはいえ、まだまだ無関心な人は多いです。

大事なことは、韓国や中国を非難する前に、まずは日本人自身に彼らを増長させた責任がある、と気づくことじゃないでしょうか。

 

いつも応援ありがとうございます

 


人気ブログランキング    ↖よろしければクリックお願いします

.

関連記事:「責任の所在」 

 

 


.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

韓国の無理 日本の道理

韓国での徴用工の裁判のことなのですが、私は不思議でなりません。

この問題に関わる色々な事実や経緯から考えて、韓国最高裁が無茶な裁決をしたのは素人でもわかります。

そもそも今回の原告は「徴用」ですらなく、会社募集に応じた人々だということがわかっています。

何でも「日本が悪い」と言いたがる反日左翼の人たちも、さすがにこの韓国の判決はおかしいと言っているようです。

さて、裁判というからには、日本側にも専門の知識や手法を持った代理人(弁護士)がついているわけですよね。

わからないのは、この裁判で日本側はどういう論拠を示してどういう主張をしたのでしょうか。
負けたのは、単に無能だったからでしょうか。

真っ当な言い分が山ほどあったのにそれをきちんと言わなかったのでしょうか。

または言ったけど無視されたのか。

それならその裁判を担当した日本側弁護士なり何なり、その様子を公表して韓国司法の異常さを訴えればいいと思うのですけど、そういうことはできないのでしょうか。

こんなバカバカしいことで日本が悩まなければならないことが不思議でなりません。

.
いつも応援ありがとうございます
 
人気ブログランキング     .  よろしければクリックお願いいたします

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

モーニングショーが良い感じになってきた

今朝の「羽鳥慎一モーニングショー」は、シリア人質事件についての橋下徹と玉川徹の対決だというので、腰を据えてじっくり聴きました。

橋下さんが玉川さんら「反権力・ヒューマニズムを高らかに掲げる人々」の整合性のなさを突き、玉川さんが懸命に言い訳をするといった印象を受けました。

橋下さんをもう一度政界に、と期待する人は多いですが、今のように自由な立場であればこそ、偽善者たちの矛盾を指摘することができます。

こういう人が評論家として自由に意見を言うことで物事の本質が見えてきて、国民にとっても非常に良いことなんじゃないかと思います。

政治家の立場であれば、あんなふうに自由にものを言うことはできません。

今日の「モーニングショー」は番組のほとんどの時間をこの議論に費やし、充分とは言えないまでも、一応の決着はついたと思います。

それは橋下さんが「この事件によって被ったデメリットと、そのデメリットを補って余りあるほどの今までにない情報を得ることができたのかどうか、その検証がぜひとも必要」ということに表れていると思います。

自己責任論については、議論にはなりませんでした。当然です。橋下さんが、そんなことは議論するまでもないとばかりに説明してくれました。
簡単に言えば、「制止を振り切って行った。覚悟の上なのだから自分の責任において死を受け止めるということ。それが自己責任。しかし、自己責任であるとして国が放置したり国民がバッシングしたりするのは間違い」、これだけのことです。

議論を通して橋下さんのほうに分がありました。論破といってもいいのではないかと思います。こういうのもありました:

玉川:
「海外では危険地域に行って取材するジャーナリストは英雄として歓迎される。日本ではなぜジャーナリストに対して冷たいのか」

橋下:
「『歓迎しろ。英雄扱いしろ』と要求するのでなく、なぜ自分たちは国民に受け入れられないのか考えることが先だ。安田さんの言動に国民は引いた」


普段、左翼コメンテーターばかりに言いたい放題をさせている番組という印象がありましたが、今日の番組作りを企画したスタッフの勇気に敬意を表したいと思います。

今日のように、違う意見を言う人を時々は招かないと、視聴者は一方向だけに誘導されてしまい、考える機会を失います。
それは国のために良くないことです。国のために良くないということは国民のために良くないということです。

テレビが「考えるためのツール」に変わっていくことはとても良いことです。


ところで、橋下さん、今度は国会議員を何年か務めてくれませんかね。
議員でいる間は発言も制約されるだろうけど、辞めた後、国政に携わった経験をもとに自由言論の旗手として活躍してほしいと思います。

.
いつも応援ありがとうございます
どうぞよろしくお願いいたします


人気ブログランキング

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »