« テレビは変わりつつあるか | トップページ | 韓国の無理 日本の道理 »

2018年11月 1日 (木)

モーニングショーが良い感じになってきた

今朝の「羽鳥慎一モーニングショー」は、シリア人質事件についての橋下徹と玉川徹の対決だというので、腰を据えてじっくり聴きました。

橋下さんが玉川さんら「反権力・ヒューマニズムを高らかに掲げる人々」の整合性のなさを突き、玉川さんが懸命に言い訳をするといった印象を受けました。

橋下さんをもう一度政界に、と期待する人は多いですが、今のように自由な立場であればこそ、偽善者たちの矛盾を指摘することができます。

こういう人が評論家として自由に意見を言うことで物事の本質が見えてきて、国民にとっても非常に良いことなんじゃないかと思います。

政治家の立場であれば、あんなふうに自由にものを言うことはできません。

今日の「モーニングショー」は番組のほとんどの時間をこの議論に費やし、充分とは言えないまでも、一応の決着はついたと思います。

それは橋下さんが「この事件によって被ったデメリットと、そのデメリットを補って余りあるほどの今までにない情報を得ることができたのかどうか、その検証がぜひとも必要」ということに表れていると思います。

自己責任論については、議論にはなりませんでした。当然です。橋下さんが、そんなことは議論するまでもないとばかりに説明してくれました。
簡単に言えば、「制止を振り切って行った。覚悟の上なのだから自分の責任において死を受け止めるということ。それが自己責任。しかし、自己責任であるとして国が放置したり国民がバッシングしたりするのは間違い」、これだけのことです。

議論を通して橋下さんのほうに分がありました。論破といってもいいのではないかと思います。こういうのもありました:

玉川:
「海外では危険地域に行って取材するジャーナリストは英雄として歓迎される。日本ではなぜジャーナリストに対して冷たいのか」

橋下:
「『歓迎しろ。英雄扱いしろ』と要求するのでなく、なぜ自分たちは国民に受け入れられないのか考えることが先だ。安田さんの言動に国民は引いた」


普段、左翼コメンテーターばかりに言いたい放題をさせている番組という印象がありましたが、今日の番組作りを企画したスタッフの勇気に敬意を表したいと思います。

今日のように、違う意見を言う人を時々は招かないと、視聴者は一方向だけに誘導されてしまい、考える機会を失います。
それは国のために良くないことです。国のために良くないということは国民のために良くないということです。

テレビが「考えるためのツール」に変わっていくことはとても良いことです。


ところで、橋下さん、今度は国会議員を何年か務めてくれませんかね。
議員でいる間は発言も制約されるだろうけど、辞めた後、国政に携わった経験をもとに自由言論の旗手として活躍してほしいと思います。

.
いつも応援ありがとうございます
どうぞよろしくお願いいたします


人気ブログランキング

.

|

« テレビは変わりつつあるか | トップページ | 韓国の無理 日本の道理 »

コメント

橋下さんはやっぱり面白いですね。恐れを知らず、タブーを恐れずですから、また政治家になって暴れて欲しいと私も思います。

投稿: さなえ | 2018年11月 2日 (金) 17時31分

★さなえさん

かなり面白い人です。頭も良いし、柔軟性も身につけています。

大阪府知事だった時はいろいろ我慢してたようですが良い経験だったのでしょう、それ以前よりずいぶん落ち着いて大人になったと思います。

小林よしのりなんかは橋下さんを嫌いらしくボロクソに評していますが、実際に政治の修羅場を経験したことのない小林氏の批判の仕方がとても子供っぽいと感じます。

投稿: robita | 2018年11月 2日 (金) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーニングショーが良い感じになってきた:

« テレビは変わりつつあるか | トップページ | 韓国の無理 日本の道理 »