« モーニングショーが良い感じになってきた | トップページ | そのように仕向けたのは日本 »

2018年11月 3日 (土)

韓国の無理 日本の道理

韓国での徴用工の裁判のことなのですが、私は不思議でなりません。

この問題に関わる色々な事実や経緯から考えて、韓国最高裁が無茶な裁決をしたのは素人でもわかります。

そもそも今回の原告は「徴用」ですらなく、会社募集に応じた人々だということがわかっています。

何でも「日本が悪い」と言いたがる反日左翼の人たちも、さすがにこの韓国の判決はおかしいと言っているようです。

さて、裁判というからには、日本側にも専門の知識や手法を持った代理人(弁護士)がついているわけですよね。

わからないのは、この裁判で日本側はどういう論拠を示してどういう主張をしたのでしょうか。
負けたのは、単に無能だったからでしょうか。

真っ当な言い分が山ほどあったのにそれをきちんと言わなかったのでしょうか。

または言ったけど無視されたのか。

それならその裁判を担当した日本側弁護士なり何なり、その様子を公表して韓国司法の異常さを訴えればいいと思うのですけど、そういうことはできないのでしょうか。

こんなバカバカしいことで日本が悩まなければならないことが不思議でなりません。

.
いつも応援ありがとうございます
 
人気ブログランキング     .  よろしければクリックお願いいたします

.

|

« モーニングショーが良い感じになってきた | トップページ | そのように仕向けたのは日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の無理 日本の道理:

« モーニングショーが良い感じになってきた | トップページ | そのように仕向けたのは日本 »