« 世界中総お笑い化 | トップページ | リアリズムを駆使して理想に近づく »

2018年11月14日 (水)

責任主体は国民

安倍政権の「移民政策」は批判の的で、親安倍の右派でさえ「安倍政権はいったい日本をどうするつもりだ」と疑念を隠しません。

でも、高齢者や女性のみならず外国人労働者を速やかに労働市場に参入させなければどうにもならない現状を考えるならば、誰が政権を担おうが、それしか選択肢がないだろうということでしょう。

しかし一方で、「労働力不足は仕事を求める人にとって良いことである」というのも事実です。

要するに給料が良ければ建設や介護などのきつい仕事でも人手は集まるという単純なことなのですね。

よく考えてみると、その単純なことを阻止しようとしているのは私たち国民ではないかという気がしてきます。

つまり「安いもの」を求めることが、こういう事態につながっているのじゃないかと思います。
そんなことみんなわかっている、それをデフレというのだよ、と言われそうですけどね。

でも、わかっているならどこかで突破口を開かないと、このまま欧米に見られるような大量移民流入による国柄の変質や荒廃という惨憺たる状況にずるずると引きずられて行ってしまうでしょう。

保守派の数学者で移民政策に反対の藤原正彦氏が、しばしば訪れるヨーロッパの治安悪化の有様を目の当たりにし、「見事な外交を展開してきた安倍首相だ。正気を取り戻すことを期待したい」と週刊誌コラムに書いていました。

「正気を取り戻せ」と言いますが、突破口は政府の政策によって開かれるのでしょうか。

それはもちろんそうなのですが、経営者が考えを変えるとか、国民が「物価が上がってもいい、介護保険料が上がってもいい」と容認する姿勢を見せることが前提じゃないかと思います。

要するに、政府が国の将来を考えて打ち出した厳しい政策を、国民が受け入れるかどうかの問題だと思います。

独裁国であれば有無を言わさず国のための政策を推進できるでしょうが、民主主義国では国民の意思だけが頼りです。主権は国民にあります。

「一時期苦しくても」ということをまずは噛みしめることが大事なのかなと思います。

保守と言われる安倍政権がリベラルな面もおおいに持ち合わせ、それを「とらえどころのない『ぬえ』のようだ」と評する人もいて、支持層からも「この政権はいったい何がしたいんだ」と言われるようになってきました。

しかしまあ、誰が政権をとっても国民みんなの望みを聞くとなるとぬえになるしかないかもしれません。

高度成長期の日本は政治がやりやすかったんだろうなあと思います。

.
いつも応援ありがとうございます

 
人気ブログランキング  ↖よろしければクリックお願いいたします

.
関連記事: 「19円のモヤシ」 

.

|

« 世界中総お笑い化 | トップページ | リアリズムを駆使して理想に近づく »

コメント

法案が数で決まる(国会議員は国民選出だから)のでしょうが、先々のことまで考えてのことなのだろうか、と思ったりします。技能実習生という隠れ蓑的システムでやりきれなくなったのなら、そこは見直さないと、とは思います。
でも、長く移民を受け入れてきた国々が今、行き詰っているのを見ながら、追随するのもどうかなと思います。
マイナス面を実行したうえで、指針を決めてほしいものですね。消費税の軽減税率にしても、導入している国では不人気と聞いています。何のためにコストをかけまてまで、いい子の振りをしないといけないのでしょうね。
2000円札発行は、流布しなければすたれておしまい、となりますが、移民政策はやってくる人の生活の根本にかかわることですからね。

投稿: 案山子 | 2018年11月14日 (水) 11時06分

外交でいくばくかの成果をあげていると言っても、かなりの税金をばら撒きながらですから、高評価はできません。元はと言えば、選挙での票欲しさからのバラマキ、それが延々と続き、未だに大きな声をだせば政府は動くと勘違いしている向きが多いと思います。株などやっていると、値動き意外の情報が大切ですから、知りたくないもの、事まで見ざるを得なくなります。高くても必要なら気持ちよく払うが原則です。自助自立の精神を失い始めた人の多さに愕然とします。次の内閣、その次の内閣、いつまで続くかわかりませんが、長期に亘るアベノミクスの後始末には苦労が付きまとうでしょうね。

投稿: 花 | 2018年11月14日 (水) 13時01分

比較的安定している政権ではありますが、やはりいろいろな方面を忖度しなければならないので、どっちつかずのおかしな政策になりがちです。
外国人を安く雇いたいのは経済界の要望でしょうし、軽減税率は連立相手の党が熱心だそうですね。
小泉元首相や橋下徹氏のような人だったらどこにも気遣いしないでしょうから、思い切ったことができたでしょうけどね。

>2000円札発行は、流布しなければすたれておしまい、となりますが、移民政策はやってくる人の生活の根本にかかわることですからね。<

やってくる人の生活の根本、同時に日本人の精神基盤にかかわることだと思います。

藤原正彦氏が書いているのですが、
≪経済政策は失敗しても、国民の生活が苦しくなるだけで大したことはない。たかが経済だ。いつかは元に戻る。しかし移民受け入れは不可逆だ。百万人の移民は、夫婦が三人の子を産むとすると、混血をも含め百年後には一千万を超し二百年後には一億を超す。明治二十二年、英国の著述家アーノルドは、講演の中で日本の芸術、自然美、礼節、道徳などに触れ、『日本は地上で天国あるいは極楽に最も近づいている国』と語った。安倍首相は今、その日本をこの世から抹殺するための一歩を踏み出そうとしている。≫

愛国保守らしい意見ですね。よくわかります。

一方で、移民受け入れの是非にかかわらず、200年後に「かつてあった珠玉の国」がなくなったとしてもそれはもう人類の歴史の流れとして仕方ないだろう、とも思うのです。

投稿: robita | 2018年11月14日 (水) 13時26分

★花さん

政権を維持しなければならない→選挙で勝たなければならない→バラマキ、つまり国民におもねるのは民主主義国では起こりがちだと思います。

安倍首相は一度地獄を見た人ですから、命を惜しまずもっと大胆な切り替えができると思っていましたが。・・・大胆といっても何をしたらいいのか私にはわかりませんが。

花さん仰るように、高くても必要なら気持ちよく払うとか、自助自立の精神が国民の側に求められると思います。
それを国民に求めると、政治家は嫌われますが。

投稿: robita | 2018年11月14日 (水) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 責任主体は国民:

« 世界中総お笑い化 | トップページ | リアリズムを駆使して理想に近づく »