« 今日の玉川さん | トップページ | クジラを食べたいという理由だけでなく »

2018年12月27日 (木)

ネトウヨと反日日本人

テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」でネトウヨ特集をやったそうです。私は見なかったけれど、こんなことだったらしい。 → http://news.livedoor.com/article/detail/15798888/

評論家の古谷経衝氏が、ネトウヨについて解説していますが、この人の論説はいつもとても雑なので、そのまま受け取らないほうがいいですね。

「ネトウヨ」はネット上で右翼的な発言をするからそう呼ばれるのでしょうが、大抵のネトウヨは短絡的で言葉が乱暴で、左翼勢に対しては喧嘩腰なのが特徴です。

だから私などはブログで(左翼の人から見れば)右寄りの意見を書きますが、ネトウヨという範疇には入らないと思います。

喧嘩腰でコメントを書いてくださる左翼の方々にも真面目に答え、あるいはあまりに粘着質の場合は、皮肉で返すか無視するぐらいなものです。こういうのはネトウヨとは言わないと思います。

「モーニングショー」のコメンテーター玉川徹氏はネトウヨの皆さんから「反日だ」と叩かれるそうで、「日本のためを思って言ってるのになんで反日と言われるのか」と憤慨します。

そうですねえ。玉川さんは自分ではそういうつもりなんでしょう。

ただ、玉川さんは本当に安倍政権が嫌いで嫌いでやることなすこと批判します。

安倍政権支持派から見れば「日本の利益のために一所懸命やっている総理大臣を引きずり降ろそうとしている。反日だ」となってしまうのでしょう。

やっぱり「左翼政権」であった民主党の迷走ぶりを思い出すと、防衛にしろ経済にしろ左翼的な人たちによる政治では国の運営はうまくいかないんですよね。

ああいうことを経験しているのに、まるで民主党政権を懐かしむかのような現政権批判を聞いていると、日本のためを思っていると言われても「ほんとに?」と疑ってしまいます。

要するに、「日本のため」というなら、日本人同士で反目し合わず、それぞれが一方通行で悪口を発しているだけでなく、同じ場で議論をしてみせてほしいのです。

ところで、その「日本人同士の争い」を喜ぶ勢力がいることを忘れてはいけません。

中国や韓国、それにどういうわけか日本のマスコミです。

過激な言葉を書き込むネトウヨさんの中にも、日本人同士の喧嘩を煽る反日日本人がいるかもしれませんよ。

 
  . よろしければ
.

|

« 今日の玉川さん | トップページ | クジラを食べたいという理由だけでなく »

コメント

どうしてもこれまでの教育の成果wでリベラル、反米が正しくインテリっぽく、格好良く思えるんですよね。

現状では、特に民主党政権の支離滅裂とひどさを経験した後では、現政権を支持するしか選択肢がないのは明かだと思えるのですが、ネットでは極端な意見が大量に出るので偏った方向に引っ張られるのでしょうね。自戒してますが、ネトウヨとレッテルを貼られました。

知人たちが沖縄など遠方まで出かけて座り込みなどの運動をしていてそれを生き甲斐というので、ちょっとおかしいと言ったら、ネトウヨじゃないの、といきなりなじられました。レッテルを貼るとそれだけで分かったつもりになるみたいで前には進めません。ヤレヤレです。

投稿: さなえ | 2018年12月28日 (金) 06時10分

★さなえさん

今は左翼の巻き返しがすごい勢いで起こっている状態なんだと思います。
左翼天国だった日本が変わりつつあるので、その焦りから「安倍は右翼で危険だ」という宣伝を全力で行っているのでしょう。
世の中が変わってきているのは、政権のせいじゃなくて国民が「左翼はおかしい」と気づき始めただけのことなのに。
放送局が政権に忖度してるなどとよく批判されますが、忖度があるとしたら、それは視聴者に対してじゃないでしょうか。

>レッテルを貼るとそれだけで分かったつもりになるみたいで前には進めません<

そうなんですよね。
ネットで左翼とは違う意見を発信するだけでネトウヨなどと言われてはたまりません。

投稿: robita | 2018年12月28日 (金) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネトウヨと反日日本人:

« 今日の玉川さん | トップページ | クジラを食べたいという理由だけでなく »