« ローラ、りゅうちぇる、ラサール石井、ああもう・・・ | トップページ | ネトウヨと反日日本人 »

2018年12月25日 (火)

今日の玉川さん

今朝の「羽鳥慎一モーニングショー」で、韓国駆逐艦の日本哨戒機に対する射撃用レーダー照射について、香田洋二元自衛艦隊司令官の解説を聞きました。

これは、韓国軍は信用できないと国際的に不信感を持たれてしまうほどの非常識なことだそうです。

コメンテーターの玉川徹氏が、
「現場のはねっかえりのやったことを政府がかばっている、ということは国の意思すら感じられる。」
「あんまり反日教育してると、何かあった時に政府が止めたいと思っても国民や軍がそれを許さない、という状況になってしまう。」
と、とてもまともなことを言っていたので、いつもの玉川さんからするとちょっと意外に思いました。→ http://news.livedoor.com/article/detail/15788550/

しかしもう一人のコメンテーター青木理氏は、韓国擁護に一所懸命で、「韓国も日本もどっちもどっち」という方向になんとか持っていこうとしつこく食い下がっていました。

玉川さんが、「もし日本の自衛隊がこういうことをしたら、自衛隊トップもしくは政府が現場の誤りをかばうのですか?」と香田さんに聞いたところ、即座に「厳罰です」という答えが返ってきました。

すると、青木さんは「そりゃー、そんなことはないと思うんだけど」と言うのです。自衛艦隊元司令官がいる前でねえ。

まあしかし、青木さんのような極左がおかしな発言をしてくれるおかげで、まともな意見が光り輝くんだなあ、とも思います。

これが韓国の番組であれば、「何が何でも日本が悪い」という意見ばかりになってしまうでしょうから、視聴者も考える機会を奪われてしまい、それこそ玉川さんの言う通り、軍や国民の暴走を招きかねませんよね。

青木さんのようなことを言う人は必要なのかもしれません。

ただ、そういう人たちに対していわゆる「ネトウヨ」と言われる人たちが、汚い言葉で罵倒するのだけはやめたほうがいいと思います。
批判するなら冷静に理を説くことがとても大事です。

まあ、「ネトウヨ」の罵詈雑言は反日分子による工作活動だという話もあるようですから、よくよく気をつけなければなりませんが。
.
よろしければ

人気ブログランキング

.

|

« ローラ、りゅうちぇる、ラサール石井、ああもう・・・ | トップページ | ネトウヨと反日日本人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の玉川さん:

« ローラ、りゅうちぇる、ラサール石井、ああもう・・・ | トップページ | ネトウヨと反日日本人 »