« プライドだけでは食べられない | トップページ | 「そんな要求はのめない」 »

2019年2月24日 (日)

弱腰の理由

石平さんが怒ってます。

twitterの投稿です:
≪これでわが国の政府は実質上、レーダー照射の一件をなかったことにした。
あれほど挑発され侮辱され愚弄されたのにこの対応か。安倍政権の弱腰にはがっかり。
堂々たる日本国は一体どうして、韓国ごときものに弱腰外交をしなければならないのか?≫

賛同の意見と共に、「もう安倍政権を支持できない」といった声が数多く寄せられているようです。

どうして日本は韓国の酷い反日行動に対してユルい「遺憾砲」を撃つばかりで、きちんと抗議なり制裁なりできないのでしょうか?

それはね、自民党有力議員に「韓国利権」というものがあるからですよ。

門田隆将氏の説明によると:
≪当たり前のことだが、反日国家・韓国で日本企業が事業を行うのは容易ではない。
事業に行政府の許可が必要な時もあるし、あるいは、規制を何とかしなければならない場合もある。
そんな時、企業は、日韓議員連盟の有力者たちを頼らなければならない。
彼らは“陳情”を受ければ、すぐにカウンターパートである韓国の有力議員、すなわち韓日議員連盟の面々に「話を通す」のである。
相談を受けた韓国の議員は、政府に、あるいは地方自治体などに連絡を入れ、工作を展開してくれる。
こうしたルートを使わない限り、日本企業の韓国での経済活動は不可能だ。
逆もまたそうである。
韓国の企業のために自民党議員は動き、そういうパートナーシップは不変で、有力議員たちは、これらの企業から有形無形の利益を享受してきた。
その利権空間を守りたい彼らは、常に「事なかれ主義」を貫き、面倒なもの、すなわち、両国の間の「歴史の真実」には蓋をしてきた。
つまり、韓国人に歴史の真実という「パンドラの箱」を開けさせないのである。≫


たとえ首相でさえ抑えのきかない古参の自民党有力議員たちの顔が思い浮かびます。

自民党は政治理念だとか政治信条だとかが異なる議員が集まった集団だということです。

自民党が利権死守派と刷新派に分裂して政治がうまくいくかどうかはわからないけれど、外国に対して、こうも頼りない態度しか取れない理由がそういったしがらみなのだとしたら、それは排除したほうがいいんじゃないでしょうか。

韓国に経済制裁することは同時に日本も経済的ダメージを受けるということだと反対の人もいるかもしれない。

しかし、日本人にだってプライドというものがあるでしょう。間違っていることを間違っている、とはっきり言うことをなぜためらうのでしょうか。

歴史の捏造を放置していいはずがありません。

プライドだけでは食べられないけど、プライドを捨ててただ食べるだけの国も私はイヤだ。
.
  .よろしくお願いします ⇒ 
                              

人気ブログランキング

.

|

« プライドだけでは食べられない | トップページ | 「そんな要求はのめない」 »

コメント

激しく同意です。きちんとそれなりの抗議をしないということは相手の言うことが正しいと認めたと世界中に受けとられます。
河野さんが物を言う人なので今回こそはと期待していましたが。

そういえば、ブログ初期の頃、禿同という言葉がよく飛び交ってましたが、死語になったのでしょうか。見かけませんね。

投稿: さなえ | 2019年2月25日 (月) 06時00分

★さなえさん

>河野さんが物を言う人なので今回こそはと期待していましたが<

そうなんですよね。
でも党内の事情に首相でさえ気を遣わなければならないとなると、外務大臣の一存ではどうにもならないのでしょうね。
選挙ともなると、そういう有力議員の力は欠くことができないでしょうし、もうがんじがらめですね。
自民党の構造そのものに原因があるなら、誰が首相になっても同じでしょうね。
小泉首相が言ってたように自民党を本当にバラバラに壊さないと刷新は無理だと思います…とは言っても、自民党が壊れて今の野党連合に政権を取られたりしたらもっと酷いことになるでしょうし。困りましたね。

>禿同<

ありましたね。
ネット民は次々と面白い言葉を作り出すものですね。
流行させた後はいつまでも同じ言葉を使うのはカッコ悪いのでしょうか。
でも私「禿同」好きです

投稿: robita | 2019年2月25日 (月) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弱腰の理由:

« プライドだけでは食べられない | トップページ | 「そんな要求はのめない」 »