« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月29日 (金)

不可解な学者の頭の中

 

社会学者内田樹氏のツイートです。→ https://twitter.com/levinassien/status/1111063004433408000


≪新元号について4月1日取材の予約が2件ありましたが、新元号に現政権に阿る解釈を許す文字が含まれていた場合には、僕は以後二度と元号を使いませんし、「元号」という語そのものを使わないことにしますので、電話取材にも「え?元号って何ですか?」とご返事しますのでご了承ください。≫


どうにも理解ができないのですが、元号選定において、有識者の方々がなぜ安倍首相のご機嫌とらなきゃならないんですか? 

現政権に阿る文字を使ったら安倍首相が喜んで何かご褒美でもくれるだろう、みたいなことですか?

ばかばかしいにもほどがあります。

狂気なのか耄碌なのか。


よろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング 



関連記事: 「安」の字を見ただけで  

 

| | コメント (2)

2019年3月27日 (水)

人間だもの、言い返すぐらい大目に見てあげれば?

これひどいですね。→ https://snjpn.net/archives/105890


小学生からこんな教育してたら、韓国民が日本に対して尋常でない侮蔑的態度とるようになるのも当然だと思います。



日本人が韓国のことを悪く言うと「ヘイト発言」としてすごく叩かれますけどね。


ましてや、もし子供たちのこんな絵を堂々と掲示する小学校があったら、日本中それこそ上を下への大騒ぎになるでしょう。


タレントのラサール石井が、こんなツイートしたそうです。


≪麻生大臣や桜田大臣の度重なる失言、そしてイチロー氏の韓国ヘイト発言問題。「差別意識があった」とか「意識が低い」というより、そもそも「意識がなかった」のだ。何故なら、多面的に物事を考えるような環境で育ってこなかったから。そしてそれを無知だと恥じる事も必要なかったから。≫


イチローさんのヘイト発言の事情はよく知りませんが、日韓で試合した時の韓国側の無礼な振る舞いに対して悪態をついたということらしいです。


どうもこの日本には「韓国様に何を言われても何をされても絶対に逆らってはならない」という固い信念を持つ一定数の日本人の方々がいるようです。


私もよく韓国批判をしますが、こういう人たちにみつかったら市中引き回しの上、磔獄門にされてしまうのでしょうか。くわばらくわばら。



よろしくお願いいたします ⇒
人気ブログランキング 



ラサール石井関連記事: 「笑点問題」 


 

| | コメント (2)

2019年3月26日 (火)

だめだこりゃ

やっぱり変


前記事 の最後に載せた関連記事「しあわせ」、何度貼っても移動しない。


これです→ http://robita-48.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-8196.html

| | コメント (4)

道の彼方に

昨日の羽鳥慎一モーニングショー(テレビ朝日)で、眞子さま佳子さまの結婚の話題が取り上げられました。


コメンテーターの玉川徹氏は「結婚は本人たちの意思を尊重すべき。愛する人とでなければ結婚する意味がない。眞子さまだって好きな人と結婚するのが一番いいのだ。結婚させてあげればいいじゃないか」と主張。
山口真由氏と石原良純氏は、抑え目の言い方ながら「好きという気持ちだけでうまくいくとは限らないのでは。結婚は本人たちだけのものではない(皇族に限らず)」という意見でした。


玉川さんは純粋で、山口さん石原さんは現実的・・・なのかどうかはわかりませんが、私は後者の意見に同感です。


大恋愛結婚でもすぐに破綻したり、お見合いでも幸せに添い遂げたり、夫婦の行く末なんて添うてみないとわからない、というのが厳然たる事実なのです。そんなこと世間を見ればすぐにわかります。


眞子様は婚約内定者の小室さんと是非とも一緒になりたいとのお考えでしょうが、経験を積んだ大人の立場としては、さまざまな噂を見聞きするにつけ「あのお相手の方は大丈夫?」と心配になるのは当然です。
無責任に「愛し合っているのだから結婚すればいい」と若い二人の背中を押してもいいものかどうか甚だ疑問です。


玉川さんは、どうやら天皇制に反対のようですから、皇室の方々を解放して自由にさせてあげたらいいという考えなのでしょうし、眞子さんがそれで不幸になろうが天皇家に何か悪い影響を及ぼそうが知ったこっちゃない、といったところでしょう。


日本に天皇は必要だと思っている人は、内親王の結婚にも関心があって、滅多な家に降嫁すべきではないと考えるでしょう。眞子さまの夫は将来の天皇の義兄となりますから。


皇室でなくとも一般の家庭でも、親は娘の幸せを願いますから、問題のある家庭の男性との結婚はそう簡単に同意しないでしょう。


私も結婚問題に関しては以前はずいぶん書いたものですが、変わらず思うのは、結婚して家庭を持ちたいと願う人にとって、個人主義と恋愛至上主義、これらを優先させることが幸せにつながるとはかぎらないということです。


 


どうぞよろしくお願い致します ⇒ 
人気ブログランキング


 



関連記事: 「お見合い」  
      「望む相手がみつからない」 
      「あ、いい娘さん」 
      「結婚という人生経験」 
      「親心」 


      「しあわせ」 
      「自虐なのか柔軟なのか」 
      
      「良き伴侶」 


*やはり文字列が変です。使い方が間違っているんでしょうね。


 


 

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

引っ越ししようかどうしようか

やはり、別のサービスに移ろうかなと思っています。

ブログの背景がなんか変なことになっちゃってるし、字も薄くなりました。自分では何も操作してないのに。

要望は「使いやすく読みやすい」、それだけなので、まあどこでもいいですかね。


【3月23日(土)23:30】

ブログの背景が戻ってます。

このデザインはとても気に入っているので、もう13・4年変えていません。

yahoo掲示板で知り合った女性が作ってくれたものですが、長年音信不通なので、もう頼めません。

このままここで続けようか。でもものすごく使いにくいし・・・ああどうしよう。
                     
              


    

| | コメント (2)

2019年3月22日 (金)

やっぱ教育が基本でしょ

法政大学教授の山口二郎氏のツイート

≪最近、日本人の劣化を示す事件が相次いでいる。
魚は頭から腐る。
特に厚労官僚の狼藉はその帰結。
最高指導者が平然と嘘をつき、子供じみた責任逃れをする様子を見れば、国民のモラルなど地に落ちるのは、必然。≫


「すべて安倍が悪い」の典型ですが、「分析」とも言えず、単なる呪詛ですね。これでも大学教授か。

犯罪なんて昔からあったし、政治家が政争に明け暮れている間に官僚は好き勝手なことする、なんて昔からよく言われてましたよ。

東大出の優秀な人材が官僚という職業を選ばなくなったと言われ始めてずいぶん経ちますしね。

それに日本が劣化したというなら、世界の主要国はそれ以上じゃないでしょうか。

社会が豊かになったその先はこんなもの、とも考えられます。

それでもなお山口さんたちが「日本人の劣化がひどく、それは政治家のせいだ」と言うなら、政治家なんかにお手本を期待せず、学校で道徳教育をしっかりやればいいと思うのですが、「日本人が劣化した」と騒ぎ立てる人に限って道徳教育には断固反対なのです。変なの。
.
   よろしくお願いいたします ⇒ 


         「立派な大人」

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

春の異変

ココログが全面リニューアルして、使い方がよくわからなくなりました。

更新通知ができなくなったので、ブログランキングの順位表に新記事アップの表示が出なくなり、調べると「トラックバック機能」を使うしかないそうなのですが、ココログのお知らせには「トラックバック機能は終了しました」と書いてあるのです。
これではランキングのサイトから来て下さる方には更新は気づいていただけません。

ココログ使っている人たちには不評のようです。「泣きたくなるほど使いにくいです」とか「わざわざ改悪したんですか?元に戻してください」という具合。みなさん切実です。

システムの老朽化によりリニューアルということだそうですが、同じ仕様で新しくする、というようなことはできないのでしょうかね。
ブログサービスのシステムについてまったくわからないので、「老朽化」なら、構造や使い勝手はそのままで新しく作り直せばいいんじゃないの?なんて思ってしまいますが、家の建築じゃないのでそういうことではないのでしょうか。

クレームの嵐でリニューアルに携わった担当者の方々は大変でしょうね。ご苦労お察しします。

さて、新しいココログで慣れるようこのまま続けるか、別のサービスに引っ越しするか、これを機にブログ卒業するか思案中です。



どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 

.

| | コメント (0)

2019年3月20日 (水)

日韓の場合は「どっちもどっち」ではない

前記事で、「大きく強い流れには逆らえない」と書きましたが、嫌韓の流れは強く大きく、今や政治にあまり関心のない人や平和を愛する人たちまでもが韓国の理不尽さにはほとほと嫌気がさしている模様です。

そういう流れに、反日左翼(親韓)も危機感を覚えるのか、「韓国擁護 日本批判」の度合いを増してきています。必死に抗っています。


ニュージーランドで白人至上主義者がイスラム教のモスクで銃乱射し多数の死傷者が出ましたが、先日の「サンデーモーニング」で青木理氏が次のように言っていたそうです。

「日本でも在日コリアンに対するヘイトスピーチがあり、相模原での障害者刺殺事件もある意味同じ構造だ。 私たちの足元にもそういう“芽”がある」

同じようなことを言ってる人は他にもいます。悪行をすぐ「日本人」に結び付け、「反省しなさい」と日本人にお説教するのが左翼連中の常です。

たしかに人として自らを戒める気持ちを持つのは大切なことです。

でも、日本で増え続ける嫌韓感情は、韓国のあまりに理不尽で過激な反日行動に原因があるので、欧米vs.イスラムの対立の構図とはずいぶん違うと思います。

我慢に我慢を重ねる日本に対してその努力を踏みにじるようなことをし続けてきた韓国、これが事実じゃないでしょうか。

どこの国にも差別的な人、乱暴な人はいます。日本にもいます。

でも日本人、韓国のようなあんなひどいヘイト行動やっていませんよね?

韓国は国を挙げてやってます。大統領からしてそうなんですから。

青木さんたち反日サヨクは「私たちの足元にそういう芽がある」とか「日本はそのうちニュ-ジーランドのようになる」とか日本人に説教する前に、韓国に対してお説教するべきでしょう。


・・・ほらね、何か書こうと思うとやっぱり韓国や反日サヨクに説教することになってしまうんですわ。

いえね、これ決して韓国のことが気になって仕方がないってことじゃないんですよ。
「韓国とうまくいかないのは日本が悪いからだ」と言いたがる日本人にこそ説教が必要じゃないですか、ねえ?


よろしくお願いいたします ⇒
人気ブログランキング


| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

潮流

2週間ほどご無沙汰しました。

パソコンは開けるし、色々なサイトも読んではいるのですけどね。

日々色々なメディアで話題になるニュースは沢山あって、それらについての意見もないではないけれど、「なんだか同じようなことを繰り返し書いているなあ」「いくら書いても本当に伝えたい人には伝わらないんだなあ」なんて思うと、ちょっとテンションが下がってきます。

わからずやの韓国だとか、矛盾だらけの平和主義者たちだとか、重箱の隅をつつくだけの野党だとかについて、うんざりの感情を書き連ねてみても、似たり寄ったりの記事になってしまいますしね。

日本人が普通に誇りを取り戻すこと、そのことが目的でこういうブログを書いているので、まあそういう傾向になるのも仕方がないかとは思います。

しかしネットでいくらこういうことを書き続けていても、そもそもネット民はわかっている人ばかりなのです。(「わかっている人」というのは賛否にかかわらず両論を一応知っている人たちです)

地上波テレビなどでしか情報を得ない、ネットを利用して真実を知ろうとする気のない情報弱者たち(主に高齢者)にはこんなブログはみつけてもらえないわけです。
まともな考え方がなかなか広まらない大きな理由のひとつですね。

それをわかっていながら書かずにはおれないのが大和魂っつうんですか、そういうもんだと思うんです。

「大和魂は危険だーっ、軍靴の響きがーっ」の硬直から早く脱却しないといけないのです。
ま、もう少し続けてみましょうか。


話題は変わって。

女優の樹木希林が亡くなって半年たち、夫の内田裕也氏が亡くなったというニュースが今朝ありました。

ワイドショーのコメンテーターが内田氏を評して「破天荒」という言葉を連発するんですね。

その字面の印象から、「型破り」「常識はずれ」といった意味と捉えて「滅茶苦茶な行動をする人」と表現しているつもりなのでしょう。

多くの人が誤解をしているようですが、破天荒とは「今まで人がなし得なかったことを初めて行うこと」、「前人未到の境地を切り開くこと」という意味なので、「偉大な人」に適用される言葉だそうですよ。

そういう私も、日常生活で使う言葉ではなかったものの、教えられるまでは正しく理解していませんでした。
でもこのごろテレビなどではやたらとこの言葉が使われるようになり、間違いを指摘する声も多いのに、なぜか改まりません。

さっきワイドショーで内田氏を指してこの言葉を使っていた二人は、東大卒の才媛であり、慶大卒のインテリタレントです。

とはいえ、言葉が由来を離れて誤用されたまま定着していく例も山ほどあるので、仕方がないかもしれません。

いくら押しとどめようとしても、それより大きく強い流れには逆らえないものです。

「元々の意味」を教養として知っておくぐらいのことしかできないのでしょうね。

.
 よろしくお願いいたします ⇒ 


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 5日 (火)

「安」の字を見ただけで

新元号に「安倍」の「安」の字が入ってたら死ぬまで元号は使わない、なんて騒いでいる人たちがネット上にいるようなのですが、こうなるともうほとんど病気ですね。
日の丸を見ると吐き気がするとか君が代を聞くと蕁麻疹が出るとかいう症状が実際にあると聞いたことがありますが、あれと同じです。

なぜそこまで安倍氏を嫌うのでしょうか。

左翼思想や自虐史観が日本社会にまだまだ強い影響力を持っていた頃に改憲を強く主張する安倍氏が首相になり、自分たちの居場所がなくなることに危機感を持った進歩的文化人たち(守旧派)が「安倍は極右。日本を戦前の軍国主義に戻そうとしている」という宣伝工作を繰り広げましたよね。

その宣伝に多くの人はまんまと乗せられてしまい、そこから抜け出せなくなってしまっているものと思われます。

だから、安倍政権がリベラル政策を採用しようが、普通の国として普通の防衛態勢を整えようが、とにかく何をしても安倍政治を許さないのです。

理屈があるようには思えないので、ただ顔が気に食わない、というだけではないのかとも思います。

顔の好みは人それぞれだからどうにもしてあげられないけど、国の問題なんだからそんな女子供みたいなこと言ってないで、もう少し論理的に考えたらいいのにと思います。

「安倍でなければ誰でもいい」と言う人々は、例えば左派に人気のある石破茂氏が首相になったらいったいどうするのでしょうか。

石破氏は、安保法制を成立させることにとても熱心でした。「戦争をするためのものではない」と国民の誤解を解こうと一所懸命説いてまわっていました。

普天間基地の辺野古移設が民主党政権によってひっくり返された時、「今までどれだけの人がどれだけの努力をして移設を決めたと思っているのか」と、ものすごく怒っていました。

改憲についても、安倍総理の案は9条に「自衛隊は違憲ではない」と書き込むだけの緩やかなものですが、石破氏は、9条から2項(戦力不保持)を削除しないとダメだと強硬に主張します。

安倍氏がだめで石破氏ならいいという理由がよくわかりません。
別に石破さんでなくたって、誰が首相になっても、国民としては国防はきちんとやってもらいたいのです。

安倍首相を蛇蝎のごとく嫌う皆さんは、こういった点をどう思っていらっしゃるのでしょうか?

.
よろしくお願いいたします ⇒ 


.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

笑う式典

道立札幌南高校のユニークな卒業式が話題になっています。→ https://corobuzz.com/archives/133597

偏差値70、秀才が集まる学校ということで、「さすが、頭の良い生徒はヤバい方向にははみ出さない(程良くふざける)」といった称え方をされています。

荒れる成人式と対比させる声もあります。

偏差値の高い人間が賢いとは限りませんが、まあだいたい一致するようです。

因みにうちの息子たちの卒業式はこんな感じでした。→「笑いの偏差値」

.
 よろしくお願いします ⇒ 
                   

人気ブログランキング



.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 1日 (金)

「そんな要求はのめない」

二回目の米朝首脳会談は決裂しました。
事前の準備やメディアの興奮や金正恩の列車での長旅は空振り、お互い手ぶらで帰ることになりました。

でも北朝鮮が核を手離すはずがないのだから、話し合いが成り立たないのは当然とも思います。

韓国の文在寅大統領はこの結果について何かコメントを出しているのでしょうか。

「北朝鮮が非核化を約束、それに対してアメリカが段階的制裁解除を提案、そして朝鮮戦争終結宣言」、このようなバラ色の夢を見ていたのでしょうに、ひどく落胆していることでしょう。

文在寅さんは、韓国でなく北朝鮮中心の統一を目指しているようですが(それでないと統一なんて絶対無理なので)、さすがに韓国のネット民はそれはあり得ないとわかっているのでしょう、会談が決裂したことを喜んでいるそうです。

北朝鮮は一族独裁の国で、この体制維持を絶対条件としているのだから、何を話し合っても事態が動くとは思えません。

アメリカが席を立ったのは正しかったと思います。「アメリカを舐めるなよ」ということでしょう。

それでも、双方がこういう態度を取り続けるかぎり、何も進展しないと思います。
決着としては二つしかないんじゃないでしょうか。

・北朝鮮でクーデターが起こり、成功して金一族が排除される。

・アメリカが譲歩し終戦合意まで行く → 金・文両指導者の望み通り韓国が北に飲み込まれる形で統一をする。


どちらにしても日本も覚悟が必要になりますね。

.
 よろしくお願いします ⇒ 


.
関連記事: 「高麗連邦共和国」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »