« 弱腰の理由 | トップページ | 笑う式典 »

2019年3月 1日 (金)

「そんな要求はのめない」

二回目の米朝首脳会談は決裂しました。
事前の準備やメディアの興奮や金正恩の列車での長旅は空振り、お互い手ぶらで帰ることになりました。

でも北朝鮮が核を手離すはずがないのだから、話し合いが成り立たないのは当然とも思います。

韓国の文在寅大統領はこの結果について何かコメントを出しているのでしょうか。

「北朝鮮が非核化を約束、それに対してアメリカが段階的制裁解除を提案、そして朝鮮戦争終結宣言」、このようなバラ色の夢を見ていたのでしょうに、ひどく落胆していることでしょう。

文在寅さんは、韓国でなく北朝鮮中心の統一を目指しているようですが(それでないと統一なんて絶対無理なので)、さすがに韓国のネット民はそれはあり得ないとわかっているのでしょう、会談が決裂したことを喜んでいるそうです。

北朝鮮は一族独裁の国で、この体制維持を絶対条件としているのだから、何を話し合っても事態が動くとは思えません。

アメリカが席を立ったのは正しかったと思います。「アメリカを舐めるなよ」ということでしょう。

それでも、双方がこういう態度を取り続けるかぎり、何も進展しないと思います。
決着としては二つしかないんじゃないでしょうか。

・北朝鮮でクーデターが起こり、成功して金一族が排除される。

・アメリカが譲歩し終戦合意まで行く → 金・文両指導者の望み通り韓国が北に飲み込まれる形で統一をする。


どちらにしても日本も覚悟が必要になりますね。

.
 よろしくお願いします ⇒ 


.
関連記事: 「高麗連邦共和国」 

|

« 弱腰の理由 | トップページ | 笑う式典 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「そんな要求はのめない」:

« 弱腰の理由 | トップページ | 笑う式典 »