« 日本人の柔軟な考え方はEQの高さの表れ | トップページ | 数値で判断するもんなんじゃないの? »

2019年4月11日 (木)

ブラックホールが見えた

ぼんやりした光のリングの画像が今朝の新聞の一面に掲載されました。ブラックホールだそうです。
極めて重く高密度のため光さえも吸い寄せて閉じ込めてしまうというあの天体です。

だからブラックホールは見えないはずでは、と思っていましたが、周辺にあるガスが引き込まれる際に明るく輝くそうで、これを撮影してブラックホールが影として浮かび上がったということです。

あまりの重力に周辺の時空がゆがむ、なんてことが言われますが、そんな常識外の摩訶不思議な空間を、地球という日常の場所からのぞき、撮影までしてしまうなんてねえ、科学者の探求心に敬服すると同時になんとも奇妙な感じがします。

今回撮影に成功したのは、5500万光年離れた他の銀河(M87)のブラックホールですが、もうひとつ天の川銀河(私たちの銀河)の中心にあるブラックホールも観測のターゲットにしていたようです。

こっちのほうが断然近いのに、うまくとらえられなかったのは小さいからなのでしょうか。
ブラックホールに関しては距離より規模なのか。国立天文台の人の説明を全部聞いてないのでわかりませんが。

しかし人間って本当に不思議なものですね。

大宇宙のホコリみたいな地球の表面についたこれまた更に微小なホコリみたいな人間が、あんなに遠くの天体を眺めて「宇宙の創生」について解明しようと言うんですから。

こんなことをさせる人間の脳っていったい何なんでしょう。

本当に不思議。


どうぞよろしくお願いいたします
 ⇒ 人気ブログランキング


関連記事: 
「誰が見ているのか」 

 

|

« 日本人の柔軟な考え方はEQの高さの表れ | トップページ | 数値で判断するもんなんじゃないの? »

コメント

そういう天体の存在の証明は人間の存在の証明なのでしょうか。

40億年後に、我々のミルキーウェイとアンドロメダ星雲が衝突するらしいのですが、その時出来る天体に天文学者たちは既にミルコメダ銀河という名前を付けているそうです。
宇宙に我々が存在した痕跡を残したいのか、ジョークなのか分かりませんが、人間って愛おしいと思うのです。

投稿: kai | 2019年4月12日 (金) 09時10分

★kaiさん

>人間の存在の証明

宇宙の存在は人間による認識ですからそういうことなんでしょうね。

私たちの銀河とアンドロメダがぶつかるというのは聞いていますが、ミルコメダなんて名前までつけてるんですか。カワイイ。

>人間って愛おしいと思うのです。

ほんとにね。

投稿: robita | 2019年4月12日 (金) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人の柔軟な考え方はEQの高さの表れ | トップページ | 数値で判断するもんなんじゃないの? »