« 「空母いぶき」を考える | トップページ | 日本人の自虐体質はもう治らないのか »

2019年5月14日 (火)

丸山穂高を潰してはならない

ビザなし交流に参加した維新の丸山穂高衆議院議員が国後島で「北方領土は戦争で取り返すしかないのではないか」と問いかけたことが物議を醸している。

日本はもう二度と戦争はしないと決めたのになんということを言うのか、と大騒ぎだ。

たしかに戦争は恐ろしい。そんなことしたくない。自衛ならともかくこっちから仕掛けるなんて言語道断。

・・・ん?「こっちから仕掛ける」?

ソ連は日本の領土を強奪したのだから、本来なら武力で奪い返すのが筋だろう。

しかし、もう70年以上が過ぎてしまった今では誰も戦争など望まない。莫大な戦費を使い、人が大勢死んだ挙句、取り戻せなかった場合、日本は破滅だ。そんなことちょっと考えれば誰にでもわかるのだから、政治家の丸山議員にわからないはずがない。言い方間違えたね。

ロシアとの戦争は言うまでもなく現実的ではない。

フォークランドを武力で奪い返したイギリスのようにはいかない。

 

ただ、丸山議員がせっかくああいう発言をしたのに、みんなで寄ってたかって蓋をしてしまうのももったいないではないか。

この発言はロシアにも届き、ロシア上院のコサチョフ国際問題委員長が「日ロ関係の流れの中で最もひどい(発言だ)」と批判し、「そのような挑発的な発言ができるのは、存在する問題の解決を望まない人々だ」と語った、という。

強奪した側がどの口で言うかと思うが、この騒ぎは交渉において日本にとって好都合ではないか。

今、旧ソ連時代の独裁者、スターリンへの肯定的な評価が、ロシアで高まっているという。→ https://www.sankei.com/column/news/190512/clm1905120003-n1.html

ロシアがすっかり忘れている大粛清、カチンの森事件、北方領土強奪など、独裁者スターリンが行った悪行を思い出してもらう良い機会だ。

日本はシベリア強制連行・強制労働など悲惨な状況の中、多くの日本兵が命を落とした。

≪そのような歴史をロシア人に周知することが必要である。世論調査では77%のロシア人が「一島も引き渡すべきではない」と答えている。

しかし四島の占拠が大粛清と同様、スターリン体制の犯罪によるものであったと知れば、ロシアの世論も変わるのではないか。≫
 

ロシア国民はスターリンがどんな悪いことをしたか知らないらしい。

丸山議員の発言を非難するなら、全部教えてあげればいい。

「あなたがたは武力で日本の領土を強奪したのだ。本来ならば武力で取り返したいところだが、日本はそれをしない。無理やり奪ったものを経済協力と引き換えに元に戻してほしい、というのはそんなに理不尽な要求だろうか」という方向で交渉ができるのではないか。

サヨクがよく言う言葉に「日本はもう二度と戦争をしないと決めたのだから」というのがある。
映画「空母いぶき」にも、総理大臣の「我々は戦争をしないと決めたんだ」という台詞があるらしい。

宗教の教義みたいなこと言ってどうする。

「そう決めたから」戦争をしないのではない。現実的・実利的でないからしないのだ。

交渉で取り返す、というなら、言うべきことをはっきり言って、言い負かすしかないではないか。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事:「これからは侵略者の思い通りにはさせないように」 

 

 

 

|

« 「空母いぶき」を考える | トップページ | 日本人の自虐体質はもう治らないのか »

コメント

>robita様

お久しぶりです(^_^;)。

丸山議員の発言ですが、内容自体はその通りだと思います。

ロシアは平和条約締結の条件として、第二次世界大戦の結果を全面的に受け入れる事を要求しています。勿論、北方四島全ての領有権を放棄して現状を追認する事も含まれていると考えるべきでしょう。

その他、考えられる条件は、日米安保条約の破棄や軍事転用可能な日本の技術の無償提供、資源の開発に際しての無償援助(というよりただ働き)、そして敗戦国としての莫大な賠償金の支払いなど幾らでも思いつきます。挙げ句の果てにはロシア連邦の一部となる事を要求されるかも知れません。

即ち、外交交渉で北方四島の返還を目指す事自体が非現実的なのです。ロシアに悪感情を持つ国々を糾合して多国籍軍を編成してロシアを打倒するか、或いはロシアの言いなりになるか、それともとりあえず現状維持に務めるかのいずれかでしょう。

プーチン大統領は若者に人気が無く、安倍総理とは正反対です。これまでの強権政治のツケが一気にきてロシア解体という事態も無いとは言い切れません。ロシア各地で人為的に独立運動を起こさせるのも一策でしょう。

一部には酔っての発言とされていますが、たとえそうだとしても彼の発言は一つの選択肢と捉えるべきです。それをよってたかって潰そうとするのは愚劣と言う他ありません。

駄文につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。

投稿: まゆゆファンMM | 2019年5月16日 (木) 19時01分

★まゆゆファンMMさん

あー、ずいぶん前にコメントいただいてたんですね。右のサイドバーに表示されないので、気がつきませんでした。すみません。

仰るように、ロシアはいくらでも理不尽な要求突きつけてくるかもしれませんね。日本はほんとに軽く見られていると思います。ちょっと脅せばすぐビビる、そんな国だと思われることこそ外交がうまくいかない理由だと思うのですけどねえ。
この問題についてまたいろいろ考えたので、後で書きます。

投稿: robita | 2019年5月18日 (土) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「空母いぶき」を考える | トップページ | 日本人の自虐体質はもう治らないのか »