« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月29日 (土)

「国を支えて国を頼らず」

国会前や官邸前などでの「年金返せデモ」はまだやるのかな。

年金問題は国民の大きな関心事の一つではあると思いますが、ずいぶん前から退職後年金だけでは安心して暮らせないという共通認識はあったはずなので、今さら何をそんなに騒いでいるのかと思っている人がほとんどじゃないでしょうか。

加えて、あれは誰に対しての抗議行動なのか、という疑問を多くの人が感じたと思います。
やってる人たちにとっては「アベガー」の一つなんでしょうが、年金問題は誰がやっても非常に難しく、単に現政権を責めても解決するものでないことは誰でもわかります。

なぜそんなに難しいかと言えば、支払う側の若者がとても少ないのに受け取る側の年寄りがとても多いから、という明白な現実があるからです。

なぜ少子高齢化を予測できなかったのかとか、もっと早く対策を考えるべきだった、と30年ぐらい前までの政権を批判するならわかりますが、現政権を責めても仕方がないのです。
まあ昔から主に国政を担ってきた自民党の責任と言えばそれはそうなのでしょうが、国民の側だってこれほどまでの少子化を予測していたわけでもありません。

で、あの「年金デモ」の人たちの主張とは何でしょうか。

立憲民主党を中心とする野党に任せれば年金問題をうまく解決するから自公は下野しろ、と言っているのではありませんよね。

高齢者優遇をやめてその分若者へまわせ、というのでもないようです。高齢者に優しい左翼がそんなこと言うはずありません。

共産党などの主張は、大企業や金持ちから資産を取り上げて貧しい人たちに配れ、というもののようです。社会主義革命ですかね。

資本主義体制で自由と民主主義を大切にする日本の国では国民の資産を平準化するのはほとんど不可能です。革命でも起こして日本の体制を根本から変えるというならわかりますが、社会主義が人間に合わないことは実験済みです。

2050年には国民の4人に一人が後期高齢者だそうです。子供が増えないのに老人ばかりが増えるという困った状況はますます深刻になるでしょう。

そこでです。
希望に満ち、勢いのある日本で平均的にまあまあの豊かさを享受してきた現在の高齢者たち、そろそろ自分たちが少し負担増に耐え、現役世代に豊かさを分けてあげる覚悟が求められるんじゃないでしょうか。

しかし政治家は選挙で負けることが怖くてそれを言い出せない。

かくなる上は高齢者自身の自覚と覚悟が必要。次のうち一つでも二つでもできることを実行するしかない。

・働ける人は働き続ける

・年金支給減額を喜んで受け入れる

・貯め込まず消費し、お金がなくなったら野垂れ死にする

・生に執着せずある程度の年齢になって回復の見込みがない重病を患ったらあわてず騒がず、潔く死を受け入れる

 

年金デモも、こういうことを訴えれば筋が通っていると思うのですが、そんなことを言えば「高齢者の人権蹂躙だ!」と責められるのがわかっているから、仕方なく政府に対して文句を言っているのか、それともすべてが政府の責任だと本当にそう思っているのか。

私の理解では、あの手の人々は「権力の支配は許さない!」「国家は国民に介入するな!」「民主主義とは国民による自治なのだ!」といったスタンスで日々生きていらっしゃると思うのですが、少子高齢化はすべて国の責任で老後の生活はすべて国に面倒をみてもらおうと思ってるんですね。

普段、国の干渉を嫌い、国家権力を敵視している人ならなおさら「国の世話になどならん!俺たちの覚悟をとくと見やがれ!」てな威勢の良さで、決死の覚悟をしそうなもんですが、やっぱりいざとなると国に頼らざるを得ないということなんでしょうか。

 

どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事: 「憲法記念日に思った」 

      「団塊世代の最後の大仕事」 

      「お花畑の楽しみ方」 

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」

トランプ大統領が日米同盟破棄の可能性を示唆したというニュースを受けて、共産党の志位さんが「本当なら結構だ。一向に痛痒を感じない」って言ったんですと。→ https://snjpn.net/archives/139967

「一向に痛痒を感じない」・・・って、なんか一人で勝手に胸張ってるようですが。

米軍撤退したら喜んで東シナ海に進出してくる国、ありますよね。

日米同盟がなくなり、日本単独で防衛する場合、防衛費は現在の4倍ほど必要だそうですよ。それはいいの?

それとも周辺国はみな平和的で信頼できるから、侵攻など心配しなくていいという考えなのかな?

まあ、日米同盟はアメリカにとっても重要なので、破棄はないだろうということです。

それにトランプさんは以前から同じようなことを言ってるので、日本政府も「またか」といった受け止め方じゃないでしょうかね。

それにしても志位さん、いくら政権担当してないからって、政治家がこんなに自由に無責任さを発揮できるんですね、日本という国は。

 

よろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事: 「秩序崩壊のあとに来るもの」 

 

 

| | コメント (2)

2019年6月23日 (日)

サヨクが感じる「圧力」の正体

ネットでどういうことが話題になってるか知るために”share news japan”というツイッターのまとめサイトをこのごろよく見ます。

こういうところを見るだけで、いわゆる「サヨク」連中がいかに偏狭で厄介な人たちかということがわかりますので、ネット言論をご存じない高齢者の方々も参考になさるといいですよ。テレビばかりでは真実はわかりません。

例えば次のようなもの:

≪『日テレは遂に超えてはいけない一線を超えましたね。完全な独裁政権…』≫ → https://snjpn.net/archives/139243

≪沖縄慰霊の日・首相あいさつにヤジ飛ぶ 「祈りの場なのに…」≫ → https://snjpn.net/archives/139345

 

①について:
 テレビはおしなべて左偏向していて日常的に政権の悪口言いたい放題ではありませんか。
たまに総理がテレビの生放送に出て自身の見解を述べれば「独裁だ!」と騒ぎ立てる。
与党は普段思うことを自由に言いにくい立場なんだから、これぐらい大目に見てあげなさい。

②について:
 現場にいた人の話だと、政治集会のようで非常に騒がしかったそうです。こういう様子はテレビのニュースでは放送しないのですね。
ヤジをとばしているのは沖縄県民ではないらしい。そりゃそうでしょう。慰霊の日に静かに祈ることをせず政治的主張を大声で叫ぶなんて沖縄の人であるはずがありません。

 

サヨクの人たちが苛立ち、言動がますます過激になっていくのは、徐々に迫ってくる「包囲網」に恐怖を感じているからでしょう。

それは政権の圧力などではもちろんなく、目覚めた日本人による言論そのものです。

 

どうぞよろしくお願いいたします ⇒
人気ブログランキング


  関連記事:
「息苦しいか、そうか」

 

| | コメント (0)

2019年6月22日 (土)

長島さん、応援します

旧民主党で防衛副大臣を務めた長島昭久氏が自民党に入りました。旧民主党系の議員が次々と自民党入りしてます。いいですね。

もう心ある人はみんな自民党に行けばいいのです。

自民党が膨れ上がって、そのうち割れるでしょう。そのほうがいい。


どうぞよろしくお願いいたします
 ⇒ 

人気ブログランキング

 

  関連記事: 「とりあえず合体」 

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

香港市民が何と闘っているのかわかってない人がいる

「香港デモはすごい。200万人の市民が立ち上がり、圧政に立ち向かっている。
それに比べ日本人は安倍政権の圧政にも唯々諾々と従い、自分たちの手で民主主義を勝ち取ろうという熱意がない。日本は世界から取り残される」

・・・・といったことを言ったり書いたりしている人が結構います。

中国共産党の圧政と日本の民主主義体制を同列に見ている時点でお話にならないのですが、論じている人は大真面目なんでしょうね。

日本では、戦時を除き、昔から時の政権はいつだって批判されてきたと思います。完璧な政治を行う政権など存在しませんから。

現在国政を担っている安倍政権だって色々問題はあるけれど、これが他の指導者に変わったとしても、たちどころに問題が解決するわけがないのです。

それほど国のかじ取りは難しい。

一部の人々がこれほどまでに安倍氏個人を毛嫌いする理由は何だろうと考えると、実は彼ら本人たちにも説明のつかない何らかの思い込みに囚われているのかもしれないなと思います。

具体的に安倍政治のどこがどう問題なのかと聞かれてもはっきりと答えることができないのではないでしょうか。

だから例えば次のようなくだらないことを言い始める始末です。これはもう「病んでいる」としか思えないようなものです。

ラサール石井 ≪安倍家のばあやの話によると「嘘をつく子でした」「言い出したら聞かない子でした」 性格は大人になっても変わらない≫ → https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00000007-tospoweb-ent

前川喜平 ≪安倍さんは元号まで私物化したので私は「令和」は使わない≫ → https://snjpn.net/archives/138716

まあ芸能人や評論家などがツイッターでそういった発言をするのはたいしたことではないかもしれませんが、あんな考えの前川氏が事務次官まで務めたのは日本のためにはならなかったなあと思います。

他にもこういう人が少なからず省庁に棲息してるんですよね。これこそ問題だ。

 

私たち国民が立ち向かうべきは、日本そのものを貶めようとするこういった「頭の良い」官僚たち始め日本社会のあらゆるところに巣食う反日勢力でしょう。

 

どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

矛盾を認識できない人々

反安倍の野党やマスコミや評論家たちは、とにかく安倍のやることには何でもケチをつけるという知性皆無の言動をやるので、次から次へと矛盾が噴出します。

こんなツイートが: https://snjpn.net/archives/137603

「圧力よりも対話を!」
「イランに何をしに行ったんだw」

「弱者に寄り添え!」
「イランに災害支援? ばら撒きw」

「9条のおかげで日本は平和!」
「日本のタンカーやられてやんのw」

これ全部、同じ人たちが言ってるんだから凄いよなぁ。

 

左翼の矛盾は他にもいろいろあると思いますが、なんといっても最大のものは、

「アメリカの言いなりになるな!」
「アメリカ製の憲法を守れ!」

でしょうね。

 

他の人が首相になったら左翼はもう少し論理的になるかどうかはわかりませんが、生き甲斐がなくなってしまうかもしれませんね。

 

 

どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

関連記事:「真面目にやれー!」 

 

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

日本も他人事ではない

香港で100万人規模の市民によるデモが起こっている。
犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを認める「逃亡犯条例」への抗議活動だが、香港でこれだけの市民が声を上げているのは単にそのことだけではない。

イギリスからの返還当初に約束されていた一国二制度は崩れ去りつつあり、香港政府は事実上中国に乗っ取られた形だ。
香港は独裁国家に飲み込まれ自由と民主主義を失い、チベットやウイグルのように人権蹂躙、言論統制、洗脳教育が行われるようになるのだろうか。

デモが収束しなければ中国政府は人民軍を送り込み、天安門事件のようなことになるのかもしれない。

民主主義を求める香港市民の決死の行動を、中国政府は「香港デモは組織的暴動だ」と言い放つ。

SNSで拡散してくださいという香港市民の訴えを真摯に受け止めなくてはならない。

いつもいつも日本の政権を「独裁だ」としつこく批判する左翼連中が、この事件に対してはほとんど何も言わないのがとても変だ。

独裁国家を崇拝する人たちの心の中がさっぱりわからない。

沖縄は一国二制度が望ましい、などとノーテンキなことを言って中国にすり寄る玉城知事にはよく目を見開いて香港の事態を見てほしい。

 

どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年6月13日 (木)

上に立つ者の品格も大事だけど

政治評論家伊藤惇夫氏がテレビ番組で堺市長選で維新の会候補が勝ったことに関してコメントした。
「堺は戦国時代から自治権を確立した自由都市。その自由都市が消えていく印象がある。
有権者が候補者をよく見たり主張を理解して投票するより、政党や党首の人気に票を入れる傾向が凄く強い」

維新の大阪都構想に反対する自民党候補に勝ってほしかったらしい。

このコメントに対して吉村洋文大阪府知事がツイート→ https://snjpn.net/archives/136902

「なんだよ、このおっさん。有権者をバカにしすぎじゃないか。
このおっさんより、堺の有権者は我が町のことを考えて投票してるよ。
1票の重みを知らないおっさんがしたり顔でコメントして商売になるんだから、楽でいいね。」

堺市民の民意はさておいて、府知事ともあろう人がなんて下品な言い方をするのだ、という批判が少なくない。

でもたかがツイッターじゃないかと私などは思う。

ちょっとした思いをつぶやくだけのものでしょ。別にそんなにお行儀よくする必要もないんじゃないの。

たしかにこの伊藤という評論家はとても偏向していて不愉快なコメントが多い。このおっさん、とでも言いたくなるのも無理はない。

ただ、「やっぱり右翼は過激で品がない」と思われてしまうので、戦略上、極力上品にしたほうがいいかもしれない。息がつまるようだけど。

そこいくと左翼は上品でお行儀の良い人が多い。

共産党議員なんかみんな同じような話し方するでしょ。地声を抑えてやわらか~い声音で語尾に「ね?」って必ずつける。マニュアルでもあるんだろね。

 

どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 

人気ブログランキング

 

関連記事:「ロマンスグレーに気をつけろ」 

 

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

国を護るって大変なんだよ

お笑い芸人村本大輔が、戦闘機1兆円購入批判のツイートをしたそうだ。
「その額あれば被災地が元の生活に戻れる」

まあこういう風に思う気持ちもわからないではない。そんなお金があるなら社会保障費にまわすべきとか、保育所作れとか、そういう意見は多い。

でも政府はアメリカに対して、戦闘機たくさん買ってあげるから対日貿易赤字については不満は抑えてくれとかそういう交渉をしてるんだと思う。

国益に責任を持つ立場であれば、色々な戦略を考えてやっているであろうことは想像がつく。

日本が戦闘機をたくさん買って着々と武装強化することは、周辺敵国に対する抑止にもなり国防上も意味のあることなんだろうと思う。

それに今自衛隊が使っている戦闘機はとても古い型らしい。古いものは買い替えないと、使わされている乗員が気の毒だ。

村本のような人は、莫大なお金で戦闘機買った、という事実だけを見て「ほら、安倍は戦争をやりたがっている」と思ってしまうのだろう。

一国の指導者の思考回路はそんな単純なものでないことだけは確かだ。

たとえ立憲民主党とかその他の政党が政権に就いたとしても、貿易摩擦解消や国防のために同じように悩み、同じような手段をとるのではないか。

 

どうぞよろしくお願いいたします ⇒
人気ブログランキング

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

笑顔は間違ったメッセージになる

シンガポールでの国際会議に合わせて日韓防衛相による非公式会談が行われたが、岩屋防衛大臣が韓国の鄭景斗国防相と笑顔で握手したことが残念でならなかった。

あんなに嬉しそうに笑顔で握手するのは、韓国の非(レーダー照射事件、ごまかし、謝罪なし)をなかったことにしてあげたようでまずいのではないかとも思ったが、両者が会い、話し合いをすることは国防上必要なことなのだろうと、素人だから思っていた。

しかし、どうやら岩屋氏は官邸や事務方の反対を押し切って勝手に会談したらしい。しかもレーダー問題について問い詰めたり謝罪を求めたりした形跡もない。それであの笑顔。いったい何なの。

小野寺五典前防衛大臣も苦言を呈した。「しっかりと日本の持つ懸念を相手に申し伝えることが大事だ。防衛省が正確な情報を出しても、韓国からは恣意(しい)的な反論が返ってくる。相手に変に利用されてはダメなのだ」

テレビなどでは全然問題になってないようだが、ネットでは国民の怒りが爆発している。

何も「国民感情を害された」とか「韓国なんか大嫌いだ」と言って怒っているわけではない。

これまでの韓国のやり方を見れば当然わかることを岩屋氏がまったくわかってないからである。
あのような態度をとれば、日韓関係に決して良い効果などもたらさないどころか逆効果なのがどうしてわからないのか、という怒りである。

その岩屋氏はノーテンキに「会うときも別れるときも気持ちよくというのが私のモットー。まったく問題ない」と言ってるそうだ。→ https://snjpn.net/archives/135687

 

個人のモットー振り回して防衛大臣やらないでほしい。

あなたのモットーはいいから、まずは国益を考えてほしい。

 

どうぞよろしくお願いいたします ⇒
人気ブログランキング

 

| | コメント (2)

2019年6月 6日 (木)

蠣太と亮太

中学生の頃、「女学生の友」という月刊雑誌をとっていた。
毎号、世界の名作短編小説が載せられていた(ダイジェスト版だったと思う)。
日本作家のものもあって、志賀直哉の「赤西蠣太」が印象に残っている。

 

(ネタバレあり)
江戸時代、赤西蠣太という侍がお家騒動の調査のため間者としてある武家に送り込まれる。
蠣太は、醜男で見るからに田舎侍で遊びも知らず、仕官先の若侍からもバカにされていた。

主家への報告書がまとまったので、何らかの理由をつけて勤めていた家から退出しなければならない。考えた末その家で最も美しい腰元小江に蠣太が恋文を出し、見事にふられて赤っ恥をかき、いたたまれなくなって出奔する、という筋書きにした。
ところが予想に反して小江は蠣太に受け入れの返信をしてきた。
他のかたにはないものを持っておられる貴方さまに尊敬の念を抱いています。お手紙をいただいて初めて結婚を意識し、とても幸せな気持ちになりました、というようなことが書かれていた。

 

その後、蠣太と小江の恋がどうなったかはわからない、と結ばれているが、まだ14・5歳だった私はこれを読んでなんともロマンチックな気分になったのを覚えている。
美男にあまり興味が湧かないのはこの読書経験があるからかもしれない。

 

お笑い芸人の山里亮太と女優の蒼井優が結婚したニュースを聞いて、この短編小説を思い出した。

山里氏は赤西蠣太とは全く違うタイプだと思うが、ブサイクとされている非モテ男が高嶺の花と恋愛して結婚するというのはなかなか感動的な話だ。
芸能人同士だからこの先どうなるかわからないけれど、どうか努力し末永く幸せな結婚生活を送ってほしい。

「赤西蠣太」は何度か映画化やドラマ化されているようだ。もう一度作ってくれないかな、できたら佐藤二朗で。

 

 

どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事: 「モテ格差社会」ですと

 

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

コメンテーターは何かしら言わなければならないんだもんねえ

川崎殺傷事件を起こした犯人について、色々な論評がなされる。

「死にたいなら他人を巻き込まず一人で死ぬべき」
「そういう言葉が引きこもりの人を絶望的にさせ、凶行を誘発する」

主なものはそういうやりとりだ。

「自分が死にたいからって罪もない人々を道連れにしないで」という当たり前の願いと「引きこもり対策」は別のことで、議論するようなことがらではないと思うのだが、各種メディアではいまだに言葉の応酬が続いているようだ。

 

しかし黙っているほとんどの人や、まして被害者やその家族は心の底から思っているだろう、「なぜ一人で死んでくれなかったのだ」と。

 

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

| | コメント (2)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »