« サヨクが感じる「圧力」の正体 | トップページ | 「国を支えて国を頼らず」 »

2019年6月26日 (水)

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」

トランプ大統領が日米同盟破棄の可能性を示唆したというニュースを受けて、共産党の志位さんが「本当なら結構だ。一向に痛痒を感じない」って言ったんですと。→ https://snjpn.net/archives/139967

「一向に痛痒を感じない」・・・って、なんか一人で勝手に胸張ってるようですが。

米軍撤退したら喜んで東シナ海に進出してくる国、ありますよね。

日米同盟がなくなり、日本単独で防衛する場合、防衛費は現在の4倍ほど必要だそうですよ。それはいいの?

それとも周辺国はみな平和的で信頼できるから、侵攻など心配しなくていいという考えなのかな?

まあ、日米同盟はアメリカにとっても重要なので、破棄はないだろうということです。

それにトランプさんは以前から同じようなことを言ってるので、日本政府も「またか」といった受け止め方じゃないでしょうかね。

それにしても志位さん、いくら政権担当してないからって、政治家がこんなに自由に無責任さを発揮できるんですね、日本という国は。

 

よろしくお願いいたします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事: 「秩序崩壊のあとに来るもの」 

 

 

|

« サヨクが感じる「圧力」の正体 | トップページ | 「国を支えて国を頼らず」 »

コメント

>robita様

また久しぶりの投稿になってしまいましたm(_ _)m。

トランプ大統領が日米安保破棄に言及したというニュースですが、私はそれは眉唾物だと思います。

確かに、これ迄も似たり寄ったりの発言は有りましたが、それはまだまだ不勉強な頃の話です。今日米同盟を破棄すればどうなるか解らないトランプ大統領ではないでしょう。

このニュースの出所を調べてみましたところ、ブルームバーグ通信は中国共産党幹部の私有財産についての調査記事を配信して中国政府の叱責を受けて以来、とかく中国に忖度する事が多くなったようです。

中国に都合の悪い記事を書こうとした記者がクビになったり編集長が辞任に追い込まれたりするのはまだいいほうで、挙句の果てには中国当局の検閲すら幇助する有様です。

こんな中国の手下が書いた記事ですから、日米の離間やトランプ大統領と親密な安倍総理の失脚を狙って中国が命じたか、或いはブルームバーグ通信自身が中国に忖度して書いたフェイクニュースだと私は思います。

もっとも、自国は自国で守るのが当然ですので、トランプ大統領に言われなくても国防軍を揃えておき、いざという時には米国本土を防衛して貸しを作る位にならないと独立国とは言えないと思います。


そもそも志位委員長は日本は中国の一部になるべきだという考えですので、自国による防衛自体に反対でしょう。それよりも日本人は中国共産党のために血を流せ、つまり自衛隊を解散して人民解放軍の尖兵となって死んで来いというのが志位委員長の本音だと思います。

志位委員長は、無責任というよりはむしろ強烈な反日思想を持っている売国奴でしょう。憲法改正に際しては、日本そのものを害する事を目的とした政党を禁止し、国権で排除出来る条項を設けるべきです。そうなると、共産党のみならず、立民やその他の野党の多くが消えてしまいますが。

駄文につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。

投稿: まゆゆファンММ | 2019年6月29日 (土) 06時33分

★まゆゆファンММさん

>そもそも志位委員長は日本は中国の一部になるべきだという考えですので、自国による防衛自体に反対でしょう<

そうですね。考えてみると、頭も良く政治家経験も長いのですから日米同盟がなくなったらどうなるか素人でもわかることを見通せないはずありませんよね。
何もかもわかった上で、日本は武装は必要ない、9条を護れと言い続けているんでしょうね。

>そもそも志位委員長は日本は中国の一部になるべきだという考えですので<

日本共産党と中国共産党とは相容れない関係ですが、中国を使ってでもまずは日本を混乱に陥れようと考えているのでしょうね。

そんな人たちが日本で堂々と国会議員をやっているという日本政治の異常さが問題ですね。
ただでさえ世界から「日本には共産党があるのか」と驚かれているというのに。

ブルームバーグは酷いですね。
アメリカもあちこちで中共に侵食されているんでしょうね。

>憲法改正に際しては、日本そのものを害する事を目的とした政党を禁止し、国権で排除出来る条項を設けるべきです。<

日本国民がちゃんと事態を把握してよく考えれば、そんな措置は必要ないでしょうがねえ。とにかく危機意識が不足してますから。

投稿: robita | 2019年6月29日 (土) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サヨクが感じる「圧力」の正体 | トップページ | 「国を支えて国を頼らず」 »