« ゲージュツ作品 | トップページ | 人間同士なのに論理が通じない »

2019年8月 3日 (土)

山本太郎が息巻いてるみたいだけど

山本太郎が威勢のいいこと言っていて、聴衆が「そうだそうだその通りだ」と思わず納得してしまいそうな弁舌です。 → https://snjpn.net/archives/148755

実際に聴くと演説すごくうまいんでしょうね。聴衆をその気にさせてしまう。

でもちょっと落ち着いてくださいよ。

日本政府の今回の措置が間違っているというなら、「うまくやる」というのは具体的に何をやるのか、そこを言わないと。

優遇措置をそのまま継続してあげろということですか?

それはできないでしょう。そんなことしたら日本が国際社会から(主にアメリカから)「なんで毒ガスや核兵器の材料になる化学物質の輸出管理がそんなにずさんなんだ」と怒られるでしょうし、日本が信用を失ってしまうでしょうが。

国際社会の一員としてやるべきことをやる義務があるんです。

山本太郎の「うまくやる」に何か具体的な方策があるなら聞いてみてもいいけど、中身もないのにただ巧みな話術で民衆を幻惑するだけなら聞く価値がないどころかとても危険です。

一度やらせてみないとわからないかもしれませんね。

歴代政権は韓国との交渉には相当苦労してきたらしいですよ。何かと言うと併合時代の恨みを言いつのり、論点をずらし、反論すると激昂して聞く耳持たなくなるとか、そんなところじゃないでしょうか。

例の慰安婦合意は日本が譲歩して「大人の対応」をしたと思うのですが、あれさえも政権が変わると平気でひっくり返すような国です。

山本太郎の夢想する外交がどんなものかは知りませんが、それは「大人の対応」なんかじゃなくて、わがままをすべて聞いてやって子供をスポイルしてしまう「ダメ親の子育て」みたいなものじゃないでしょうか。

そんなことを続けてきた結果が今のこの状況を生んでるんじゃないですか。

ガツンと一発、というのも子供には必要な時があるものですよ。

 

どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 

人気ブログランキング

 

 

 

 

 

|

« ゲージュツ作品 | トップページ | 人間同士なのに論理が通じない »

コメント

>robita様

私はまだ先月行われた参院選の選挙公報を持っているのですが、れいわ新選組の選挙公約「れいわ緊急八策」を読めば、彼の考える対韓国政策が見えてきます。

6番の「「トンデモ法」の見直し・廃止」の対象に、カジノ法(統合型リゾート整備推進法、パチンコ業界に打撃)、入管法(出入力者だけでなく在留外国人の管理強化)、テロ等準備罪なども挙げられています。いずれも韓国人を含む在日朝鮮人にとって都合の悪い法律で、韓国に都合の悪いものは全て無くそうというのが彼の魂胆でしょう。

これらの事から察するに、彼は夢想家というよりは、あらゆる策を弄して日本を毀損し韓国(人)の利益の拡大を図ろうとする反日運動家と見るべきです。韓国を甘やかすという生易しいものではなく、韓国のために本気で日本を潰すつもりなのでしょう。彼は極めて危険な人物だと思います。

駄文につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。

投稿: まゆゆファンММ | 2019年8月 7日 (水) 22時25分

★まゆゆファンММさん

>韓国を甘やかすという生易しいものではなく、韓国のために本気で日本を潰すつもりなのでしょう。彼は極めて危険な人物だと思います。<

私もそう思います。
甘やかしてきたのは、歴代政権や日韓議連の議員たちでしょう。→ 「弱腰の理由」

いわゆる「反日左翼」と言われる連中は、仰るように「甘やかし」をしているのではなく、企みがあると考えています。
それを文章にしましたので、明日載せます。

投稿: robita | 2019年8月 7日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲージュツ作品 | トップページ | 人間同士なのに論理が通じない »