« そんな親にならないように育てる方法 | トップページ | どうしても旭日旗で応援したい? »

2019年9月27日 (金)

憤激する少女

16歳の少女の国連気候行動サミットでの演説が話題に。

温暖化対策について何も行動を起こそうとしない世界中の大人たちを口を極めて罵ったようです。

「大絶滅を前にしているというのに、あなたたちはお金のことと、経済発展がいつまでも続くというおとぎ話ばかり。よくもそんなことを!」「あなたたちを許さない」

これは学芸会ではなく、国際会議の場なのですが、まだ知識も考える力も未熟な子供が国連と言う大舞台でこのような感情的なスピーチをすることになったのは、いったいどういういきさつからなのか、どんな大人が後ろ盾になりお膳立てをしたのか知りたいところです。

温暖化の原因は、人類の活動によるものか地球規模の周期の問題なのかはっきりしていないので、温暖化してるからといって「大絶滅が目の前なのに!」と闇雲に決めつけるのは科学的ではないと思います。

まあ、世界各国は温暖化対策をそれぞれやってはいるでしょう。二酸化炭素排出をなるべく少なく抑えるためにどうしたらいいか大人たちは考えているし努力しているのは事実なのでそんなに怒らないでね。

経済発展のことばかり考えている、と少女は言いますが、経済発展しなければもっとたくさんの人が死ぬことも理解しないといけない。

絶えず技術革新に努め、新しい産業を興し、経済を発展させ豊かになることで人類は飢餓や病気を克服してきたのです。生態系破壊もその過程で起こることであり、人類存続のためにはある程度は仕方のないことです。

経済成長をやめればCO₂が減り、お望み通りのきれいな地球に戻せるかもしれない。

同時にそこは安定や安全、快適さの観点からは人間にとって過酷な環境ということにもなるのです。

世界中で活躍する過激な環境活動家たちの主張とは、突き詰めると「人間がいなくなるのが一番正しい」ということになってしまいます。

16歳のスウェーデン少女グレタ・トゥンベリさんとその背後にいる人たちに対する批判が集まっているということは、人類生き残りの事情を理解している普通の大人が多いということでもあります。

どうぞよろしくお願いいたします ⇒ 

人気ブログランキング

   関連記事:「究極の愛」 

 

 

 

 

|

« そんな親にならないように育てる方法 | トップページ | どうしても旭日旗で応援したい? »

コメント

小泉大臣が『印象的だった』と語った少女のスピーチにひきかえ、小泉大臣の会見での応答のお粗末が印象的であったのが口惜しい。
長い目で見守りたいところですが、短い任期(人気?)にあってはやはりミスキャストでした。総理同様、親父さんを超える器ではなさそうです。

投稿: いずれも印象的ながら‥‥ | 2019年9月27日 (金) 13時10分

★いずれも印象的ながら・・・さん

>小泉大臣が『印象的だった』と語った少女のスピーチにひきかえ、小泉大臣の会見での応答のお粗末が印象的であったのが口惜しい<

いずれも印象的ながらさんは小泉大臣同様、少女のスピーチが心に響いたようですね。なるほど。

>総理同様、親父さんを超える器ではなさそうです<

総理は親父さんを見事に超えられましたね。なんたって総理大臣になられましたから。

(ハンドルネームは統一されたほうがよろしいかと)

投稿: robita | 2019年9月27日 (金) 16時43分

>robita様

地球温暖化については諸説有りますが、私は太陽活動が大きなウェートを占めていると考えています。

『暴走する「地球温暖化」論』によりますと、10世紀前後から13世紀頃にかけては中世の温暖期と呼ばれる時期で、地球の気温は現在よりも暖かかったそうです。また、14世紀頃から地球は寒冷化に向かい、それは19世紀後半頃迄続いたといいます。

平清盛がマラリアで死んだ事、室町時代になってから部屋の全面に畳を敷くようになった(書院造)事、同書66ページのグラフが20世紀初頭から太陽の黒点が増えるのと比例して全球平均海面水温偏差(℃)も上昇している事を示している事などから、この本に書かれている事は信用出来ると思います。

となれば、二酸化炭素の増加はあくまでも温暖期による地球上の生物の活動が活発になったためで、現在議論されている原因と結果は逆転しているものと思わざるを得ません。


一度、人類は地球温暖化を経験して、そして寒冷化を経て今も生き延びているのですから、かの少女の言う「大絶滅」などは起こらない、と私は考えています。徒に地球温暖化による「大絶滅」を煽るのはそれこそ危険だと思います。

環境の変化に付いて来れない生物はこれ迄も滅びてきました。伝染病もまた生物なのですから、人類に害をなす生物は滅ぼしてでも生き残る位の気概はむしろ必要でしょう。人類のエゴで無害な生物を絶滅に追いやるのは避けなければなりませんが、綺麗事だけでは人類は生き残れません。

駄文につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。

投稿: まゆゆファンММ | 2019年9月28日 (土) 08時32分

★まゆゆファンММさん


地球の気候変動を考える時、CO2だけ見ていては間違う、と言われますね。
まだまだ、温暖化については研究する時間が必要だと思います。

数年前から太陽の黒点が減少しているという情報があったと思うのですが、もうすぐ寒冷期に入るんでしょうか。
温暖化は農作物の収穫には良いことだといいますから、寒冷期に入ったら入ったで、食糧不足になるのかもしれませんね。
温暖な環境を脱したら、今度は飢餓の心配をしなければならないとは、生き延びるとは大変なことですね。


>平清盛がマラリアで死んだ事

そうなんですか。そんな昔に日本にもマラリアの病原体を持った蚊が発生したんですね。驚きです。

環境少女の国連スピーチを絶賛する人結構いますね。綺麗な言葉に感動しやすく人を信用しやすいのかな。詐欺事件がなくならないはずだと思いました。

投稿: robita | 2019年9月28日 (土) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そんな親にならないように育てる方法 | トップページ | どうしても旭日旗で応援したい? »